オナクラの嘘求人に注意!ハードサービスに流されても断ろう

風俗嬢になるには、そりなりの覚悟が必要になります。
とくに性風俗のジャンルは、はだかでプレイすることになるので、勤める前に躊躇するのは当然のことです。
風俗店のなかでも、オナクラは躊躇するほどハードルは高くありません。

なぜなら、性的プレイがないからになります。
風俗求人に掲載されているオナクラは、脱がない・舐めない・触れさせないキャッチフレーズで安心してできる風俗店として人気があります。
ただ、表向きはオナクラで応募しているが、実際はハードプレイの嘘求人もあります。
オナクラ嘘求人でハードサービス店に流れないようにする方法についてご紹介します。

オナクラ嘘求人に騙さらないためチェック

チェック マーク個人店やダミー裏風俗の手口

大手グループ店では、嘘求人のようなことはありませんが、資金力がない個人風俗店や風営法に沿って届け出をしていないダミー裏風俗店については、嘘求人も多くあるようです。
個人風俗店では、サービス内容についてはオナクラの内容になっているが、集客力がなく風俗店の売り上げが少ないため、オナクラ嬢に渡せるお金が少なくなっている。

わけがわからない雑費が引かれていることなどがあります。
個人風俗店では、稼ぎのバック率・差し引かれる雑費・出勤日数・遅刻・欠勤によって待遇が変動することがあるか、面接で十分確認しないといけません。
また、すぐに本入店するのではなく体験入店で客層・スタッフの対応・同僚への聞き取りを可能な限りしてください。
体験入店でもらえる収入についても最初の約束と差異がないかチェックが必要になります。

面接・体験入店を通して、本入店するか判断して、問題があれば断るのです。
ダミー裏風俗店については、求人サイトには電話番号を掲載しているところだけのところが多く、ホームページがありません。
ホームページがあれば、プレイ内容・システム料金のチェック・メール問い合わせの対応内容・電話での対応内容など確認ができますが、一切事前確認はできません。
ホームページがなく電話番号だけのところは、最初から働くオナクラ店の候補から外して考えてください。

電話して、実際に面接にいくとオナクラ店となっていても、ソフトサービスではないハードサービスということもあります。
面接の場所は事前に確認したほうがいいでしょう。
面接といってホテル・個人事務所のようなところで、スタッフと2人きりになると危険です。
ごまかされて、働くことになることもあります。

その流れで、セクハラ講習やセックスされることもあります。
この手の風俗店の採用条件のハードルが低くなっています。
年齢は何歳でもOK・スタイルは問いませんなど、ピンサロなら理解できるのですが、オナクラではありえない採用条件になっていいます。

大手グループ店振替店の手口

大手グループ店には嘘求人はありません。
オナクラ店の採用基準は高くなっていて、あなたがコンセプトに合わない場合は、大手グループ店の他コンセプトに振替されることがあります。
基本的には、応募してきたオナクラ店では採用できないが、別のソープ・ヘルスなどのタイプはどうか、紹介があるはずです。
なかには、採用していきなり振り替えされることもあるようなので、確認してください。

オナクラ店はソフトサーヒズなので、ソープのような暗黙知の本番・ヘルスのような生フェラチオ・素股・アナルファックプレイのような特徴はありません。
プレイに特徴がないので、オナクラ店を選ぶお客さんに満足してもらうためには、女性のスペックがよくないと集客はできないのです。
女性は20代が中心で、顔・スタイルがいい女性になるのです。
だから、応募のスリーサイズ・写メによっては面接までいかない女性もいます。

20代という年齢は見た目年齢になるので、40代であっても20代に見える女性であれば問題はありません。
オナクラ店で働きたいだけでは勤めることはできないので、あなたが客観的にスペックとして問題ないかチェックしてください。
オナクラNGで振替店で働けるようであれば、大手グループで安定して働くほうがいいかもしれません。

オナクラサービス内容を理解して嘘求人かチェック

虫眼鏡オナクラ店のサービスは、見るだけコース・手コキコース・デートコースが基本になっています。
※お店によっては全裸コースなどもあるので、事前に確認が必要です。
オナクラは派遣型サービスになるので、ネットからの予約によりお客さん指定のホテルか自宅に訪問してサービスするようになります。
見るだけコースは、お客さんがオナニーをしているところを見るだけになります。

じっとして見るだけではなく、エッチなポーズをとる・エッチな言葉をかけるなどして、お客さんがあなたを見ながら性的想像が膨らむようにしてあげるのがサービスになるのです。
服は着たままで、例えばM字開脚してアソコに指を持っていき「ココに入っているよ」「もっときて」「いいよいいよ」「だしていいよ」とか言うようになります。
手コキコースは見るだけコースにプラスしたもので、お客さんのペニスにコンドームをして手コキで発射させるようになります。
見るだけコースのエッチな言葉で責めることもします。

デートコースは、恋人のような感じで食事に行く・買い物に行くなどして、最後はお客さんの自宅に行って、手コキで発射させることになります。
これらのサービス内容以外の、キス・生フェラチオなど接触することがあれば、それはオナクラ店ではありません。
名前がオナクラであってサービス内容は性風俗のひとつになります。

オナクラ給料・バックで嘘求人がチェック

ネット上で、オナクラ店だけで働いている女性の平均給料は25万から30万と言われています。
1日12500円から15000円になります。
性風俗のようなことがないので安くなるのは仕方ありませんね。
稼ぎは完全歩合制で、お客さんの人数によって増減します。

ひとりのお客さんで、サービス料金が10000円前後でバック率は50%が相場になっています。
1人で5000円になり、これに指名料金がバックで加算されます。
風俗求人では、日給30000円・35000円と掲載されているところがほとんどになるのですが、そのような金額は望めません。
そのような金額は怪しいオナクラ店かもしれません。

30000円であれば、1日5人のお客さんにサービスをすることになります。
8時間働いたとして、5人は間髪なくサービスする必要になるのです。
現実的数字ではないのです。
派遣型サービスは移動ロス時間もあるので、1時間のサービスであっても2時間1人で計算するのが現実的です。

この場合は、4人がMAXになります。
20000円が最高金額と考えた方がいいでしょう。
待遇が良すぎる表現をしているオナクラ店は、サービス内容にハードなオプションサービスがあるかもしれません。

オナクラ嘘求人で採用されたらどうする?

質問 マーク個人風俗店・裏風俗店・振替ハードサービス店など、いろいろなパターンがありますが、チェックしていても騙されることはあります。
体験入店でチェック・本入店でチェックして、問題があった時点ですぐに辞めて別のオナクラ店にいくようにしてください。

まとめ

個人店では待遇条件を十分確認して、体験入店でチェックしてください。

ダミー裏風俗店については、求人サイトには電話番号を掲載しているところだけのところが多くホームページがありません。
やめたほうがいいでしょう。
大手グループ店には嘘求人はありません。
事前説明があり大手グループ店の他コンセプトに振替されることがあります。

オナクラサービス内容・給料・バックで嘘求人かチェックしてください。
問題があった時点ですぐに辞めて別のオナクラ店にいくようにしてください。
ご参考にしてください。

風俗バイトで稼ぐ方法

スカウト型求人サイトがおすすめです!
無料登録すれば、希望条件のお店からスカウトメールが届くよ!

高収入バイトを探すならこちら!

Qプリ

ミミロケ

スカウトメールを待とう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする