オナクラで感染する性病リスクはゼロ?その理由とは

風俗と性病―性感染症は切っても切れない厄介な縁を持っています。
高級ソープなどでは月1回の性病検査を義務付けているところもありますし、そうでない風俗店でも風俗嬢に検査を勧めているところは数多くあります。

最悪死に至る可能性も捨てられないのですから、性病は回避できるならするに越したことはありません。
風俗で働きたい、でも性病は絶対嫌だ。
そう考える女性にとってオナクラはうってつけの風俗店だと言えます。
風俗業界きってのソフトサービス店、男性器に触れなくても良いお仕事だからです。

男性のオナニーを見ているだけで良いわけですから性病に感染するはずがないですからね。
では、本当にオナクラでは性病リスクはゼロなのでしょうか。
そう問われればこう答えるのが正しいと言えます。
基本は「ゼロ」です。

性病に感染するのはきちんと基本があります

チェック性病はインフルエンザ等の病気と違って空気感染はしません。
したがって性病患者と一緒の空間にいたからと言って感染することはまずあり得ません。

風俗で感染する性病の代表格と言えばクラミジアと淋病があげられます。
どちらも感染すれば特に男性側に辛い症状が出ますし、梅毒やHIVへの感染率も飛躍的に上がるという厄介な病気です。
しかも感染力が非常に強く、感染者の精液が直接性器に触れなくても付近に付着しただけで感染する危険性があるくらい警戒するべき病気です。
しかし、これらの病気も当然ながら空気感染はしません。

既に書きましたがクラミジア・淋病感染者の精液が付着することが危ないのです。
つまり性病が感染する原因とは「性病に感染した体液と粘膜の触れ合い」をすることが前提となります。
体液とは、精液、唾液、汗、涙、尿、血液、等々。
その中でも精液と血液に多くのウィルスが含まれています。

そして粘膜とは、性器、肛門、口の中、傷口等があげられます。
と言うことは、精液や血液が性器や口の中に触れられなければ性病のリスクは格段に減らせるのです。
本番の性行為はもちろん、フェラやAF、素股は感染する危険性がとても高いです。
ヘルス嬢やソープ嬢に感染者が多いのはこのためです。

ヘルスやソープに通う男性もきちんと対策を取っていなければあっという間に感染していますし、治ったそばからまた貰うというループも繰り返しています。

オナクラでは性病感染リスクはゼロ!と言いたいのですが…

注意 マークさて、感染者の体液と粘膜の触れ合いが危険だと言いました。

この危険、オナクラでは回避できます。
だって触れ合いませんから。
オナクラは男性のオナニーを見てあげるお店なので、触りもしないのに感染するわけがありません。
痴漢プレイがあるお店だと精液を服にかけられることはあるかもしれませんが、女性側は服をしっかりと着込んでいますから粘膜に付着する可能性はまずないです。

よほど露出した際どい衣装でも着て股付近に射精されない限りは。
なのでオナクラで性病に感染するリスクは基本「ゼロ」なのです。
なぁんだ、じゃあ安心、万事OK…とは残念ながらいかないのが世の常です。
今のご時世、オナニーを見てもらうだけで満足するお客がどれだけいるでしょうか。

オナニーを見てもらいたいからと言うニッチな要望でできたオナクラですが、今純粋なオナクラとしてやっていけるお店なんてほぼありません。
「オナクラ」で検索すればわんさか出てくるお店のHPをちょっと覗いてみてください。
出てくる出てくる、数えきれないくらいのオプション、オプション、オプション。
もうこれ付けたらヘルスと何が違うの?

と言いたくなるくらい際どいオプションが沢山あるのです。
オールヌードだったり生フェラだったり口内射精だったり、性病感染のリスク高まると思いませんか?
もちろんオプションなので嫌なら断れば良いだけです。
性病感染リスクは1%も負いたくないなら可能性があるオプションは全て断ってしまいましょう。

当然ながら断る分オプション料は稼げなくなるのでお給料はちょっと寂しくなりますけどね。
ただし、オプションは断れば良いのですが、今のオナクラは基本コースとして手コキコースがあります。
嬢がお客のアソコを擦ってあげる行為ですね。
手なら良いんじゃない?と思うかもしれませんが、たとえ手でも気を付けないといけないことがあります。

性病感染の可能性は極めて低い手コキ!なんですが

オナクラ嬢の皆さん、傷!手コキをしようとしているその手に傷はないですか!?
血が滲んでたりしませんか!?
繰り返しますが、性病の感染は「感染者の体液と粘膜の触れ合い」で起こります。
傷口は粘膜、傷口から出る血液は体液です。

つまり、オナクラ嬢にしてもお客にしても、オナクラ嬢の手に傷や炎症がある状態で手コキをしてもらうと性病が感染する危険性が出てくるのです。
オナクラ嬢が性病を持っていた場合、プレイ中などに小さな傷を作って出血してそのまま手コキをすると、そこから病原菌が排出されお客のアソコから入り込み性病が感染する可能性があります。
また逆にお客が性病を持っていた場合、手コキで付いた精液が傷口に触れそこから病原菌が入り込み性病に罹る可能性があります。
小さな傷口や炎症だと気付かないままでいることも多いので注意が必要です。

ちょっと紙で切ったとか、固いものに擦って皮が剥けたとか、日常で手に怪我をすることって結構よくあることですが、しかし傷ってそこから思わぬ病原菌を入り込ませるほど侮ってはいけない場所なのです。
もちろん傷のない手で手コキをする分にはなんら問題ありません。
いかにも性病じゃないのこれ?
というお客のアソコだろうが手コキだけなら感染はしません。

まぁ、気分的に触りたくはないですけどね。
ただ手に傷を作っている場合は少々注意が必要になりますので、手のケアは日頃から十分に行っておいてください。

リスクをゼロに出来るかはオプション次第です

チェックリストお客のオナニーを見るだけなら、性病リスクはゼロです。
ランジェリー姿になって言葉責めをするくらいでも、性病リスクはゼロです。
お客の体液には一切触れないですからね。
唾垂らしも嬢側にはリスクはゼロです。

お客側も嬢の口内が炎症を起こして出血交じりの唾だったら危険はありますが、唾だけなら感染することは稀です。
フェラ、口内射精、ここら辺はリスク高ですね。
もろに触れ合いますので。
つまりはプレイ中、どんなオプションを付けるかによって性病のリスクがあるかないかは決まってきます。

きっぱりはっきり「オナクラでは性病感染リスクはゼロです」とは、残念ながら言い切れないのはこのオプション故です。
ただ、ヘルスやソープと違うのは最初から体液と粘膜の触れ合いがある前提ではないところです。
しようと思えばいくらでも回避はできます。
お店によってはそういったオプションを用意していないところもあるので、そこで働くのも方法の1つです。

オプションを付けられない分、確かに給料は安いままです。
そこでオプション上乗せの給料を取るか性病リスクを取るかは、オナクラ嬢次第になります。
もう一度言います。
性病感染のリスクは「性病感染者の体液と粘膜との触れ合い」で生じます。

オナクラではこのリスクをゼロにすることは可能です。
自分の為にもお客の為にも、オプションはよく考えてOKを出すかNGを出すか決めることをお勧めします。

それでも不安なら念には念を入れましょう

オナクラでは性病感染リスクをゼロにすることは可能です。

でもプレイ中、予期せぬことが起こってリスクが高まる可能性は大いにあります。
言っても風俗です。
男女の触れ合いの場です。
絶対に性病に罹りたくないし、オナクラと言えども万が一罹っていたらどうしよう…そう考える人は是非性病検査に行ってください。

行って何もなければ「やっぱり大丈夫」で済むのです。
安心を買うのですからやって損はありませんよ。
そして楽しくオナクラでお客とイチャイチャしちゃいましょう。

風俗求人サイトランキング

当サイトがおすすめできる風俗求人サイトをランキングで紹介します。
短期間で高収入で稼ぎたい!でも、たくさん求人サイトがあってどこを使っていいか、わからない。そんなあなたは、是非、参考にして下さい。

第1位 Qプリ

第1位に輝いた風俗求人サイトは「Qプリ」です!

Qプリは女性会員に祝い金1万円面接交通費2,000円を支給してくれる「Qプリ保証」というシステムがあるので、絶対的にお得です!

スカウトオファー機能があるので、無料会員登録をして簡単なプロフィールや希望条件を設定すれば、お店の方からスカウトメールが届きます。
気軽に登録できて、待っているだけでOK!

総合評価 求人掲載数 保証
約2500店 Qプリ保証

Qプリを詳しく知りたい方はこちら

第2位 ミミロケ

SNS感覚で操作がラクラク「ミミロケ」が第2位!

お店とのメッセージがLINE風で操作が簡単です!会員登録も簡単でライトに高収入求人を探したいなら、ミミロケがおすすめ!スカウト機能もあるので、待っているだけでも希望条件にあったお店からオファーが届きます。

総合評価 求人掲載数 保証
約550店

ミミロケを詳しく知りたい方はこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする