人妻風俗店で働くのですが研修があり不安を感じます。内容を教えて

初めての風俗仕事は不安も多いと思います。
特に人妻はマニアックな店も多いですし、旦那に風俗勤務がバレない様にする為、相談もままならないと負担が大きくなります。

そんな、わからないことだらけの状態で研修という堅苦しい内容はさらに不安になるでしょう。
どのようなことを教わるのか?
実践と同じように研修をするのか?
見ず知らずの男性に裸を見られるのは初めてなど、様々な不安があるでしょう。

ですが、実際は堅苦しいことはなく、初心者でわからない女性を稼げるようにするためのサポートを行う、不安どころか、風俗での仕事内容を安心にするための内容です。
そんな、大切なことだけでも実態がわからないことは不安な部分を、簡単にですが紹介します。

そもそも講習はなぜ行うの?

どんなことでも習得するには講習が必要です。

風俗業初心者の右も左もわからない女性に、流れや技術、礼儀作法を覚えてもらうのはもちろん、経験者だとしても、どの程度まで出来るのか?
失礼な行為はないか?
など、店の信用度を落としかねない行為がないか確認する必要がある為に行います。
人妻風俗店で働くのですが研修があり不安を感じます。内容を教えて講習自体はテクニックより、流れや礼儀作法、禁止行為に重点を置いている為、大衆店やスタンダードな風俗店では口頭やDVDなどのマニュアルを確認するだけの所もありますが、高級店やマニアックな風俗店、エステ店ではそれだけでは足りない事もあります。

そのような時はスタッフが実際に手ほどきをする実演研修を行うこともあります。
どちらも店側が自信をもって提供できる独自のサービスになる為、中途半端なことをしてもらっては信用問題につながり評判が悪くなってしまいます。
特にテクニックを要求する人妻店では女性の技術ややる気の確認や、旦那以外と性行為する不倫に対する抵抗を和らげる意味でも行われます。
風俗店によってDVDだけ、実践研修だけの所もありますが、どちらの場合でも初心者にとっては風俗の流れを学ぶことができ、経験者には新しいことの発見や店舗の方針の確認などができる為、行う必要があります。

以上考えの一つを挙げましたが、結局のところ、金額に見合うプレイ内容で満足してもらいリピート、つまりは儲けになるようにするための店側の配慮になります。
悪い言い方ですが、「手間暇(講習)かけて育てた商品(女性)を高く(良サービス)出荷(指名してもらう)する」ということです。
店側も女性も両者が稼ぐために必要な内容というわけです。

講習内容

講習内容は、DVDやマニュアルで確認をするか、実践研修かの違いはありますが、内容自体は大差がありません。
また、講習スタッフは男性スタッフだとセクハラ問題や、異性への抵抗などがあるなどの理由から、女性スタッフや先輩風俗嬢が多くなってきています。
その為、風俗初心者でも安心して講習出来るでしょう。

礼儀作法

礼儀作法と言っても堅苦しい物ではありません。
挨拶やプレイ前後の会話などプレイ以外の部分で、粗相や迷惑が無い様に、客が風俗嬢に好感と欲情をもてるように指導されます。
店によっては違うかもしれませんが、大体は丁寧語程度の会話で十分ですし、内容も個人に任される為、人妻として落ち着いた対応をすれば大丈夫なはずです。
しかし、中には高級店の様に口調に気をつけるところもある為、過信はせずに確認はしましょう。

他にも店舗なら、「客の出迎え方」「客の見送り方」。
デリヘルでホテルへの出張なら、「待ち合わせの方法」「ホテルまでの歩き方」「受付やエレベーター内での対応の仕方」「部屋への入室の方法」。
自宅への出張なら、「入室の仕方」「座る位置など客が持つルールへの気配りの仕方」。
共通の内容で、「靴や衣類の整え方」「料金対応について」「別れ際の対応」などを学びます。
店によって行う内容は変わりますが、上品で男性を立てる方法を学びます。
人妻なら旦那を立てる事にも使える為、覚えておくと役に立つかもしれません。
また、風俗での礼儀として男性を喜ばせる演技も学びます。

喘ぎ声や体のよがり方など、男性の愛撫が上手で気持ちよさそうにしている事と、淫乱な雰囲気をつくる為の演技をします。
こちらを旦那に行ったら、「どこで学んだ?」となり、風俗での仕事がバレる恐れがある為注意しましょう。

ヘルス系風俗店の内容

主に男性を性器を愛撫する方法、シャワーや道具の使い方を指導されます。
「服の脱ぎ方脱がせ方」「シャワーの浴び方洗い方」「イソジンや歯磨きなどの説明」「ローションやローターなどの道具の使い方」「キスの仕方」「全身リップの仕方」「手こきの仕方」「フェラの仕方」「素股の仕方」「射精後の対応の仕方」などを学びます。
店舗によって違いはありますが、大体はこのような内容です。

ソープ系風俗店の内容

大本はヘルス系風俗店の講習と同じですが、本番行為ありのソープな為、挿入についても指導されます。
ヘルス店の講習内容に加えて「コンドームの使い方」「挿入の仕方」について学びます。
また、マットプレイありの風俗店ならマットプレイについても指導されます。
ソープは料金もサービスもヘルスよりワンランク上のサービスです。

高級店や人妻店はもちろんのこと、大衆店でも料金に合うだけのサービスができる様に実践研修を選択することをお勧めします。

エステ系風俗店の内容

DVDほとんどが女性主体の風俗で、性行為以外にもマッサージを行うサービスをしています。
その為、ヘルス店とは趣が違い講習内容もだいぶ違ってきます。

主に「各マッサージの方法」「アロマ、オイルの使い方」「手こき」「フェラ」「キス」について学びます。
他にも前立腺マッサージを必ずと言っていいほど採用している為、「アナルや前立腺の扱い方」なども学びます。
講習を受ける女性のほとんどはオイルマッサージや回春マッサージを行ったことが無いと思いますので、講習を行う必要があると思います。

マニアック系風俗店の内容

スタンダードなヘルス店とは違い、独自のコンセプトを入れた風俗店です。
特に人妻店はハードなコンセプトの風俗店もある為、風俗経験者でも始めに講習をしておくことをお勧めします。
主にヘルス店の講習内容と同じ内容ですが、店舗ごとのコンセプトに合わせた内容を指導されます。
例えば、赤ちゃんプレイ店や痴女店なら、それぞれ男性の扱い方や、甘やかし方や積極性などを学びます。

そんな数あるプレイ店の中でも、SM店などハードプレイを行っている風俗店の講習はしっかりと教わりましょう。
「縄の縛り方、縛られ方」「ロウソクやスパンキングの方法」「スカトロプレイの方法」など、行ったことのないようなことを学びます。
どれも一歩間違えれば怪我や病気につながる可能性のあるプレイです。
安心安全なプレイを心がける為にも、正しいプレイの進め方を理解しましょう。

注意事項と本番行為の断り方

マッサージ安全健全に仕事を行うには違反行為や危険行為など注意するべき内容も指導されます。
「過激な客の対応の仕方」「暴力行為をされたときの連絡逃亡の仕方」「本番行為の断り方」などを学びます。
危険行為対策について一言で言ってしまえば「逃亡し店に連絡をする」ことになります。

決して自分一人で解決せずに、逃亡し店に救助を求めることが、自身を守る為の重要なことになります。
また、そのようなことにならないように、相手を立てて丁寧に対応することが大切です。
風俗の違法行為はいくつかありますが、最も多い違法行為は「本番行為強要」です。
ソープ以外は本番行為を禁止している為、行った時点で即罰金です。

ですが違法とわかっていながらプレイに興奮し、本番行為をしようとします。
そのような、本番行為を強要しようとしている客を「刺激せずやんわりと断る方法」や、「偶然を装い挿入しようとするのを妨害する方法」など、違法行為に対応する方法を学びます。
防犯訓練というわけではない為、実践研修は行わず、口頭やDVDなどで方法を教えるだけの場合がほとんどになると思います。
ですが、重要なことの為、しっかりと自分の中で復習し、いざというときに行えるようにしましょう。

それと講習というわけではないですが、ストーカー対策に学ぶことが出来る店もあります。
人気が出ることはいいのですが、それによってストーカーされ、家族の危険や風俗での仕事がバレる事など、問題になる可能性があります。
もし、ストーカーされていると感じたら店長やオーナーに相談して、対策をしてもらえる様にしましょう。

セクハラ講習と本番講習に注意

近年講習を行うスタッフは女性が多くなっていますが、そもそも女性が働いていない場合などの理由で男性が行っているところも多いです。
実際に裸になる場合もありますが、講習の流れは男女とも同じで、主に説明したり、軽く行ってみたりと、事務的に講習をするのが一般的です。
しかし、中には講師という立場を利用して、なにもわからない女性に過剰な接触講習を行う、いわゆるセクハラ講習と呼ばれることを行う講師がいます。
実際に客と行うように手こきや素股などを行いながら説明するのは、実際に行う為まだ理解できますが、テクニック以外の事を女性に強要させたり、女性を愛撫したりなど、講習とは関係ない客同様に性行為を楽しむことが目的と思われることを要求してきます。

さらに、セクハラ講習に拒絶が無い場合は本番講習まで行おうとする場合もあります。
本番講習とは、講習時に挿入ありの本番行為を強要されることです。
昔は本番講習ありの所もあったらしいですが、風俗法の強化により、ほとんどが本番講習を禁止しています。
特にヘルス店などは客との本番行為を禁止している為、行う必要すらありません。

ソープについては本番講習を行っているところがあると聞いたことはありますが、女性スタッフが講師をするところも増えている為、ソープでも本番講習が無いところは多いそうです。
女性にタダで悪戯できるチャンスとばかりにセクハラ行為をしてきますが、あくまでも講師とて指導している為、どこまでが本当に必要な講習なのか判断がつきにくいことが厄介なところです。
セクハラ講習は一部の男性スタッフの暴走ならば、店長に報告や助けを求めることで中止にできますが、講習自体は風俗店が設定している為、店長公認でセクハラ講習をする可能性があります。
注意 マークですが、明らかにやりすぎと感じたり、ヘルスなのに本番講習に移行するようなら、たとえ風俗店が設定していようと拒絶して中止させましょう。

また、中止を望んでも「講習だから」や「風俗だから当たりまえ」と強要するようならすぐに辞めた方がいいです。
そのような女性を大切にしない風俗店では、何かあった時助けてくれない可能性や、断らないことをいいことに過激な要求をしてくるなど、ろくなことがない可能性があります。
一部の講師が原因問題であって、ほとんどの講師は正しく指導をしていますが、不安なことは多いでしょう。
ですが、自身を守る為にも嫌だと思う内容にはしっかりと発言をするようにしましょう。

可能ならば面接時にわかればいいのですが、そんなことはほとんど無理だと思います。
それでもせめて講師が女性かどうかだけでも聞きましょう。
絶対とは言えませんが、男性よりは女性の方がセクハラ講習は少ないと思いますし、女性の方が抵抗も少なくスムーズに講習が進むと思います。

まとめ

わからない状態で研修と聞くと不安も大きいでしょうが、結局のところ内容は仕事の説明になります。
いきなり客と行うという不安を取り除く為や、何をすればいいのか手順を教えてもらえるなど、研修内容は不安を増長させることではなく、緊張や不安を取り除くために行うものです。
また、風俗の事を良く知らなければ「風俗の仕事はこういうのだ」という、仕事見学や仕事体験の意味合いでも研修に臨むことはできます。
深く気構えする必要はなく、気楽に研修をしてみましょう。

もし、研修で風俗が嫌だったらその時点で辞めることはできる為、何も恐れる必要はありません。
男性スタッフだと緊張するかもしれませんが、何人も指導してきたベテランのスタッフが優しく教えてくれます。
気構えできても不安だと思いますが、稼げるようになるためにも研修をしてみてはどうでしょうか?

風俗バイトで稼ぐ方法

スカウト型求人サイトがおすすめです!
無料登録すれば、希望条件のお店からスカウトメールが届くよ!

高収入バイトを探すならこちら!

Qプリ

ミミロケ

スカウトメールを待とう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする