ピンサロなどの「自由出勤」はシンプルに「シフト制」と考える

ピンサロ、あるいは多くの風俗店では、「自由出勤」を謳い文句として求人を出しているお店は少なくありません。
実際に風俗求人を見てみれば、「完全自由出勤!」「日給○○」云々が色々と書いてあるでしょう。
しかしながら、この「完全自由出勤」という言葉、どこか曖昧ではないでしょうか。
例えば、仕事なのですから「自由」だからといって1日も出勤しないのは困りますよね。

そんな女性は、そもそも、お店に所属させる意味がありません。
では、この「自由出勤」という言葉は、一体どのあたりまで「自由」に出来るのでしょうか。
以下に、よくピンサロの求人で使われる「自由出勤」という言葉についてまとめていきたいと思います。

おすすめの風俗求人サイト

イチオシはQプリです!
Qプリ保証を使って体験入店すれば祝い金(1万円)・面接交通費(2千円)が確実にもらえる!

無料で簡単に登録ができて、プロフィールに働きたい条件を設定すればお店の方から勝手にオファーが届きます。
ちなみQプリはスカウト型高収入求人サイトでは、ナンバー1です!

Qプリを詳しく知りたい方はこちら

自由出勤はとはつまり自由にシフトが組めるということ

カレンダー一度風俗以外でアルバイトをしたことがある女性は、毎月シフトを提出していたと思います。
ピンサロ業界の「完全自由出勤」とは、つまりこのシフトをどんな風にも組めるということです。
「シフト」の意味がわからないという人のために、わかりやすく説明しましょう。
シフトとは、お店に対して毎月の予定を提出し、その予定を元にお店が帳尻あわせをするもののことです。

ほとんどのアルバイトでは、紙に記入して提出する形が一般的になっています。
具体的には、例えば毎日営業しているお店があったとしましょう。
このお店は8時間営業ですが、毎日営業するためには2人が必要だとします。
仮に勤めている人全員が土日休みを希望してしまうと、土日にお店は開けませんし、平日に雇う人数が過多になってしまいます。

なので、事前に雇っている人の予定を確認しておき、お店を毎日営業できるようにしなければならないのです。
そこでもし、休み希望の日が偏っていたりするのであれば、休みの希望を移して欲しい、と勤めている人にお願いをしなければなりません。
これがいわゆるシフト調整というやつで、多くの場合こうした調整は店長が行っています。
アルバイトをしていて、「この日出れないかな?」と聞かれるのはほぼこのためです。
勤めている側からすると、ちょっと面倒な制度ですが、お店を運営していく上では避けては通れないことというわけですね。
さて、このシフト制ですが、普通のアルバイトでは当然のようにある程度の縛りが出てきます。

週に○日以上、○日以下というのが基本的には定められているのです。
前者はお店を立ち行かせる関係上、後者は労働基準法的な観点から定められていることが多い規範です。
しかしながら一方で、ピンサロをはじめとするピンサロ店ではこうした規制は基本的にはありません。
これが、風俗が自由出勤といわれる所以です。

ですから、例えば「月に一回だけ出勤します」という出勤形態も許されますし、週に6日出勤するということも許されるのです。
管理が面倒でなければ、最初の週は1回も出勤せず、次の週は6日出勤といった変則的なシフトも許されますし、もちろんその逆であっても可能です。
このように、自由出勤を謳っているピンサロではお店の都合に左右されず、自分の都合でシフトを組むことが出来ます。
忙しいシングルマザーの方や、風俗で働いていることを隠蔽したい人にとっては嬉しい出勤体制ですよね。

こんなことも許される?ピンサロ業界の自由出勤について

カレンダー自由出勤が「自由なシフト制」だということを述べましたが、自由出勤には、シフト以外にも自由になることがあります。
それは、ある程度の欠勤やシフトの変更です。

普通のお店であれば、一旦決まったシフトはよほどのことがなければ変更は出来ません。
しかしながら、ピンサロ業界で自由出勤を掲げているお店の場合、シフトの急な変更にも対応してくれます。
子どもが熱を出していけなくなった」「突然家族の予定が入った」「友達との約束を優先したい」……などなど、色々な理由で欠勤をせざるをえなくとも、自由出勤のお店であれば問題なく対応してくれるのです。
もちろん、その逆もまた然り。

突然お金が必要になった、明日までにお金を用意しなければなくなった、遊ぶためのお金が尽きた……といった理由で、どうしても次の日までにお金が必要な状況で、突然シフトを増やしてもらうことも出来ます。
自由出勤のお店に勤める利点は、こうした自由なシフト変形にもあるのです。
普通のお店に勤めるとなると、まず休むためにはお店に電話をし、それから自分の代わりにシフトに入る人を探し、さらにその人と予定の帳尻合わせをし……と、かなり面倒。
逆にいつもよりたくさん働きたいとなっても、突然シフトを変更することはとても難しいことになっています。

自分の懐事情と忙しさ、もちろん精神的な事情も鑑みて、働く日程を細かく調整できる点は自由出勤が持つ素晴らしい点といえるでしょう。
しかしながら、「完全自由出勤」とは謳っていながら、実際のところは本当に「なんでもしていい」というわけではありません。
どういうことなのか、下で述べていきたいと思います。

自由出勤のお店でもやってはいけないことについて

禁止 マーク自由出勤だからといって、傍若無人な出勤態度をする人がいます。
しかし、いくらお店が許可しているからといって、あまりにもひどい出勤をすると、女性側にもデメリットがあります。
まず、あまりにも頻繁に遅刻をするのは望ましくありません。
お店は女の子が指定の時間に来る前提で運営をしているため、遅刻をしてしまうと本来予定していたサービスが出来ないからです。

それだけならばまだしも、予約のお客さんがいた場合はお店だけではなくお客さんにまで迷惑がかかってしまいます。
そんなことが頻繁にあると、お店の常連さんが怒ってどこかに行ってしまうかもしれません。
そうなってしまっては、お店としての損害はかなりのものになってしまいます。
なので、遅刻をしてしまう場合は必ず、普通のお店のように連絡を入れましょう。

連絡が遅れてしまうとお店のスタッフが女性が「飛んで」しまったのではないかと怪しんだり、心配してしまいます。
また、いくらシフトが自由に組めるからといって、当日欠勤は決してお店側に良い思いをさせないということは覚えておきましょう。
その理由は、遅刻と同じです。
お店側としてはお客さんに迷惑がかかる行為を極力避けたいので、当日欠勤、当日の急なシフトの変更は辞めてほしい、というのが本音なのです。

もちろん、どうしようもない理由ならば仕方がありません。
月に一度や二度程度であれば、咎められることはほとんどないでしょう。
しかしながら、自分勝手な理由で休んだり、「なんとなく」という理由で当日欠勤をしたり、そもそも欠勤をするのに連絡を入れなかったりすると、お店側も段々とその女性に対して信頼を失ってしまいます。
結果として、お店からフリー客を回してもらえなくなったり、ピンサロ店であれば最悪首になってしまうこともあるのです。

ピンサロ店は高級なサービス業ですから、お客さんを不快にしてしまっては成り立ちません。
どうしても当日遅刻したり、欠勤しなければならないことがおきたときは、必ずお店に報告しましょう。
お店側も、事情を聞けば察してくれるはずです。

自由出勤は自由にシフトが組める! ピンサロの自由出勤のまとめ

「完全自由出勤」と風俗求人に書かれているお店は、文字通り、シフトが自由になります。
しかしながら、上述した通り、決して傍若無人に振舞っていいわけではありません。
例えば、「働けるかわからないけれど、とりあえずシフトだけ入れておいて、当日はやっぱり面倒くさいから働かない」なんてことは絶対にしてはいけません。
お店側もそんなことをされると迷惑です。

お店側が迷惑すると、その評価はそのまま、仕事を干されるという形で返ってきます。
シフトを組むときは自由出勤だからといって無理なスケジュールを入れず、自分に合った予定を組みたいところですね。

風俗求人サイトランキング

当サイトがおすすめできる風俗求人サイトをランキングで紹介します。
短期間で高収入で稼ぎたい!でも、たくさん求人サイトがあってどこを使っていいか、わからない。そんなあなたは、是非、参考にして下さい。

第1位 Qプリ

第1位に輝いた風俗求人サイトは「Qプリ」です!

Qプリは女性会員に祝い金1万円面接交通費2,000円を支給してくれる「Qプリ保証」というシステムがあるので、絶対的にお得です!

スカウトオファー機能があるので、無料会員登録をして簡単なプロフィールや希望条件を設定すれば、お店の方からスカウトメールが届きます。
気軽に登録できて、待っているだけでOK!

総合評価 求人掲載数 保証
約2500店 Qプリ保証

Qプリを詳しく知りたい方はこちら

第2位 ミミロケ

SNS感覚で操作がラクラク「ミミロケ」が第2位!

お店とのメッセージがLINE風で操作が簡単です!会員登録も簡単でライトに高収入求人を探したいなら、ミミロケがおすすめ!スカウト機能もあるので、待っているだけでも希望条件にあったお店からオファーが届きます。

総合評価 求人掲載数 保証
約550店

ミミロケを詳しく知りたい方はこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする