イメクラの悩みで多い意見てどんな事?プレイ内容?

どのような仕事でもそうですが、人と触れ合い仕事をしていれば大なり小なりの悩みは当然あります。
中でも、接客業はお客の我儘が多く苦労や悩みがたえません。

風俗でも同じです。
客からのクレームやプレイの要求など悩み事はたくさんあります。
そんな風俗、特にイメクラで働く風俗嬢の悩みを簡単にですが紹介します。

おすすめの風俗求人サイト

イチオシはQプリです!
Qプリ保証を使って体験入店すれば祝い金(1万円)・面接交通費(2千円)が確実にもらえる!

無料で簡単に登録ができて、プロフィールに働きたい条件を設定すればお店の方から勝手にオファーが届きます。
ちなみQプリはスカウト型高収入求人サイトでは、ナンバー1です!

Qプリを詳しく知りたい方はこちら

お客との悩み

風俗に訪れるお客は十人十色です。
良質な客もいれば悪質な客もいます。
可能ならば悪質なお客に指名されたくはありませんが、そうも言えないのが接客業です。
「悪質な客に当たったらどう対応しよう?」

そのような悩みは、風俗では当たり前の悩みと言えます。
悪質と言われるお客の多くは性格が悪いです。
自身の事を「お客様だから自由にして当たり前」と勘違いしているようで、風俗嬢の事を考えないで好き勝手振舞う客がいます。

悪評やクレームはもちろん、デートや電話番号のしつこい誘い、暴力、本番行為の強要、暴言、風俗嬢を見下す態度など、迷惑この上ない行為をしてきます。
泥棒中にはストーカーなど犯罪行為を行うお客もいて困ってしまいます。
本来、本指名やリピーターが付くことは嬉しいはずですが、このようなお客に気に入られたら気が滅入ってしまいます。
嫌われるのは簡単ですが、店に迷惑をかけるわけにはいかず我慢しかありません。

ましてや、悪評が流されたら稼げなくなりますし、風俗バレされたら日常生活に支障が出てしまいます。
悪質な客に指名されない様に祈るしかないのが悩みの種です。
他には、不衛生なお客も悩みの種になります。
体や歯を洗っていない、恥垢が溜まっている、毛の処理をしていない、匂いがキツイなど、そのようなお客の相手は気分が悪くなります。

気分が悪くなるだけならまだましです。
場合によっては性病などの病気をうつされることもあります。
性格が良くても、そのような不衛生な客からは指名されたくはないのが風俗嬢の願いと言えます。
精神面と体の状態。

お客のどちらかに問題があるだけで風俗は辛い仕事となってしまいます。
お客を選ぶことが出来ない風俗嬢としては、悪質なお客の対応が悩みになるでしょう。

プレイについての悩み

お客の性癖は性格と同じように十人十色の性癖があります。

しかし、性癖の中にはマニアックやアブノーマルな要求もあり悩みとなっています。
プレイについて一番多い悩みは「本番強要」についての悩みです。
イメクラやデリヘルは本番行為禁止なのに要求されます。
この悩みはソープ以外の風俗で働く以上は必ず直面する悩みとも言えます。

「本番行為よりも魅力的なプレイをしてあげる」など、いかに的確に本番強要を拒絶し、プレイを進めるかが一番の悩み解決の方法となるでしょう。
他にも、「プレイ時間いっぱいアナル舐めしてほしい」「スカトロしてほしい」など、対処に困るようなプレイは、やるのも嫌で悩みの種となる様です。

店側との悩み

涙 女性風俗嬢の悩みはお客とのことが殆どだと思いますが、風俗店のスタッフについて悩む場合があります。

よく耳にする悩みは「規約内容が違う」と言う悩みです。
面接や契約書に書いてある内容に了解したから入店したのに、いざ仕事を始めたら「内容が違う」ということがあります。
「勤務日数を週3日でお願いしたのに、いつの間にか週5日になっていた」「オプションは無理とお願いしたのに有にされた」など、入店前の相談と違う条件で働かされたと悩むことがあります。
「契約と違うのだから相談すれば解決するのではないか?」
と思うかもしれませんが、大抵の場合は「バイトだから」「みんなも条件同じだから」と言って聞き入れてくれないことが殆どです。
最終的には辞めるしか解決策がないのが悩みとなっています。
他には「スタッフの対応が悪い」事を耳にします。

本来スタッフは風俗嬢のお願いを聞いたり守ったりするのが仕事のはずですが、助けてくれない場合もあります。
「お客から本番強要されたのに大事にしたくないから黙認する」「NG客にしたのに指名を入れられる」など、店の事ばかりで風俗嬢の事を何も考えていないような対応をすることがあります。
また、「スタッフから直接セクハラや嫌がらせを受けた」「他の風俗嬢から嫌がらせを受けた」など、人間関係の悩みもよく見かけます。

仕事結果が出ない悩み

風俗で働く以上はたくさん稼ぎたいと思うのが殆どだと思います。
しかし、いくら稼ぎたいと言ってもお客に指名されなければ稼ぐことが出来ません。
「どのようにすれば給料が増えるか?」
そのような仕事熱心な悩みもあります。
一番多い悩みは「入店当初は稼げたけど、次第に稼げなくなった」と言う話です。
人によっては「態度が悪い」「入店当初と比べて体形が変わった」など、クレームや変化が原因の場合がありますが、「何もしていないのに悪くなった」と答える女性が殆どだと思います。
しかし、「何もしていない」からこそ人気が出ない原因になります。

入店当初の風俗嬢は、「珍しい」「新しい」と言う理由から人気が出て稼ぐことが出来ます。
店側も全力でサポートしてくれる為、待っているだけでもお客は来てくれます。
しかし、しばらくすれば新鮮さがなくなり人気が低迷していきます。
店側も新しい風俗嬢のサポートに回る為、今までの様なサポートは受けられなくなります。

今まで稼げたのだからこのままでいい」のではなく、一人でも多くリピーターになってもらう為、常に技術や魅力を保ち向上させなければいけません。
本当に稼いでいる風俗嬢は入店間際でお客を掴み、その後も飽きられない様に努力する女性が稼げるようになるのでしょう
他にも、「店のマニュアル通りにしているのに評判が悪い」「リピート客がほとんどいない」など、定期的な収入にならない悩みも多く見かけます。

風俗業から引退して昼職に就く為の悩み

風俗で長く働いている女性も、いつかは昼職に就きたいと考え、風俗を辞めることがあります。
しかし、長く勤めていればこそ辞めた際の悩みができてしまいます。
近年風俗は一般的になってはいますが、多くの人たちからは「いやらしい」「底辺」などの偏見を持たれやすい職業です。

また、女性本人も「前職はイメクラ勤務でした」の様に胸を張って言いにくい部分があります。
書類その為、履歴書に「イメクラ店勤務」とは記載できないことがほとんどです。
しかし、履歴書に嘘を記載するわけにはいきません。
記載できないとなると無記入、「その期間は無職でした」としなければいけなくなります。

1~2年程度なら「自分探し」などが正当な理由としてどうとでも出来ますが、5~10年ともなると問題になってきます。
企業の方も無職期間が長いと採用しにくいです。
風俗業に就いていた期間をどのように説明するかわからないという悩みを耳にします。
他にも、「風俗業しか知らない為、昼職が不安」と言う話も耳にします。

風俗は出勤日数など自由な部分が多い職業です。
その為、「昼勤のキッチリした仕事を続けられるか」と言う不安が生まれます。
風俗の常識と昼職の常識、それぞれの違いが心配になります。
特にイメクラは独特な性癖を持つお客も多く、一般的な常識とのズレが生じやすくもあります。

どっぷりと浸かってしまっている風俗業から昼勤へ変更する環境の変化など、新しいことへの不安を持つ女性も少なからずいます。
ちなみに、風俗期間が長く履歴書に書けなくても「昼勤バイトを経験して、無職からの就職にしないようにする」「アリバイ工作用の会社名があるなら名前を借りる」などして、無事に就職した女性は多くいます。
もし同じような悩みがあっても安心してください。

まとめ

風俗はトラブルが多く、その分悩みが多い職業です。
その悩みの多さから病んでしまう女性も結構います。
ですが、どんな職業にも悩みがある様に、風俗だけがおかしいわけではありません。
悩みを持つのは仕方のないことですが、悩みを軽くすることはできます。

友人や同僚に相談し、病まないように注意し、程々に頑張るようにしてください。

風俗求人サイトランキング

当サイトがおすすめできる風俗求人サイトをランキングで紹介します。
短期間で高収入で稼ぎたい!でも、たくさん求人サイトがあってどこを使っていいか、わからない。そんなあなたは、是非、参考にして下さい。

第1位 Qプリ

第1位に輝いた風俗求人サイトは「Qプリ」です!

Qプリは女性会員に祝い金1万円面接交通費2,000円を支給してくれる「Qプリ保証」というシステムがあるので、絶対的にお得です!

スカウトオファー機能があるので、無料会員登録をして簡単なプロフィールや希望条件を設定すれば、お店の方からスカウトメールが届きます。
気軽に登録できて、待っているだけでOK!

総合評価 求人掲載数 保証
約2500店 Qプリ保証

Qプリを詳しく知りたい方はこちら

第2位 ミミロケ

SNS感覚で操作がラクラク「ミミロケ」が第2位!

お店とのメッセージがLINE風で操作が簡単です!会員登録も簡単でライトに高収入求人を探したいなら、ミミロケがおすすめ!スカウト機能もあるので、待っているだけでも希望条件にあったお店からオファーが届きます。

総合評価 求人掲載数 保証
約550店

ミミロケを詳しく知りたい方はこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする