メンズエステでネット指名の獲り方と顔出しのリスク

風俗嬢としてではなくメンズエステで働くことを決意する女性は多くいます。
しかし、なかなか初回の指名が獲れず苦戦しているという話も聞きます。
どうすればネット指名を鳴らせるようになるのでしょうか?

おすすめの風俗求人サイト

イチオシはQプリです!
Qプリ保証を使って体験入店すれば祝い金(1万円)・面接交通費(2千円)が確実にもらえる!

無料で簡単に登録ができて、プロフィールに働きたい条件を設定すればお店の方から勝手にオファーが届きます。
ちなみQプリはスカウト型高収入求人サイトでは、ナンバー1です!

Qプリを詳しく知りたい方はこちら

メンズエステを利用する人、働く人

メンズエステとはとてもグレーな業種です。
営業形態としてはエステとしての届出で体をほぐし、癒しを提供するのが目的です(マッサージという記載は医療行為にあたるため、エステと記載されています)。
ですが、一般的な見方として「メンズエステ=ソフトサービスの風俗」と見られている場合が多いのが実情です。

メンズエステのお客様

マッサージヘルスやソープなどからピンサロまでいわゆる風俗店と呼ばれるところよりもお客様の年齢層は高めだと感じている人が多いようです。

お客様が風俗店ではなくメンズエステを利用したいと思うのは次のような理由からだと言われています。
風俗店ではサービスには流れがあり、ヘルスやソープではまずシャワーを浴びて、マットサービスを受けます。
一度フィニッシュした後で、回復を待ち時間があればもう一度プレイを楽しむこともあれば、いちゃいちゃしたり、お風呂に入流場合もあります。
流れ作業になっており、中には気遣いがうまくできたり、楽しい時間を過ごせる風俗嬢もいますが、ネット指名やフリーなどで来店すると本当に流れ作業しかできない風俗嬢もいます。

それに引き換えメンズエステでは、初めから性的サービスを求めて来店していない場合もあります。
体が凝っているので、オイルマッサージで癒されたいと来店する場合もあるのです。
その時に男性施術師にゴリゴリ押されるのも気持ちがいいけれど、精神的な癒しは可愛い女の子の接客の方が嬉しいですし、会話も慣れている女の子が多くて、楽しい時間が過ごせるのです。
このような理由でメンズエステを利用しているお客様もいるのです。

当然、可愛い女の子に体を触られ、リラックスしていると性的に気分が盛り上がってしまうこともありますが、毎回それを求めているわけではないお客様も存在しています。

メンズエステのセラピスト

反対に働いている女性はというと、会社勤めよりお金を稼ぎたいと思っているけれど、いわゆる風俗では働けない、働きたくないと思ってメンズエステを利用している女性が多いようです。
また、メンズエステは昼間の時間帯がメインの仕事なので、昼間しか働けない女性が多くいます。
昼間の短時間だけしか働けない場合、風俗よりもメンズエステの方が稼げる場合もあるので、選ばれています。

メンズエステでネット指名を獲るには?

メンズエステのHPを見てみると顔出ししていない女の子がほとんどです。
頭部の写っていない体だけの写真を使用している女性、また写真自体を載せていない女性も多いことが分かります。
他業種の風俗嬢にとってどこまで顔出しできるかが面接時でも大きな鍵になってくるのに、メンズエステではまだまだ顔出しNGが主流と言えます。
そこで、顔出しするかしないかは大きな違いがあります。

顔出しOK

女性 顔顔出しOKとする場合、店から強力なバックアップを得ることができる可能性があります。
例えば、HPなどの在籍者紹介では一番目につきやすいところに配置してもらえる、などです。
また給料などの待遇面でも顔出しOKとすることで他の女の子よりも高い給料形態になる場合もあります。
給料が上がり、店のバックアップでネット指名が増えるので稼ぎを重視するのであれば検討してみる価値はあります。

写真指名により、大抵は指名料¥1000程度が支払われます。
せっかく顔出しするのであれば自撮り写真などではなく、きちんと撮影されたものを使用しましょう。

顔出しNG

顔出しNGとする場合でも、写真にはこだわるようにします。
店用に写真を撮影する場合は、メンズエステセラピストとして、どのようなキャラクターで営業するのかをきちんと決めてから撮影するようにします。

可愛い系、キレイ系など、ポージングも含めてどのように見せるかを検討しましょう。
そして、それが本人の雰囲気に合っているかどうかも重要です。
またホクロやアザなどが写り込んでしまい、身バレを防ぐという理由で写真を修正する場合はやりすぎないように気をつけます。
プロが直す場合は本人らしさを残すようにうまくやってくれることが多いのですが、自分でやるとなると「あそこも気になる。

ここも気になる」と修正を重ね、結局元とは違いすぎる写真が出来上がってしまうこともあります。
一人でもパネマジの女の子が混ざっていると「この店はパネマジ店だ」とネットに書きこまれてしまうので、本当に必要な部分だけを修正するようにします。
また写メ日記を上手に活用するのもいいでしょう。
顔を写さなくてもいいので、自分らしいキャラクターが生かされる写真を投稿します。

写メ日記もネット掲載用の写真も本人らしさが伝わりつつ、少しだけエッチなことを期待させるような写真が良いようです。
ただし、エステという観点からあまりに性的な刺激を煽るような写真はNGとされています。

顔出しのリスクとは?

一般的な風俗嬢同様、顔出しをすると身バレのリスクが上がります。
また特に気をつけたいのはお客様からストーカーのようにつけまわされる場合があることです。

メンズエステはマンション型と呼ばれる店舗形態が多くあります。
これはマンションの一室がエステ施術用の部屋になっているタイプなのですが、ソープのような店舗型に近いため女性が出勤してくる時間、退勤時間を狙って店の近く待機し声をかけてくるお客様がいるのです。
店内はリラックスのために薄暗い照明なので、通勤時は帽子とメガネで変装していればなかなか本人とは見分けられないという人も多くいますが、顔出ししている場合は顔がバレているので逃げられないのです。

顔出し同様のバレリスクがあるロングコース

砂時計メンズエステはエステの施術に時間がかかるためコース時間の設定は長めになっています。

一番短くても60分程度、通常で90分、しっかりほぐすコースであれば2時間なども一般的です。
しかし、ロングコースという4時間を超える設定がある店もあります。
このようなコースではエステサービスの他に一緒に食事をしたり、買い物をするなど自由に時間を使える場合があります。
マンション型の店舗でロングコースがある場合、大抵が店外デートとなることでしょう。

そうなれば、身内にバレてしまう可能性がゼロだとは言えません。
店外デートを避けるためにホテルタイプのメンズエステで働くというのもあります。
これはデリヘルのように派遣型のタイプでお客様が店との電話によって受付をすませ、女性は指定された部屋へ向かうというタイプです。
このような場合のロングコースでは店外NGとなっている場合も多く、部屋で食事をしたり、映画を見たりしながらエステサービスを提供するという形になります。

ロングコースは予約時に電話で確認となっているため、店との相談によってロングコース自体をNGとすることができる場合もあります。

まとめ

顔出しにはメリットもリスクもあります。
これらを正しく理解しておくことが必要です。
判断材料になるものが少ないと思えば面接で聞いて見てもいいでしょう。

ネット指名を獲るためには何と言っても魅力的に見える写真が一番です。
顔出しするのかしないのかに関わらず、良い写真を利用するようにしましょう。
また他人から見た自分のキャラクターと自認しているキャラクター像が違っている場合もあります。
あまりにもネット指名・写真指名が少ないというのであれば、店の関係者などに自分の印象について聞いて見て写真を変更することも検討すると良いです。

写真を変えることによって、指名数が大きく変わることは良くあるので、非常に重要だと理解しておきましょう。

風俗求人サイトランキング

当サイトがおすすめできる風俗求人サイトをランキングで紹介します。
短期間で高収入で稼ぎたい!でも、たくさん求人サイトがあってどこを使っていいか、わからない。そんなあなたは、是非、参考にして下さい。

第1位 Qプリ

第1位に輝いた風俗求人サイトは「Qプリ」です!

Qプリは女性会員に祝い金1万円面接交通費2,000円を支給してくれる「Qプリ保証」というシステムがあるので、絶対的にお得です!

スカウトオファー機能があるので、無料会員登録をして簡単なプロフィールや希望条件を設定すれば、お店の方からスカウトメールが届きます。
気軽に登録できて、待っているだけでOK!

総合評価 求人掲載数 保証
約2500店 Qプリ保証

Qプリを詳しく知りたい方はこちら

第2位 ミミロケ

SNS感覚で操作がラクラク「ミミロケ」が第2位!

お店とのメッセージがLINE風で操作が簡単です!会員登録も簡単でライトに高収入求人を探したいなら、ミミロケがおすすめ!スカウト機能もあるので、待っているだけでも希望条件にあったお店からオファーが届きます。

総合評価 求人掲載数 保証
約550店

ミミロケを詳しく知りたい方はこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする