メンズエステでは本入店前に講習は必ずありますか?

メンズエステの風俗店はデリヘルなどのハード系の風俗店と比べ、ソフトサービス系ということもあってエッチなサービスが少ない風俗バイトとなります。
さらに、お店によっては本入店をする前に時間をかけて講習を受けさせてくれるため、メンズエステのお店の中にはバイトをしながら資格を取得する女性もいるほどです。

メンズエステと講習

同じソフトサービス系の風俗バイトといえど、オナクラと違い、メンズエステの風俗バイトの場合、覚えることが豊富なため、本入店をする前にまず実技を交えて講習を受けることになります。
どうしても仕事が出来るかどうか不安のある女性の場合、面接の段階でしっかりと質問をしておき、疑問を解消しておきましょう。
さらに、体験入店の制度を利用すると、たとえマッサージのテクニックが拙かったとしても、体入中であることを理由に許してくれやすいのでオススメです。

マッサージメンズエステの講習の内容というと、アロマオイルを使ったマッサージや指圧のやり方、肩揉み、そして手コキのやり方などを学ぶことになります。
ハンドサービスはただ男性の性器を握って扱けば良いというものではありません。
できるだけ気持ち良く射精へと導いてあげるように、優しく扱いてあげる必要があるだけに、それ相応のテクニックが風俗嬢には求められます。
メンズエステの講習は実践的になりやすく、店長や男性のスタッフをお客さんに見立て、マッサージのやり方について学ぶことになります。

メンズエステは確かに風俗店ですが、やはりマッサージをするお店である以上、講師としてプロのエステティシャンや有資格者が呼ばれることがあります。
ここでしっかりと実技を学ばないと、現場に出た際に上手くできず、失敗する恐れがあるため、わからない点や不安な箇所、疑問点は全て質問し、解消しておきましょう。
疑問点を悉く質問し、解消することで、ボディケアの知識やテクニックを一通り習得したら、いよいよ本入店をし、エステ嬢としてデビューできます。
このようにメンズエステの講習は非常に為になる内容なだけに、風俗バイトを通じてエステティシャンとして成長することが出来ます。

順調に成長し、ボディケアやリフレの知識や経験を身に付ければ、やがてはエステやマッサージの資格を取得できるでしょうし、このバイトを辞めることになったとしてもその経験を昼職などでも活かせることでしょう。
風俗店のバイトの経験というのは基本的に昼職をする上で役に立つことは少ないのですが、メンズエステのバイトに関して言えば、経験と実績を重ね、資格を取得すると、エステの求人を探したり、お店を開業する際に役立ちます。

本入店するまでの流れ

メンズエステの求人に応募し、面接を受け、採用された場合、まず先だって講習を受けることになります。

講習を通じてアロママッサージやリンパマッサージのテクニックについて学んだら、次に体験入店をすることになります。
体験入店中はまだ新人のような期間ですので、たとえ失敗しても許してくれる傾向があります。
ただ、体入期間はすぐに終了してしまうので、この期間内にしっかりと働けるように、不安な箇所や疑問点は質問しておきましょう。
やがて体験入店の期間が終了すると、本入店をするかどうか決めることになります。

これが普通の風俗店の場合、エッチなサービスが多いだけに、たとえ給料が良かったとしても、本入店を断るケースもあるのですが、メンズエステに関して言えば抜きのサービスといっても手コキぐらいであり、お客さんの前で服を脱ぐこともなければ、フェラや素股などのサービスをすることも滅多にないです。
メンズエステは他の業種と比べて肉体的な負担が少ない仕事なだけに、体入を通じて不安な箇所や疑問点が解消されたのであれば、そのまま本入店しても問題になることはないでしょう。

講習の期間

カレンダー風俗店の講習というと、お店によっては1日で終了することもあるなど、基本的に短期間で終わることが多いです。
中にはマニュアルを手渡して終わることもあるだけに、風俗嬢はそれほど時間をかけずに体験入店することになるのですが、メンズエステの場合はむしろ反対で、講習の期間が長いです。
確かに一部のメンズエステのお店では1日で講習が終わるような緩いお店もあるのですが、たいていのメンズエステでは講習に1日から3日程度の時間を要するものです。
それは経験者も同様で、たとえ過去にメンズエステで働いたことがある女性であっても講習の参加を義務づけているメンズエステの風俗店は多いものです。

ちなみに、面接の後にすぐ講習をするお店もあれば、そうでないお店もありますので、面接当日に予定があるという女性は事前に質問し、面接のすぐ後に講習が行われるのか、質問しておきましょう。
メンズエステの風俗店の中には風俗店とは思えないほど、本格的なマッサージサービスを提供しているお店もあります。
こういった風俗店で採用された場合、講習内容もかなり本格的になりやすく、時間もかかります。
お店によっては女性のスキルが一定の水準に達するまで現場に出させてくれないこともあるほどです。

ちなみに、講習の期間中は基本的に給料は出ませんので、出来るだけ早めに稼ぎたいのであれば、真面目に講習に参加しましょう。

講習の流れ

メンズエステの講習を受ける場合、まずタオルの敷き方やその用意の仕方を学びます。

次に、アロマオイルやローションの作り方を学び、その後にモデルに裸になってもらい、実技となります。
実技の手順としてはまず裸のモデルを相手にマッサージのやり方を学びます。
ここが一番重要なポイントとなるため、疑問があれば早々に質問しておきましょう。
一通りマッサージのやり方について学んだら、次はタオルで身体を拭き、そして手を使って勃起状態のペニスを握り、手コキのやり方を学びます。

この時、できるだけお客さんから触られないような体位で手コキをする方法を学ぶことになります。
というのも、メンズエステのお客さんの中にはたまにキスしたり、身体を触ってくるお客さんもいるだけに、そういったお客さんから身を守るためにも、体位について学びます。
メンズエステの最終的な目的は男性を気持ち良くイカせることです。
それだけに、マッサージと同時に手コキのやり方も学ぶことになります。

講習中の給料

お金 財布メンズエステの講習は他の業種の風俗店と比べ、期間が長いです。
にも関わらず、講習期間中は無給扱いとなるだけに、女性の中には不満に思う人もいることでしょう。
ただ、メンズエステの講習を受けると、女性はそれ相応のマッサージやエステのスキルを習得することが出来ます。

中には、そのお店ならではのオリジナルのスキルやテクニックもあることでしょう。
そういったスキルやテクニックを教えてあげたにも関わらず、本入店を断られてしまうと、お店側としては教えたスキルや知識、テクニックを盗まれた気分になります。
その上で給料まで払っていたら、まさに踏んだり蹴ったりです。
メンズエステの講習で習う内容は、普通ならばお金を払ってでも受けたくなるような、価値のある内容です。

なにしろプロの講師がモデルを交え、本格的なマッサージのやり方を教えてくれるわけですから、マッサージやエステの資格が欲しい人にほど、魅力のある内容です。
それだけに、講習期間中は給料が無かったとしても、あまり不満に思わない方が良いでしょう。
何より無給といっても講習は3日程度です。
いざ講習が終われば、体験入店中であったとしても給料を稼ぐことは可能ですし、メンズエステの風俗嬢の報酬は普通のOLよりも高額です。

真面目に働けば、本入店後もしっかりと稼げるエステ嬢になれるでしょう。
メンズエステはデリヘルなどのハード系の風俗店と違い、脱がず、舐めず、触られもしないソフトサービス系のお仕事です。
一部のお店ではフェラなどのオプションもあるようなのですが、サービスの主体はマッサージであり、エッチなサービスといっても手コキぐらいです。
エッチなサービスが少ない割には意外と男性からの人気も高く、それでいて性病の感染リスクも低いだけに、女性からの人気が高い仕事です。

さらに、しっかりと講習を受ければ、普通のマッサージ店やエステサロンで働けるだけの技量や経験が身に付くだけに、将来エステサロンで働きたい女性にほどメリットのある職場となります。

風俗バイトで稼ぐ方法

スカウト型求人サイトがおすすめです!
無料登録すれば、希望条件のお店からスカウトメールが届くよ!

高収入バイトを探すならこちら!

Qプリ

ミミロケ

スカウトメールを待とう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする