風俗嬢がセクキャバに移転してランカーになれる?

デリヘル、箱ヘル、あるいはソープなどの「攻める」プレイありの風俗と、「攻められる」だけで「抜き」もないセクキャバは、基本的に仕事のスタイルが違います。
しかし、ほかの風俗からセクキャバに移転して、ランカーやナンバー嬢になる条件には、ほかの風俗で売れるためにしたのと同じことと、ほかの風俗では不要でもセクキャバでは必要なことがあります。
ですから、セクキャバでランカークラスになるためには、その使えるテクニックは生かし、足りない部分を足す必要があります。

そこで、以下、何を生かし、何を学ぶのかという点についてご紹介します。

おすすめの風俗求人サイト

イチオシはQプリです!
Qプリ保証を使って体験入店すれば祝い金(1万円)・面接交通費(2千円)が確実にもらえる!

無料で簡単に登録ができて、プロフィールに働きたい条件を設定すればお店の方から勝手にオファーが届きます。
ちなみQプリはスカウト型高収入求人サイトでは、ナンバー1です!

Qプリを詳しく知りたい方はこちら

ランカーになるためはリピーターが重要

回転 矢印まず大前提の話です。
風俗のお仕事は「お客さんが自分についてくれなければ稼げない」ものです。

セクキャバは基本的に時給制ですから極論すれば、全くお客さんがつかなくても給料はもらえますが、デリヘルなどの歩合制の場合は、お客さんがつかなければ収入は0円です。
つまり、お客さんの数=収入、です。
時給制であるセクキャバであっても、指名料などを考えればやはりお客さんのつく数と稼ぎの多さは比例しますし、本当にお客さんがつかない子の場合は辞めさせられてしまうでしょう。
そのお客さんには新規客とリピーターがいます。

どちらも大切ですが、このうち、より売上と収入に直結するのはリピーターです。
というのも、新規客は週末やボーナス直後などは来店数が増える一方で、景気が悪くなったりすると完全にボウズの日ができるなど、非常に不安定です。
その点リピーターは、よほどのことがなければ定期的に来店し、そして必ず指名してくれますから、安定しています。
ですので、ランカーを目指すのであれば、まずリピーターをできるだけ多く作って、毎月の安定した売上を増やし、新規客をそれに上乗せしていく、ということが重要なのです。

この点は、どの風俗嬢にとっても同じことです。

売れる風俗嬢と売れるセクキャバ嬢の共通点

では、それを前提に売れる風俗嬢と、売れるセクキャバ嬢の共通点、つまり今持っていて、セクキャバに移っても使えることは何なのでしょうか。

コンセプトと自分の容姿、スタイルの特徴が一致している店を選ぶ

風俗店にはコンセプトがあります。
巨乳系、美乳系、微乳系、ぽっちゃり系、素人系、萌え系、ロリ系、美少女系、ギャル系、お姉さん系、女王様系、小悪魔系などさまざまで、これはデリヘルでもセクキャバでも一緒です。
当然、ロリ系がコンセプトのお店にはロリ系が好きなお客さんが来て、よりロリっぽい女の子を指名します。
そこに大人っぽい顔立ちのセクシーな人妻っぽい女の子が在籍していても、指名がかかることは99%ありません。

逆にロリっぽい女の子なら、多少顔が普通でもそれなりに指名は取れ、接客やサービスを頑張れば、ランカーも狙えます。
ですから、まずはコンセプトと自分の容姿、スタイルが一致しているお店を選んで入店することが、売れっ子になるための条件で、これはほかの風俗でもセクキャバでも同じです。

喘ぎ声でお客さんに自信をつけさせる

男性の多くは「征服欲」「自信のなさ」の両方を持っています。

ですから、自分が攻めて風俗嬢が「感じる」と征服欲が満たされ、同時に自分のテクニックに自信が持てます。
攻められる身体の部位は業種によって違いますが、風俗で売れている子は、すべてこれをしています。
その中で1番簡単に「感じている」ことを印象付けるのは「喘ぎ声」です。
ほかの風俗と違ってセクキャバは基本は胸しか攻められませんが、しかしその時に喘ぎ声を出すことが重要なのは一緒です。

「素」では喘ぎ声はあまり出さない子でもお仕事の時には大げさに出しましょう。
というのも、セクキャバに来るお客さんはほかの風俗よりも性体験の少ない男性が多い傾向にあります。
そういう人にとってはAVがセックスの「教科書」です。
AVでは女優は本当に大きな声で喘ぎますから、そういうお客さんにとってはそれが普通の女性の反応で、「喘がない」と「感じていない」ととらえてしまいます。

それでは征服欲も自信も満たされないので、リピーターにはなってくれません。
ですから、しっかり喘ぎ声を出して「感じている」ことをアピールしましょう。

ディープキスは濃厚に

Kissディープキスはほかの風俗でもすることですが、セクキャバで女の子が攻めるサービスはこれしかありません。

ほかの風俗でも、ディープキスのテクニックが上手い子は売れっ子になりますが、セクキャバでは特にディープキスは気合を込めましょう。
舌をねっとり絡ませる濃厚なものがポイントです。

リピーターの名前を憶えて、名前で呼ぶ

またリピーターを「その他大勢の中の1人」ではなく「個人」として扱うのも売れるための共通点です。

つまり「あなたは特別な存在です」という接し方です。
それで疑似恋愛的な雰囲気づくりをするのです。
そのためにはリピーターの顔をすべて憶えて、来店時には必ず名前で呼びましょう。
「●●さん、いらっしゃいませ!」という声かけは、「あなたはその他大勢ではなく、私にとっては<●●さん>という個人の男性です」というメッセージですので、その人は非常にうれしくなり、必ずリピートします。

そのためには「顧客ノート」を作りましょう。
そこに顔の特徴や名前、前回の話の内容、好きなサービスを書き込み、いつもそれを見直して、その人が来た時に名前で呼ぶだけではなく、「この前〇〇行ってどうでしたか?」

と質問したり、言われなくても相手の好きなサービスをすることです。
それをされた場合はその人はリピーターを通り越して、「ファン」にさえなるでしょう。

名刺を渡して自分を憶えてもらう

これはソープの高級店では普通にしていますが、デリヘルなどでは本当にランカーになる女の子くらいしかしていないことです。
それは名刺を渡すことです。

お客さんにとって風俗の選択肢はとてもたくさんあります。
それがすべて自分の競争相手だと思いましょう。
ですから、その競争に勝って、自分のお店に来て、自分を指名してもらわなければなりません。
そのために必要なことは、サービスで満足してもらうことは当然ですが、何より「自分を覚えてもらう」ことです。

ですから、名刺を渡しておけば、風俗に行こうと思った時にその名刺を財布などから見つけてもらうことによって「あの子のサービス良かったな」と思い出し、リピートしてもらえます。
また自分に会うために来店してもらっても、名前がわからなければ指名できません。
その時に名刺があれば「〇〇ちゃんで」とそれを見て指名してもらえます。

風俗嬢には必要なくても売れるセクキャバ嬢には必要なこと

一方でほかの風俗で売れるためにはあまり必要なくても、セクキャバでランカーになるためは絶対に必要なことです。

笑顔

笑顔まず売れているセクキャバ嬢は、どんなに親しいリピーターであっても馴れ合いにならず、相手をお客さんとして尊重します。
それは何といっても笑顔です。

疲れている時や、気に障ることを言われた時でも、不機嫌な表情や態度には絶対に出さず、いつもニコニコしています。

マナー

セクキャバは「接客業」ですから、自分が席に着くときには「いらっしゃいませ」、お客さんが帰るときには「ありがとうございました」という挨拶をきちんとする、どんなに親しお客さんでもタメ口ではなく敬語で話す、など当たり前のことですが、ランカーはこれをしっかりと実践しています。

身だしなみを気をつける

男性はある種の「夢」を持ってセクキャバに来ますから、女の子がだらしない格好でいると本当にがっくりします。
ですからランカーは身だしなみにも気をつけています。
といっても、以下のような女性であれば当たり前の範囲です。
まずはきちんとしたメークとヘアケアです。

起きたままのボサボサ髪ではなくきちんとブラッシングしている、ネイルははげていない、いうようなことです。
また接客中は絶対にタバコを吸いません。
ディープキスでヤニ臭かったらリピートは絶対にしないでしょう。
唯一許されるのはお客さんから「吸ったら?」と言われた場合だけです。
仕事前や休憩中に吸った場合は、フロアに入る前に服には消臭剤、口はブレスケアとウガイで完全にタバコのにおいを消しましょう。
それと同じように、口臭は論外ですが、出勤前に焼肉やニンニク入りラーメンなどの臭いのきついものは絶対に食べませんし、仕事前に汗をかいたら、必ずシャワーを浴びてから出勤しましょう。

聞き上手

セクキャバでランカーになるためには話し上手である必要はありません。
しかし聞き上手であることは必要です。
単なるエッチであればほかの風俗に行けばいいのに、わざわざ「抜き」のないセクキャバに来る、というのは、お客さんが女の子と話もしたいからです。

それも、仕事の自慢話や家庭の愚痴を聞いて欲しいのです。
ですから、そういう話をしっかり聞ける女の子にはリピーターがつき、ランカーになれます。

ほめ上手

Ok, Good人間は誰でも「承認欲求」を持っています。

それは自分のしたことを認めて、ほめられたい、ということです。
しかし世の中の風潮は「減点主義」で、できないことを責められても、ほめられることはほとんどありません。
ですから、お客さんを無条件に褒めてあげる女の子には人気が出ます。
簡単なほめ方は「すごいですね!」「さすがですね!」という相づちで、それだけでもいいのですが、ランカーを目指すのであれば、少しテクニックを身につけて、「また今日も仕事で失敗しちゃたよ」と言われたら「そんな大変な仕事を任させるということは、●●さんがそれだけ評価さられていることですから、すごいです!」など、相手のネガティブな発言をポジティブな意味に換えて、返答してみましょう。

まとめ

いかがですか。
ほかの風俗ですでに身についていてセクキャバでも使えることは生かし、さらにセクキャバならではの売れるポイントを身につけることで、セクキャバでランカーになることは十分に可能です。

ぜひ、学ぶべきことは学んで頑張りましょう。

風俗求人サイトランキング

当サイトがおすすめできる風俗求人サイトをランキングで紹介します。
短期間で高収入で稼ぎたい!でも、たくさん求人サイトがあってどこを使っていいか、わからない。そんなあなたは、是非、参考にして下さい。

第1位 Qプリ

第1位に輝いた風俗求人サイトは「Qプリ」です!

Qプリは女性会員に祝い金1万円面接交通費2,000円を支給してくれる「Qプリ保証」というシステムがあるので、絶対的にお得です!

スカウトオファー機能があるので、無料会員登録をして簡単なプロフィールや希望条件を設定すれば、お店の方からスカウトメールが届きます。
気軽に登録できて、待っているだけでOK!

総合評価 求人掲載数 保証
約2500店 Qプリ保証

Qプリを詳しく知りたい方はこちら

第2位 ミミロケ

SNS感覚で操作がラクラク「ミミロケ」が第2位!

お店とのメッセージがLINE風で操作が簡単です!会員登録も簡単でライトに高収入求人を探したいなら、ミミロケがおすすめ!スカウト機能もあるので、待っているだけでも希望条件にあったお店からオファーが届きます。

総合評価 求人掲載数 保証
約550店

ミミロケを詳しく知りたい方はこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする