ピンサロの求人で寮を完備してるお店あるけどちゃんとした物件?

衣食住は人間の生活には欠かせないものだといわれています。
この内、「衣」と「食」の部分はそれほど大きな対価を支払わずとも獲得することが出来ますが、今の日本でまともな「住」を探すのは結構大変です。
敷金・礼金、その他契約の際の雑多な書類……などなど、部屋を借りるのは意外と面倒ですよね。
風俗で生計を立てようとする女の子にとって、住む場所を探すのはかなり深刻な問題だと思います。

特に出稼ぎで地元から出てくるような女性にとっては、わざわざ部屋を借りるのも面倒ですし、住む場所の問題は頭を悩ませることになるでしょう。
そんな中、そうした需要を鑑みたのか、ピンサロ店の求人に「寮完備」と謳っているものも目につくようになりました。
要はお店が特定の物件に女性を住ませてくれるというものですが、風俗業界に入ったばかりの女性は、この物件がどんな物件なのか疑わしい気持ちでいっぱいではないでしょうか。
これまで触れたこともないような業界ですから、当然のことでしょう。

そこで、ここでは、ピンサロにおける「寮」がどのような物件なのか、そして、寮に入るときに何らかのルールはあるのかということについて紹介していきたいと思います。

おすすめの風俗求人サイト

イチオシはQプリです!
Qプリ保証を使って体験入店すれば祝い金(1万円)・面接交通費(2千円)が確実にもらえる!

無料で簡単に登録ができて、プロフィールに働きたい条件を設定すればお店の方から勝手にオファーが届きます。
ちなみQプリはスカウト型高収入求人サイトでは、ナンバー1です!

Qプリを詳しく知りたい方はこちら

ピンサロの寮ってどんな物件なの? 部屋はきれい?

ワンルーム部屋は、自分のプライベートな空間です。
趣味の時間をはじめ、色々な時間をそこで過ごすことになります。
ですから、部屋の状態が気になるのは当然のことですよね。
気になるピンサロ寮の部屋はどうなっているのかといいますと、それはお店によります。
ただ、ほとんどはある程度綺麗な部屋を用意しているようです。

中流マンションの一室を思い描いてもらえるとわかりやすいのですが、ほとんどの寮は、普通のアパートになります。
大体が1K、もしくは1DKの部屋ですが、1人で住む分には全く苦労しない程度に綺麗です。
ピンサロ店のランクによっては、更に広い寮が用意されている場合もあります。
彼氏や子どもと一緒にピンサロ店の寮に入っているという人もいるようです。

気の利くお店ならば最初から家具がつけられているお店もありますが、そのあたりはお店の裁量なのであまり期待しすぎないようにしましょう。
このように、ピンサロ店の用意するお店はある程度ちゃんとした物件の場合が多いようです。
ただ、あくまでも「暮らしには困らないちゃんとした物件」程度で、豪華なマンションを思い浮かべていると肩透かしをくらうかもしれません。
お店側は女性にやめられては困るので、このように最低限の環境を作り出してくれるわけですね。

しかしながら一方で、「ちゃんとした物件」ではない寮が存在していることも事実です。
多いのがいわゆる「タコ部屋」と呼ばれる物件で、この物件では、複数の女性が同じ部屋に入れられることになります。
待機部屋ほど多人数の女性でないにしろ、少なくとも2人、多いと3人の女性と一緒に共同生活を送ることなるでしょう。
部屋自体が綺麗かどうかは、同居人次第ですが、プライベートな空間を他人と共有するのですから、かなり精神的ストレスが大きいのは事実。

特に、1人の時間を大切にしたい女性にとっては、この形の寮はかなり厳しい環境になるでしょう。
もちろん、他人とすぐに仲良くなれるような女性であるのなら、友達が増えて楽になるかもしれませんが、なかなかそんな人はいないはず。
出来る限り、1人1部屋の寮を選びたいところですね。

ピンサロの寮に入るときは何か必要なものはあるの?

チェックリスト寮に入るときは、当然、対価が必要です。
お店側も慈善事業で行っているわけではないので、寮を維持するためにはある程度お金が必要になってくるわけですね。
つまり、寮となっている部屋を借りるためのお金を寮費として徴収されることになりますが、この寮費は普通に部屋を借りるときのように月一で支払うのではなく、日割りで支払うことになります。
気になる料金ですが、これは部屋のランクにもよるようです。

豪華な部屋ならそれだけ高額な料金を取られますし、上述した「タコ部屋」ならば、かなり低額な料金で済みます。
相場はおおよそ3000円前後になっているようです。
相場通りの寮費ならば、大体1Kの部屋を提供されますし、ほかの女性と同居することは一切ありません。
ただ、日ごとに3000円となると、月90000円。

1Kの部屋を借りるのには、少々高いような気がします。
これはお店が女性のいないときであってもその部屋を契約しているからで、お店の損失分を補うため、ある程度料金が高めに設定されているのです。
一方、複数の女性と共同生活を送る部屋では、部屋の料金はかなり安く、大体1日1000円前後、場合によっては無料という場合もあるようです。
このように、共同生活部屋にもメリットは存在します。

とにかく寮費が安いのです。
なお、寮費のほかにも寮を借りる場合は、出勤についてお店から何らかの要請があることがあります。
具体的には、週5日、1日○時間以上の出勤はしてくださいという具合です。
女性側からすればあまり良いこととはいえませんが、風俗店側に立って考えてみると、週に1日しか出勤しない女性に寮を貸すのは将来的に考えて損失以外の何者でもないでしょう。

お店側が出勤に文句をつけるのは、寮を借りる以上仕方の無いことだと割り切るしかないのです。
ただ、一方で寮を借りると、お店との間に信頼関係が生まれます。
というのも、寮を借りていると突然辞められるということがないので、お店側としてはその女性を安心して稼がせることが出来るのです。
具体的には、フリー客を優先してつけてもらえますし、たくさん出勤することになるので、もしお茶をひく機会があったのなら保証してもらうこともあるでしょう。

また、仮に何かあっても寮の建物はお店の目が届く範囲にあるので、すぐにスタッフの人が駆けつけてくれます。
加えて、通勤も楽ですし、サービスの良いお店であるのなら、ピンサロの場所まで送ってくれることもあるでしょう。
しかし一方で、寮の鍵はお店の人も持つことになります。
なので、たとえ1人部屋になるとしても「完全に自分の空間」にはならないことに気をつけましょう。

特に精神的に不安定な人は、寮に入るとかなり参ってしまうかもしれません。

お店によって部屋の状態は異なる! メリット、デメリットをよく考えよう

Ok, No上述したように、寮の部屋が個人の部屋かどうかは寮費である程度見分けることが出来ます。
勤めるピンサロ店が大型グループの一端で、建物自体を風俗店が管理しているのでもない限り、基本的に低料金の寮はタコ部屋のような複数人との共同生活を強いられることに注意してください。

もちろん、寮費が3000円以上だからといって個人部屋を与えられる保証はない点にも注意。
もし不安ならば、面接の段階で「どんな寮なのか」「1人1部屋をもらえるのか」といった、最低限の情報は聞いておくといいでしょう。
なお、料金の高い寮はそれだけ広い部屋を提供されることが多いですし、中にはペット可、同居人可といった、ほぼマンションと変わらないような待遇の寮もあります。
自分の状況と住みたい場所、許容できる範囲を天秤にかけて、どんな寮に住むかを考えたいところですね。

もちろん、寮に住むためにはお金の問題だけではなく、出勤の問題も頻出します。
自分がお店の要請にしっかりと応えられるかどうか、自分自身を分析しましょう。
寮は便利ですが、その分自由度も下がるということは考えなければなりません。
寮費が割高なのもそうですし、ある程度お金に余裕が出来たら、自分で部屋を借りるのを選択肢の一つとして考えるのもいいかもしれませんね。

風俗求人サイトランキング

当サイトがおすすめできる風俗求人サイトをランキングで紹介します。
短期間で高収入で稼ぎたい!でも、たくさん求人サイトがあってどこを使っていいか、わからない。そんなあなたは、是非、参考にして下さい。

第1位 Qプリ

第1位に輝いた風俗求人サイトは「Qプリ」です!

Qプリは女性会員に祝い金1万円面接交通費2,000円を支給してくれる「Qプリ保証」というシステムがあるので、絶対的にお得です!

スカウトオファー機能があるので、無料会員登録をして簡単なプロフィールや希望条件を設定すれば、お店の方からスカウトメールが届きます。
気軽に登録できて、待っているだけでOK!

総合評価 求人掲載数 保証
約2500店 Qプリ保証

Qプリを詳しく知りたい方はこちら

第2位 ミミロケ

SNS感覚で操作がラクラク「ミミロケ」が第2位!

お店とのメッセージがLINE風で操作が簡単です!会員登録も簡単でライトに高収入求人を探したいなら、ミミロケがおすすめ!スカウト機能もあるので、待っているだけでも希望条件にあったお店からオファーが届きます。

総合評価 求人掲載数 保証
約550店

ミミロケを詳しく知りたい方はこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする