ハードSMクラブになると尿道責めなど特殊な物が多いけどリピーターも増える

最近はSMクラブといってもソフトなSMサービスのお店が主流ですが、中には尿道責めやカテーテルを使ったハードなSMプレイを好む人もいます。
今回はハードSMクラブの特殊プレイと、ハードSMクラブにリピーター客が多い理由、ハードSMクラブで働くメリットとデメリットについて紹介していきます。

おすすめの風俗求人サイト

イチオシはQプリです!
Qプリ保証を使って体験入店すれば祝い金(1万円)・面接交通費(2千円)が確実にもらえる!

無料で簡単に登録ができて、プロフィールに働きたい条件を設定すればお店の方から勝手にオファーが届きます。
ちなみQプリはスカウト型高収入求人サイトでは、ナンバー1です!

Qプリを詳しく知りたい方はこちら

尿道責め、ブジー…ハードSMクラブは特殊な世界!

ローソクプレイ

ローソクSMと言えばローソクとムチ、というくらいおなじみのプレイとなったローソクプレイ。
話は聞いたことがあるけれど、実際に使用した経験がある人は少ないかもしれませんね。
SMで使用するローソクは通常のローソクよりも温度が低い、ヤケドをしにくいローソクが使用されますが、同じ箇所ばかりにローソクを垂らしてしまうと、やはりヤケドをしたり肌トラブルを起こす可能性があります。

尿道責め

ハードSMを好む人は、アナル開発と同時に医療器具を使用した尿道責めのプレイを好むことがあります。
尿道責めは尿道プラグやブジーなど、専用の道具を使用して快感を与えるプレイですが、やはり慣れないと責められる方にケガを負わせる危険性が高くなります。
そのため尿道責めやアナル開発を行う場合は、ゼリーやローションなどで滑りを良くしてから、焦らずゆっくりと開発することがポイントです。

アナル開発

男女ともにSMプレイでよく行われるのが、アナル開発です。
バイブなどを使ってアナル開発をしていきますが、女王様がM男を調教する際にはペニスバンドを使用することもあります。
普段は女性を責める立場にいる男性が、女性の腰の動きに翻弄されることになるため、M男たちは非常に興奮するプレイになります。

こちらも乱暴にプレイをすれば肛門を傷つけてしまう恐れがありますので、きちんと講習を受けてプレイを勉強した人でないと難しいかもしれませんね。

針責めプレイ

針を使ったプレイはSMの中でもハードなプレイで、「生半可な痛みでは快感を得られない」というお客様に行われるプレイです。
もちろん痛みの度合いは他のプレイの非ではありませんので、相手の許可なく針責めを行うことは絶対にいけません。

主に針を通す場所は、乳首やペニスなど。
少しでも刺す場所を間違えると重大な事故につながるおそれがありますので、SMクラブでも針責めプレイを行うことはNGとしているお店もあります。

ハードSMクラブはリピーター客が多い?その理由、バックを紹介

ハードSMにリピーター客が多い理由

SmハードSMクラブにはリピーター客が多いと言われます。
それはどうしてなのでしょう。
近年はソフトなSMクラブが多くなり、ハードプレイを行うSMクラブが減少したため、ハードサービスのお店にお客様が集中することが理由のひとつです。

またもうひとつは、SMというジャンル自体が風俗の中でも特殊な世界で、気に入った嬢が見つかれば他の嬢に浮気することがなくリピーターになる傾向が強いことも考えられます。
SMというジャンルはある意味、SとMのあうんの呼吸によって成り立つ行為です。
そのため「この嬢とは気が合う!」とお客様が実感できれば、長く同じ嬢と遊びたくなるので、リピーター客が多いと考えられます。
またハードなSMプレイをできる嬢が少ないことも、理由に考えられます。

SMのプレイは一朝一夕にできる技術ではありません。
危険を伴うプレイになれば、嬢への信頼関係にもつながる問題です。
ハードSMプレイができる嬢は限られていますので、他のぬるいプレイでは満足できず、いつもの嬢と遊ぶ…という心理からリピーター客になることがあるようです。

ハードSMができる女性はバックが高い!

SMクラブは他の風俗業よりも高額なバックが魅力です。
その中でもハードプレイができる嬢になると、それよりも高額なバックが期待できます。
いわゆる「技術料」ですね。
気になるバックですが、60分では6,000〜2万円と、技術のレベルに応じてバックの相場は大きく違います。

平均的な日給は5万円前後で、月給に換算すると80万円以上の高額な収入が期待できます。
またSMクラブを利用するお客様は、オプションを付加することが多いため、売れっ子風俗嬢になると1人のお客様のバックが3万円以上になることもザラにあります。
その分覚えることは多いし、経験を積まなければならない点はありますが、高額な収入を考えている人はぜひ検討してみてはいかがでしょう。

ハードSMクラブで働くメリットとデメリットは?

他の風俗業よりも高額なバック

最後はハードSMクラブで働くメリットとデメリットについて紹介していきます。
上記でも紹介したように、ハードSMクラブは他の業種に比べると高額なバックがメリットとしてあげられます。
専門的な知識を持っていればそれだけで手取りは高くなり、リピーター客に恵まれると安定した収入も夢ではありません。

リピーター客、太客が多い

ハードSMクラブはリピーター客、太客が多いので、相性の良いお客様に巡り会うことができれば、長くお付き合いすることができるリピーター客になる可能性大です。
中には収入のすべてを風俗遊びにつぎ込んでいるのか、週3回の割合で来店するお客様もいるそうです。
またハードSMクラブのリピーターは富裕層に属している人が多いので、プレゼントなどを手に来店するお客様も多く、プレゼントを目当てにしている嬢も多いようです。

趣味と実益を兼ねられる

おそらくSMクラブで働きたい女性のほとんどは、SMに興味がある人ばかりでしょう。
講習で知らなかったことを吸収していけば、さらに知識は深くなっていきます。
反対に言えば、SMのプレイに興味を持てない、という女性は仕事をしていてもつらいばかりですので、おすすめできません。

そういった意味では趣味と実益を兼ねたバイトとして、楽しく続けられる仕事と言えます。

技術を身につけるための勉強が必要

次はハードSMクラブで働くデメリットについて紹介します。
ハードSMクラブは他の風俗業に比べると、覚えることや身につける技術が多く、講習もしっかり時間を取ってからでなければお店に出しません。

風俗の仕事で手っ取り早くお金を稼ぎたい、と考える人にとっては、SMクラブは壁が高いと言えるでしょう。

道具、衣装などの小道具がたくさん必要

コスプレハードSMクラブと言えば、衣装や麻縄、ムチなど多くの道具が必要になります。
お店によってはこれらの道具は嬢の自費で購入していますので、一通りの道具を揃えるためにはそれなりの金額が必要になる場合もあります。

中にはお店が道具を用意することもありますので、お店を選ぶ余裕がある人は小道具や消耗品の購入がないお店を探すようにして下さい。

女王様よりもM女の方が需要あり

SMと言えば女王様、とイメージする人も多いのですが、実際に見てみるとSMクラブを利用する男性客はS側が多く、「M女を責めたい」と考え利用しています。
つまり女王様よりもM女の方が需要は高いのです。

女王様とM女、どちらかと言えばM女の方がハードな仕事内容のため、同じ時間働いたとしても、M女の方が若干バックは高い傾向にあります。
中には仕事内容云々よりも、体力的に限界を感じてお店を辞めた、という女性もいます。
想像以上にハードな仕事なので、ジム通いをして体力作りに励む女性もいるそうです。

まとめ

ハードSMクラブの特殊プレイや、ハードSMクラブにリピーター客が多い理由、またハードSMクラブで働くメリットとデメリットについて紹介しました。
ハードSMクラブはある意味「職人技」が求められる仕事です。
覚えることは多くて危険を伴うものですが、一度お客様に恵まれると安定収入が見込める仕事です。
頑張って仕事を覚えて、お客様に愛される嬢になって下さいね。

おすすめ風俗求人サイト

当サイトがおすすめできる風俗求人サイトを紹介します。
短期間で高収入で稼ぎたい!でも、たくさん求人サイトがあってどこを使っていいか、わからない。そんなあなたは、是非、参考にして下さい。

Qプリ

おすすめ№1に輝いた風俗求人サイトは「Qプリ」です!

Qプリは女性会員に祝い金1万円面接交通費2,000円を支給してくれる「Qプリ保証」というシステムがあるので、絶対的にお得です!

スカウトオファー機能があるので、無料会員登録をして簡単なプロフィールや希望条件を設定すれば、お店の方からスカウトメールが届きます。
気軽に登録できて、待っているだけでOK!

総合評価 求人掲載数 保証
約2500店 Qプリ保証

Qプリを詳しく知りたい方はこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする