オナクラでNG客にする奴の特徴を教えて?

オナニークラブ、通称オナクラはソフトな風俗の代表として働く女性の人気を集めています。
しかしソフトと銘打っているのに困った客が後を絶たないというのも事実です。
本記事では、オナクラでNG客の部類に入るのはどんなタイプの男性客かということについて考えてみました。

本番強要の客。

男性 怒るまず、一番NGな客が本番を強要して来るタイプの男性客です。
風俗で本番が可能なのはソープランドだけです。
しかしそのソープランドでさえ、本番は男性客と風俗嬢の間で合意のうえで行われたというストーリーを前提としていて、お店側からの風俗嬢への本番強要は「管理売春」として認められていません。
ソープランド以下、すなわちデリバリーヘルス、セクシーキャバクラ、ピンクサロン、性感マッサージなどでは本番は一切NGです。

こう考えると、最もソフトな風俗であるはずのオナクラで本番が許されるわけがありません。
そもそもオナクラがどういう風俗なのか考えてみましょう。
オナクラは最もソフトな風俗です。
そのプレイ内容は基本的に、男性客のオナニーを見るだけです。

ここで、つまりオナニー鑑賞だけで風俗嬢からの性的サービスがストップしているのは、いかに多くの業種があるとはいえオナクラだけです。
男性客は追加料金を伴うオプションを加えることによって、オナニー鑑賞に或る程度プレイの激しさを増すようにさせることはできますが、最高でコンドーム付きフェラチオです。
この次元に至ったら、もはやオナクラとは言えないのも事実です。
そのくらいオナクラはソフト風俗なのです

こう考えるとオナクラで本番強要を口にするなどということは暴言、もってのほかの暴挙と言わざるを得ません。

ガシマンまでは行かなくても・・・。

風俗業界では「ガシマン」という隠語(いんご)があります。
クンニリングスを執拗にするキモ客のことを言います。
確かに、エッチな雑誌では執拗なクンニリングスで女性がイク場面が描かれることがあり、それを鵜呑みにして風俗で実行してしまっているというのが理由なのでしょうが、現場の風俗嬢にとっては至極迷惑としか言いようがありません。

これと似たことがオナクラで起こることは普通ありません。
なぜならオナクラでは基本的に男性客は女の子にタッチすることは禁止されているからです。
しかしこの微妙な距離感での男性客のエロに対するフラストレーションが、一気に爆発する場合があります。
それがオプションの使用です。

多くのオナクラ店では、オナクラ特有のノータッチプレイに鬱積(うっせき)する男性客のフラストレーションに便乗して細切れのオプションを用意しています。
例えば、オナクラ嬢の髪の匂いを嗅ぐ、男性客がオナクラ嬢を抱きしめる、あるいは逆に抱きしめられる・・・。
もうすこしハードなものに成ると、オナクラ嬢に唾(つば)を垂らしてもらう、オナクラ嬢に乳首を舐めてもらう、足舐めをさせてもらう・・・。
更にはオナクラ嬢にトップレスに成ってもらう、あるいはオールヌードに成ってもらう。

女性 セクシーまた服の上から、お尻をタッチ、おっぱいをタッチ。
服を脱いでもらって、お尻をタッチ、おっぱいをタッチ・・・。
こんな風に事細かにエッチな動作のひとつひとつにオプション料金が課せられていて、我慢できなくなった男性客は、どんどんオプション料金を加算させて行きながらこれらの行為に及んでゆくのです。
その料金は500円のものに始まり、5,000円にまでアップします。

さて、問題なのはこの料金設定というよりも、そのオプション料金を払うことによって解き放たれた男性客の性欲のほうです。
まさしくガシマンとまでは行かなくても「がっついて」、ガシガシとオプション行為に及ぶことが多いのです。
例えば、トップレスに成ってオナクラ嬢のおっぱいを生でタッチすることが可能に成ったときのことを考えてみましょう。
それらが無料のオプションであるソープランドやデリヘルとは違って、男性客の性欲はオナクラ嬢のおっぱいに一点集中します。

よく風俗嬢で、慣れない男性客の乳揉みが痛くて執拗で悲鳴をあげてしまうという娘が居ますが、オナクラ嬢のおっぱいタッチオプションは、それに似たところがあります。
男性客は、どうしてもがっついてしまうのです。
場合によっては、それが女性経験の無いキモ客だったりしたときには、興味深そうにおっぱいを玩ぶ(もてあそぶ)その姿に、オナクラ嬢は仕事とはいえ、悲鳴をあげてしまうかも知れません。

ストーカー化する客。

最後に、風俗全般に起こり得ることですけれども男性客がストーカー化する被害についてお話ししたいと思います。

オナクラはプレイがソフトな分、最も恋人度が高い風俗と言えます。
すべてがそうだとは言えないにしても男性が女性に興味を持ってアプローチする際、目標のひとつは肉体関係を持つことです。
オナクラではその目標が絶対達成されないので、男性の欲望は生煮え状態になります。
加えて、オナクラのプレイは、精神的な交流に多くを依存しています。

オナクラ嬢が十分に男性客の性的興奮を刺激する言葉を投げかけることによってプレイが進行するのです。
ともすると、それは恋人ムードへと発展するかも知れません。
逆にプレイ中心の風俗だと、そういった傾向は少ないと言えるでしょう。
ソープランドにせよデリバリーヘルスにせよ、男性客の関心は風俗嬢の精神ではなく肉体に向かっていますから、風俗嬢のほうからわざわざ場を盛り上げるようなことをしなくても、男性客の好きなようにカラダを触らせておけば良いのです。

とにかくオナクラのプレイは精神的な要素が強いです。
これにより男性客がオナクラ嬢を恋愛対象とみなしてしまう危険性が十分にあります。
悪いことに、それに加え、指名予約を稼ぐために、色恋営業を仕掛けるオナクラ嬢も居るのです。
色恋営業とは、風俗嬢のほうから男性客に疑似アプローチをするような接客術です。

キャバクラなど水商売が主流なのですが、本指名を取りたい風俗嬢たちも使うように成りました。
しかし肉体関係から入る風俗において色恋営業は成立しにくいと見ることもできます。
「どうせ他のやつともヤッてんだろ・・・」という冷めた視線が男性客には残っているからです。
これに対してオナクラでは色恋営業が成立してしまいます。

ハート 赤気に入ったオナクラ嬢ができたとき、彼女が他の男性客の相手をすることはあっても肉体関係にまで進んでいないという確信が男性客にはあります。
従って、オナクラ嬢には迷惑な話ですが、色恋営業にどっぷりハマってしまい、指名予約の連打とストーカー行為へと進んで行ってしまう危険性が十分にあるのです。

まとめ。

いかがだったでしょうか。
「オナクラでNG客にする奴の特徴を教えて?」というタイトルで記事を書かせて頂きました。
NG客のタイプは大きく分けて、三種類です。
①オナクラのソフト風俗としての業態を知らず本番強要までして来る客。
②オナクラのプレイ内容にフラストレーションを感じてオプション行為に成るとがっついてしまう客。
③オナクラ嬢の色恋営業にハマってしまいストーカー化してしまう客。
これらの三タイプの男性客は実際にも存在すると言われています。
これからオナクラで働こうか迷っている女性さんも、既に働いている女性も、こういったタイプの男性客には十分注意しながら上手にお仕事して欲しいと思います。

風俗バイトで稼ぐ方法

スカウト型求人サイトがおすすめです!
無料登録すれば、希望条件のお店からスカウトメールが届くよ!

高収入バイトを探すならこちら!

Qプリ

ミミロケ

スカウトメールを待とう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする