シングルマザーでイメクラ勤務は厳しい?

シングルマザーの母親にとって生活費を稼ぐことは大変です。
母子家庭の貧困率は高く、子供の将来にも影響します。

生活保護の申請も離婚理由などのコメントを求められることがあり面倒です。
イメクラなどの風俗嬢ならそんな面倒なことなく子育と両立できます。

イメクラは母子家庭向け

子供 女性シングルマザーの母親は子供の世話だけではなく自分が働かないと生活ができません。
そのためどこで働くかが問題になりますが、風俗店の多くは託児所を完備しているためシングルマザーの女性に最適と言われることがあります。

イメクラもそんな風俗店の一つであり、若い女性の多いシングルマザーはイメクラ経営者にとってぜひ欲しい人材です。
シングルマザーの女性が風俗嬢としてデビューすることで、月に50万程度稼ぐことができるばかりか、毎日の勤務が必要ないので子供との時間を多く取ることができます。
イメクラは母子家庭向けの職場だと言えるのではないでしょうか。

現実から離れた世界

イメクラはイメージ倶楽部という正式名称からわかる通り、現実から逃避した世界で男性客を接客します。

そのため、シングルマザーだから不利だということはありません。
むしろ生活がかかっていると言う緊迫感から接客にも熱が入り、お客さんからのコメントも良好なことが多いです。
実際に働く女性も現実から逃避することで一種の気晴らしになる面があります。
とかく子育てのストレスが多くなりがちなシングルマザーの女性にとって、イメクラはお勧めの職場と言えます。

貴女の演出がお客を喜ばせる

イメクラは風俗店の中でもちょっと特殊な業態です。
ただ単に男性客を性的に満足させるだけではなく、自分がディズニーリゾートのキャストになったように演出する事も要求されます。
イメクラ店のコンセプトによって演出内容は異なりますが、コンセプトに合った演出とコスチュームで男性客は満足してくれるのです。
最初は演技にも慣れないし、コスチュームにも抵抗があるかもしれません。

しかし、次第に演技にも慣れて、コスチュームの着こなしにも気合が入るようになります。
生活がかかっているという緊迫感が接客を向上させ、ランカー嬢として大きく稼ぐシングルマザーの女性も珍しくありません。

女性の本能を生かせる

イメクラの中には本当の演技が必要な店舗もありますが、女性の本能を生かせる癒し系のイメクラも少なくありません。
来店した男性客を癒すような接客でホッとさせることもイメクラ嬢に必要なテクニックです。

特に無理をしなくても自分の性格がイメクラ店のコンセプトにマッチしていたら最初から問題なく接客ができてお客さんのウケもいいでしょう。
最近は草食系男子が多く、ちょっと年上の女性に癒されたい男性が少なくありません。
シングルマザーの女性は自分の年齢を気にしているかもしれませんが、全く問題はありません。

母子家庭に配慮したイメクラ

女性 子供イメクラに限りませんが、風俗店は母子家庭に配慮した店舗運営をしています。

お客さんが多い時間帯は夜間なので、その時間帯に合わせた託児所を紹介してくれたり、大手であれば自社運営をしていたりすることもあります。
シングルマザーの女性にとって子供の世話は一番大切ですから、母親として安心できる職場にするためには託児所は不可欠です。
また、給料は日払いですが、多額の現金を持っていると不安だったり、浪費してしまったりする不安がある人には貯金してくれる風俗店もあります。
子供の将来のために貯金をすることもイメクラなら十分可能です。

託児所完備

このようにイメクラは託児所完備がある意味常識と言えます。
託児所がないと女性が集まらず運営ができないためです。
イメクラもコンセプトが多岐多様に渡っており、癒し系のコンセプトのようにあまり若い女性では不都合な場合もあります。
このようなイメクラ店では若い母親が一番適していることが多く、シングルマザーは最優遇で採用したい人材と言えます。

託児所が必要なのは当然でしょう。

給料は日払い

シングルマザーの女性にとって生活費の確保は必須です。
ある程度勤務を続ければお金が貯まるので貯金ができるほどになりますが、最初は日払いの方がありがたいでしょう。
イメクラの給料は日払いで現金支給なので母子家庭で貧困層に陥りかかっていたシングルマザーの母親には救いの神と言えるかもしれません。

先ほど貯金の話をしましたが、自分自身でも貯金をすることで自分と子供の将来を明るくすることができます。
離婚などで心がズタズタにされた母親も少なくないでしょうが、これで将来の展望も開けるのではないでしょうか。

相談にも乗ってくれる

イメクラの男性スタッフはシングルマザーの悩みを聞いてくれます。
風俗嬢にシングルマザーの女性が多いので、イメクラで「ママ友」ができることも少なくありません。

イメクラは託児所だけではなく寮も完備していますから、気の合うママ友の近くに住み、日ごろの悩みを解決し合うこともできます。
母子家庭の母親が下手にコンビニなどで働いたとしても託児所の問題や低賃金のために本当に貧困に陥ります。
イメクラはそんな母子家庭の救世主となってくれるのです。

秘密は守ろう

イメクラで働くことで母子家庭の貧困化を防ぐことができます。

ただ、風俗嬢として働いていることは周囲の人には内緒にすべきことです。
周囲の人が助けてくれないからこうなったじゃないかと言われるかもしれません。
とはいえ、自分の親などにイメクラで働いていることを話してはいけません。
また、イメクラでは写メ日記を付けることを強く勧めますが、お客さん個人が特定されるようなことを書いてはいけません。

イメクラは自分もお客さんも「秘密の時間」です。

子供にも内緒

秘密イメクラなどの風俗店で働いていたことは子供にも内緒にしなければいけません。
聞いたらショックを受けるでしょう。
大きくなって世の中の事情が分かるようになってからも同じことです。

風俗店で働くことは悪くはありませんが、周囲の人の偏見は否定できません。
単なる好奇心で見られることもあるでしょう。
墓場の中まで持って行かなければいけない自分だけの秘密です。
もちろん将来再婚することになっても、新しい旦那さんに言ってはいけません。

目標を持とう

イメクラで働き始めると結構稼げるので、嬉しくなることがあります。
このまま働けるだけ働こうかと思うかもしれません。
それも決して悪くありませんが、もし自分で貯金の目標があったら、それを達成することで一つの区切りとすることも一つの選択肢です。
つまり卒業です。

イメクラで働くシングルマザーの中には貯金の目標を設定したり、子供が小学校に入学するまでと決めていたりする母親が少なくありません。
こうすることでズルズルと働き続けることを自分で防いでいるのです。

引退後は出戻りしない事

また、目標を達成して卒業したら二度とイメクラなどの風俗嬢に戻らない覚悟も必要です。
イメクラで働くことは一時的な事であり、目標を達成したら戻ってくるところではありません。

一度風俗嬢として働くと稼ぐ効率がいいため、ちょっとお金に困るとまた復帰しようかと思いたくなります。
風俗店も経験者は大歓迎でしょう。
しかし、一度出戻りをしてしまうと歯止めが利きません。
イメクラで働くことはノーリスクではなく、親バレや性病感染などのリスクがあります。

引退したら二度と復帰してはいけません。

まとめ

女性が一人で働いて子供と二人で暮らすことは難しいです。
ご存知の通り、日本には保育園が不足しておりシングルマザーの女性には厳しい環境と言えます。

また、一般企業で働こうにも経歴などがなければ雇ってくれません。
しかし、イメクラは未経験者の女性を歓迎します。
お店の指導に従えば、短期間で結構稼げるので、子供との時間も多く取れるでしょう。
母子家庭の不安はこれで解消します。

シングルマザーの女性にイメクラはお勧めです。

風俗バイトで稼ぐ方法

スカウト型求人サイトがおすすめです!
無料登録すれば、希望条件のお店からスカウトメールが届くよ!

高収入バイトを探すならこちら!

Qプリ

ミミロケ

スカウトメールを待とう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする