生活苦でデリヘルを始める理由

日本では貧困や収入の少ない世帯も多いです。
そして、生活苦に陥った方がデリヘルで働くという事は良くあります。
お金で困ったら、最終的にデリヘルで働くしか選択肢が無くなってくるのです。

お金に困ったら、出るヘルで働く事も考えなければいけません。
ただ、出るヘルで働けば、高いお給料がもらえるので、今までの生活状況が一変する事もあります。

日本のお給料から見る女性の生活苦

財布現在の日本は、男女差別も是正されかなり良くなってきていますが、それでも依然として男性と女性のお給料の格差や違いは残ったままです。

実態調査のデータによれば、男性女性別に見た年収の違いは、倍近い開きもあります。
ですので、お給料だけを見れば、女性は男性よりもかなり社会的に稼ぎにくい構造となっています。

離婚をして女手一つで子供を育てると生活苦になる事も

また、お給料面で男女に差があれば、子育てにもそれは影響してきます。

日本では離婚をされる方も増えていますが、そこでシングルマザーが毎年沢山生まれています。
そして、シングルマザーが女手一つで子育てをするとなると、思うようにお金を稼げない事もあり生活苦になってしまう場合もあります。
裁判で相手から慰謝料を沢山もらえればよいですが、相手が確実にそれを払ってくれるとは限りません。
ですので、親権を母親側が取り、慰謝料もろくに貰えない場合は、子育てをする上で経済的に厳しくなってしまいます。

国からの手当てもありますが、それでも生活が厳しいと感じる家庭は多いでしょう。

生活苦や貧困からデリヘルへ

そして、経済的に行き詰った女性が、たどり着く場所がデリヘルです。
現実的に考えた場合、それが一番簡単な方法だったりします。

デリヘル嬢、風俗嬢として働けば、大金を稼げます。
収入が多くなれば、貧困や生活苦の問題はあっという間に解決するでしょう。
貧困を何とかする現実的な選択肢を模索した時に、デリヘルしか方法が残されていないという事もあります。
生活苦でデリヘルを始める理由は仕方なくという方も結構多いものです。

デリヘルで働くといくら位貰う事が出来るのか?生活は激変する?

次にデリヘルで働くといくら位、お給料として貰うことが出来るかという事ですが、一週間に数日も出勤すれば、そこら辺のサラリーマンの月収をたやすく超える事もあります。
一般的なアルバイトは、良くても日給1万円程度ですが、風俗嬢の場合は日給3万円~5万円ほどが相場です。

お客さんの入りにも影響しますが、普通に仕事をこなしていけば、20万円は軽く超えますし、鬼出勤をすれば100万円を超える世界です。
体を張る分、大きな見返りが得られる仕事となっています。
そして、手取りが増えてくれば、買いたいものも買えますし、お金が無くて不安になる事も無くなり、裕福な生活・安定した生活を送れるようになります。
デリヘルで働けば、今までの生活状況が激変する事も珍しくありません。

デリヘルではなく生活保護を受ける方法について

また、生活苦になってしまった時に、デリヘルではなく、生活保護の申請をして受給する方法もあります。
が、生活保護は不正受給にはかなりうるさく、不正受給が発覚してしまうと処罰されてしまいますし、最悪の場合、詐欺罪として捕まる事も考えられます。
申請をしても必ずしもそれが受理されるとは限りませんので、現実的に考えた場合かなり厳しい選択肢です。

また、特に障害もなく、健康な若い人の場合、申請が通りにくくなってきます。
生活保護は最低限の生活を保障してくれる制度で、貧困や生活苦に陥っている人にとっては非常に魅力があるものですが、生活保護の制度を利用するためにはかなり厳しい要件が必要となります。
更に、生活保護を受けると、車を持つことが出来なくなる事もあれば、生活にも制限がかかるので自由も失われてしまいます。

安定して稼げるデリヘルの仕事

お金 電卓デリヘルは風俗業界の中でも比較的安定して稼げる仕事です。
ヘルスは箱ヘルとデリヘルがありますが、最近は箱ヘルの勢いが減退し、デリヘルに人気が集まっています。
都内にはデリヘル嬢を派遣してくれる店舗の数も沢山あります。
一日を通して全く仕事が無い事は少ないので、安定して稼げる風俗業という訳です。

また、店舗型の風俗店は風適法の影響で深夜営業は出来なくなっていますが、デリヘルの場合は24時を過ぎても営業する事が出来ます。
なので、日中は子育てで忙しい方、学業で忙しい学生の方も、夜遅くから働けるというのも魅力です。
自由出勤のお店で働けば、出勤日数や時間を気にしなくても良くなるので、気軽に仕事も出来ます。
「安定」「自由に働ける」というのもデリヘルのメリットですので、風俗業界で仕事を探している方はデリヘルの求人も調べてみてはいかがでしょうか?

生活苦や貧困以外の方がデリヘルを始める理由

ちなみに、デリヘルで働く女性は、生活苦や貧困だけが理由ではありません。
中には「興味本位」でデリヘルで働く方もいますし、もっと贅沢な暮らしがしたい方や、欲しいものを買いたいという理由で働く方もいます。

デリヘルに興味がある方や、ちょっと贅沢をしたいという女性にもデリヘルは良い仕事です。
また、海外旅行や国内旅行に行きたいという時にも、その資金作りの方法にもなります。
海外旅行は何十万円とお金が必要な国もありますが、デリヘルで働けば一か月もあれば簡単にそのお金を作る事が可能です。
お金を直ぐ貯めるのにも、デリヘルはもってこいの仕事となっています。

デリヘルで行う仕事について

デリヘルで働くことで貧困脱出も夢ではありませんが、働く前に、実際どのような仕事を行うのかを知っておきましょう。
はじめに、基本的なデリヘルの仕事の流れについてですが、お店や事務所に出勤する所からはじまります。
そして、事務所で待機(中には自宅待機が可能な所もあります)して、そこからお客さんのもとへと出かけるのです。

お客さんの自宅に行く所もあれば、ホテルやマンションなどで待ち合わせをして、そこでプレイを行う所もあります。
そして、お客さんと挨拶をして、プレイが始まったら、「本番をしない範囲」で性的なサービスを提供します。
キスやフェラ、リップなど色々とサービスをして、最終的に手コキやスマタで男性をフィニッシュさせて終了です。
プレイ時間はおおよそ45分から60分、ロングは90分ほどで、その時間の間ずっと性的なサービスをするのではなく、お客さんといちゃついたり、会話をしたりする時間もあります。

人気が出てくれば更にお給料が跳ね上がる

お金デリヘルの良い所は、大抵完全歩合制でお給料を支払ってくれますので、人気が出てくればお客さんからの本指名も多くなり、更にお給料が跳ね上がります。
普通に働くだけでも日給数万円のお給料がもらえますが、お店のナンバーワン、ナンバー嬢になってくれば、一日で十万円近いお金を稼げたりします。
そうなってくれば、出勤日数も少なくなり、お金に余裕が生まれるだけではなく、時間にも余裕が出てくるようになります。

人気になれるかどうかは女性による所ですが、人気になれば、もう貧困とは全く無縁の生活が送れます。

まとめ

生活苦でデリヘルを始める理由は、仕方なくという方もいます。
お金が無くなってくると「借金をするか」「生活保護を受けるか」「お金を沢山稼げる所で働くか」と、選択肢が限られてきます。

そして、既に借金をしていたり、生活保護を受けることが出来なくなってしまったりしたら、最終的に限られる選択肢はデリヘルなどの風俗嬢しかなくなってくるという訳です。
ただ、デリヘルで働くのが悪い事かと言えばそうではなく、デリヘル嬢として働けば貧困状態も打破できる事もありますし、生活が一変して裕福な生活ができる事もあります。
最終手段としてデリヘルで働くのも良いでしょう。

風俗求人サイトランキング

当サイトがおすすめできる風俗求人サイトをランキングで紹介します。
短期間で高収入で稼ぎたい!でも、たくさん求人サイトがあってどこを使っていいか、わからない。そんなあなたは、是非、参考にして下さい。

第1位 Qプリ

第1位に輝いた風俗求人サイトは「Qプリ」です!

Qプリは女性会員に祝い金1万円面接交通費2,000円を支給してくれる「Qプリ保証」というシステムがあるので、絶対的にお得です!

スカウトオファー機能があるので、無料会員登録をして簡単なプロフィールや希望条件を設定すれば、お店の方からスカウトメールが届きます。
気軽に登録できて、待っているだけでOK!

総合評価 求人掲載数 保証
約2500店 Qプリ保証

Qプリを詳しく知りたい方はこちら

第2位 ミミロケ

SNS感覚で操作がラクラク「ミミロケ」が第2位!

お店とのメッセージがLINE風で操作が簡単です!会員登録も簡単でライトに高収入求人を探したいなら、ミミロケがおすすめ!スカウト機能もあるので、待っているだけでも希望条件にあったお店からオファーが届きます。

総合評価 求人掲載数 保証
約550店

ミミロケを詳しく知りたい方はこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする