手コキ専門店で病気になる可能性がある物は?

手コキ専門店は脱がない舐めない触らせないという3ない業種です。
この業種最大の特徴は性病リスクが少ないことが挙げられます。
多くの女の子は性病に懸念して風俗で働くことを躊躇していますがソフト・サービスなら安心でしょう。
性病感染をした風俗嬢といったら大抵がヘルスやデリヘル、ソープのハード系業種で働いています。
手コキ店はほぼ性病リスクと無縁の業種といえるでしょう。

しかし確実に安全とはいえません、油断してはいけないのです。
手コキ店でも病気にかかるリスクがないわけではありません。
今回は手コキ専門店にまつわる病気について解説します。

おすすめの風俗求人サイト

イチオシはQプリです!
Qプリ保証を使って体験入店すれば祝い金(1万円)・面接交通費(2千円)が確実にもらえる!

無料で簡単に登録ができて、プロフィールに働きたい条件を設定すればお店の方から勝手にオファーが届きます。
ちなみQプリはスカウト型高収入求人サイトでは、ナンバー1です!

Qプリを詳しく知りたい方はこちら

手コキによって感染してしまう病気とは

感染僅かな可能性とはいえ、手コキ店にも性病リスクがあります。
具体的な感染経路をしっかり覚えて正しい性病知識を頭に入れておきましょう。
一見安心に思えるこのソフトサービスでどんな感染経路があるのでしょうか。
・体液や血液が身体に付着する

・手にキズや炎症がある

・体液がキズに接触、もしくは体液が付着した指を舐めてしまう
このような場合に性病感染する可能性があります。
性病リスクは皮膚にキズがあると感染確率がハネあがります。
普段なら大丈夫とおもっていても、手がかぶれていたり、炎症している時は注意しましょう。

もちろん可能性はわずかですが、感染確率は0ではありません。
手コキ店は粘膜接触はないものの、油断をしていると不注意による感染があるので気をつけましょう。

手コキ風俗店で感染リスクの高い性病とは

では感染するとしたらどんな病気でしょうか。

エイズ/HIV

エイズはほぼ手コキ店での感染は無いと思っていいでしょう。
エイズはオーラルセックスによって感染者の血液・膣分泌液が体内にとりこまれることで感染します。
しかし注意しなければいけないのは、料理で手を怪我していたり、手がキズを負っている場合です。

手コキでも自分の指などにキズがあると精液が傷口に侵入することで感染リスクがあがります。
手コキ店で働く以上、手のケアには慎重を期していると思いますが、万が一が許されない大病なので気をつけておきましょう。

梅毒

現在風俗店で猛威を奮っている梅毒ですが、これもエイズと同じように血液や体液の粘膜接触によって感染する病気です。

手コキ店では感染の心配はほぼありません。
ただし、女の子によってはキスやフェラの過激オプションをしている場合があります。
その場合可能性は高くなるので注意しましょう。

クラミジア

手コキ店で感染するとしたらこれが最も可能性が高いです。
なぜならクラミジアは感染力が非常に高い病気だからです。
感染は稀ですが、相手の性器に触れた指で唾液をつけようと舐める際口腔感染してしまうことも考えられます。
もちろん現実的な確率ではありませんが、数ある性病の中でも感染確率の高い性病なので注意しておきましょう。

お客さんへの感染には要注意

注意 マーク女性側には性病リスクがほぼない手コキ店ですが、男性視点だとどうでしょう?
男性は性器を晒してサービスを受けるので、女性よりは性病にかかりやすくなっています。
一番危険なのは女性側がすでに性病の感染者になっているケースです。

お客さんとオーラルセックスはしない手コキ嬢も、普段恋人とすることはあるでしょう。
そこでもし彼氏さんが性病を持っている場合、あなたに感染してしまいます。
それを知らずに手コキ店に訪れたお客さんにサービスをしたらどうなるでしょうか。
口腔内が性病ウイルスに冒されている場合、唾液の分泌液にはヘルペスや梅毒といった性病のウイルスが含まれます。

つまりあなたの唾液が付着した手コキをすることによって尿道からウイルスが入り、お客さんに性病を感染させてしまうのです。
そのお客さんは病気に感染したことを知らず、そのまま恋人に感染させてしまったり、他の風俗店で女の子に感染させることもあるかもしれません。
こうして病気は広がっていきます。
このように、あなた自身が性病を培養してしまうと、お客さん、ひいては他の風俗嬢にも性病を拡散することにつながるのです。

性病の中には潜伏期間が長いものがあり、自覚症状がありません。
手コキ店だから安心だね、と油断していると一生を棒に振る性病になることにつながります。
そうならないために定期的な性病検査を受けておきましょう。

その他気をつけるべき病気とは?

手コキ店が性病リスクが少ないのはわかりました。
ただし病気は性病だけではありません、手コキ店でも別の病気にかかることがあります。
それは心の病気です。

うつ病

手コキ店は若い女性が多く他の業種より明るいイメージがありますが、それでも風俗です。
男性の最も醜い部分と向き合う仕事なので一般アルバイトよりは病みやすい職業といえるでしょう。
うつ病にかかると、周囲にはなかなか理解してもらえない病気のため、甘えてるんじゃないかとか、休みたいだけじゃないかと言われてしまいます。
しかし病人の脳内は何かしようと思っても情報伝達に障害が発生している状態で、誰かのケアがないとまともな日常生活すら遅れない深刻な症状になっているのです。

例えるなら携帯電話をタップしても反応にラグがあったり、起動してもすぐ落ちてしまうような状態です。
ハタからみれば携帯本体は壊れてないようにみえますが、中の伝達状態に問題が生じてるのです。
風俗はもともと鬱になりやすい精神面に難のある女の子が働きます。
その上、派遣型の手コキ店だと24時間営業のお店もあり、夜型の生活になり、気分が落ちやすいのです。

ではうつになってしまった時、どう治したらいいのでしょうか。

しっかり休養をとる

まずはしっかり休養をとりましょう。
女の子によっては、休むと迷惑をかけると思って頑張ろうとしてしまいますが、それでは症状を進行させるだけです。

家族のサポートがあればしっかり休ませてあげることができるのですが、風俗嬢は家族に内緒にしてる女の子が多く、身バレを恐れて頼れなくさせてるのが病状悪化につながってしまいます。
もし頼れる人がいない場合、入院して看護師さんに全てを委ねるのも一つの方法です。
なにもしなくていいリラックスした空間で過ごすことで、次第に気分が楽になってくるはずです。
とにかく心が病んだらまずは頑張らずに休むことを心がけましょう。

薬物治療

薬うつ病はれっきとした病気なので薬による治療も効果的です。
お医者さんから抗うつ薬を処方してもらうと脳の異常を治療できます。
精神科の薬はよくわからないくて不安なイメージがありますが、抗うつ剤は単に神経の伝達物質のバランスを整えてくれるもので、意欲低下を是正し生活に活力を取り戻してくれる効能があります。

どうしてもつらい場合はお医者さんに薬を処方してもらいましょう。

精神療法

精神療法はマイナスに陥りやすい思考パターンをポジティブにもっていく心理的治療です。
うつ病は治療しても再発してしまうことがあるため、思考パターンを根本から変えさせることで再発予防に役立てます。

専門的な知識を持つお医者さんから再発しないための考え方を学び、否定的パターンを柔軟的な思考に持っていく認知行動療法によって心の病を治していきます。

これらの治療法によってうつ病は治療することができます。
うつになる前の状態のほうが回復が早くなります。
私大丈夫、と思っている女の子ほど、一度病んでしまった時回復が困難になります。
気になる症状や「鬱かも」と少しでもおもったら、病院に行ったり薬剤師さんに相談するようにしましょう。

まとめ

いかがでしょうか。

手コキ専門店でかかる可能性のある病気について解説しました。
性病リスクがない手コキ店ですが、ほんのちょっと油断すると厄介な病気にかかってしまいます。
感染確率を0にすることはできませんが、正しい知識と予防策を講じることで、0に近づける事ができます。
手コキ店だからと油断せずに定期的な性病検査を受け、心身ともに健全なサービスを心がけましょう。

風俗求人サイトランキング

当サイトがおすすめできる風俗求人サイトをランキングで紹介します。
短期間で高収入で稼ぎたい!でも、たくさん求人サイトがあってどこを使っていいか、わからない。そんなあなたは、是非、参考にして下さい。

第1位 Qプリ

第1位に輝いた風俗求人サイトは「Qプリ」です!

Qプリは女性会員に祝い金1万円面接交通費2,000円を支給してくれる「Qプリ保証」というシステムがあるので、絶対的にお得です!

スカウトオファー機能があるので、無料会員登録をして簡単なプロフィールや希望条件を設定すれば、お店の方からスカウトメールが届きます。
気軽に登録できて、待っているだけでOK!

総合評価 求人掲載数 保証
約2500店 Qプリ保証

Qプリを詳しく知りたい方はこちら

第2位 ミミロケ

SNS感覚で操作がラクラク「ミミロケ」が第2位!

お店とのメッセージがLINE風で操作が簡単です!会員登録も簡単でライトに高収入求人を探したいなら、ミミロケがおすすめ!スカウト機能もあるので、待っているだけでも希望条件にあったお店からオファーが届きます。

総合評価 求人掲載数 保証
約550店

ミミロケを詳しく知りたい方はこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする