手コキ専門店なら30代でも現役で働ける!

「30代からソフトサービスの風俗店で働けるかな?」
「できれば暮らしていける程度にはお金を稼ぎたいけれど……」
「手コキ専門店は気軽と言うけれど、そもそもどうしてなのかわからない」
「30代だと風俗そのものが厳しいとかないよね?」

30代の女性が風俗で、特にソフトサービスで働きたいと考えたときに思い浮かぶものが手コキ専門店ではないでしょうか?
もちろん知らない人もいると思いますが、ソフトサービス系のオナクラの仲間のような風俗店です。
提供するサービスはハンドジョブのみであることが特徴でしょう。
その分、風俗嬢に負担がかかりません。
さて、本文中では以下の観点から手コキ専門店で30代女性が働くことの是非を見ていきます。

・30代は風俗嬢として現役か
・手コキ専門店の需要
・手コキ専門店は稼げるか
・手コキ専門店と30代との相性

それでは続けて本文を御覧ください。

30代はまだまだ現役!

Ok, Good昨今の風俗業界では30代の風俗嬢も実は珍しくありません。
20代から継続して風俗嬢をしている女性の間では「30代ならまだまだこれから」という意見も珍しくないでしょう。

しかし、勤める風俗店選びを考え始める年齢でもあります。
これからの風俗嬢勤務を悩む時期であるのもまた事実でしょう。
風俗嬢として働く場所はいくらでもありますが、ミスマッチな風俗店で働いてもお金になりません。
30代の風俗嬢で稼げない典型例は20代の風俗嬢と張り合ってしまうことです。

20代の風俗嬢を求めてくるお客さんのニーズには当然合わないのですが、そこに向けてアピールしてしまうと指名を取り逃します。
30代でもまだまだ20代のような見た目の風俗嬢が多いのも事実ですが、それでも若い女性を中心としている風俗店では30代を見る割合は減少します。
それは見た目というよりも接客サービスを含んだ雰囲気によるものでしょう。
20代の見た目だったとしても、20代の頃と同じ接客は続けられないのかもしれません。

一方で、「熟女専門風俗や人妻専門風俗はまだ早いな」という風俗嬢がいることも事実でしょう。
これは、もはや雰囲気の問題であり、仕方がない面もあります。
また、長く風俗業で働いていくのなら、身体への負担も気になってくる頃でしょう。
そんな30代女性にオススメしたいのが、手コキ専門店です。

手コキ専門店はどういう需要があるの?

まずは手コキ専門店とは何かについてのおさらいをしましょう。
手コキ専門店は簡単に言うと、今流行りのソフトサービス系の風俗店になります。
オナニークラブ(オナクラ)にカテゴライズされるでしょう。

バイト並の気軽さでもお金を稼げる風俗サービスであり、本格的な風俗店と比べると風俗嬢にかかる負担はかなり少ないです。
さて、最近の風俗業界におけるトレンドは本格的な性サービスを提供する以外にも、ソフトサービスを中心として提供することも行っています。
いわゆるイメージ通りとも言える風俗店以外にも「オナクラ」や「エステ」と言ったソフトサービス系の風俗店もかなりの割合になってきました。
先述の通り手コキ専門店も、今回はオナクラにカテゴライズしてしまいます。

手コキのみを提供する専門店であり、男性のオナニーを手伝うタイプの風俗店です。
手コキ専門店側としてはリーズナブル低価格もひとつの強みであり、ほどほどの料金で、高回転に設定しているお店も多いです。
そして、高回転に設定するためには、風俗嬢を務めてくれる女の子を増やすしかないのが事実でしょう。
常に風俗店側が女の子を必要としているために面接ではまともに受け答えができることと年齢に合ったきちんとした身なりなら、未経験でも採用される可能性が高い業種です。

一方で風俗経験者が不利になるという噂も聞きますが、基本的には噂の領域を出ないでしょう。
基本的には根拠のない主観であり、特別隠して面接を受けるようなことではありません。
本番行為はもちろんのこと、フェラや素股などもサービスに含まれないため、未経験者だけでなく風俗業に疲れた女性にもオススメでしょう。

手コキ専門店は稼げる!

お金手コキ専門店であっても稼ぐ機会は十分に保証されているでしょう。
現代の風俗業界のトレンドのひとつになっている通り、手コキだけのサービスでも望む男性客は意外なほどに大勢いるのです。
もちろん、一般的にイメージするような風俗店と比べて料金がリーズナブルであることも理由でしょう。
しかし、それだけでは説明ができないほどにソフトサービス系が盛況なのです。

現在の男性には本格的な性サービス以上に手コキを好む客層も多いということでしょう。
つまり、手コキ専門店にはたくさんの需要が存在するということになります。
需要があるということは、すなわち稼ぐチャンスということです。
もちろん、本格的な性サービスを提供する風俗店で働いた場合のお給料と、手コキ専門店で働いた場合のお給料自体は時間あたりの収入で比べると劣ることが多いのは仕方ありません。

手コキ専門店では指名料くらいしかバック料として出来高が加算されないからです。
一般的な風俗店では、お客さんからの指名料以外にもプレイのオプションサービスを選ぶとバック料が発生します。
圧倒的にお給料に反映される料金の加算チャンスが一般の風俗店よりも少ないことが手コキ専門店の特徴でしょう。
仕組み上仕方がありません。

そもそもバック料による加算は気楽さと引き換えの部分があります。
しかし、それでも昼職の仕事よりもお給料の稼ぎが圧倒的に良いのは間違いがないでしょう。
バイト程度なら十二分以上ですし、これで暮らしていくつもりなら多く出勤すればよいだけです。
また、一般的な風俗店の勤務よりも、手コキ専門店勤務が気軽であることは間違いありません。

少なくとも一般的な風俗店勤務よりも女性の身体への負担が少ないです。
結果として、長く続けられます。
負担が少ないとは、例えばセックスやフェラ、素股のプレイがないので感染症になりにくいことなどが挙げられるでしょう。
また、手コキ専門店では女性が生理中でも働くことが可能です。

ほかの仕事との掛け持ちも風俗業の中では比較的簡単であり、この方法で収入を増やすことも不可能ではないでしょう。

手コキ専門店と30代との相性

手コキ専門店では30代・40代でも前線で働いている女性が確かに存在します。
ただし、特別に相性が良いというわけではありません。

年齢を理由に門前払いではないという、一般的な採用基準で見られるということです。
ちなみに、20代で、かつ、素人娘をウリにしている手コキ専門店とは相性が悪いでしょう。
チェック風俗店のHPでチェックしておくようにしましょう。
実際、素人をウリにしているは、風俗嬢の年齢も若いところが多いでしょう。

人妻系の雰囲気には合わないような30代女性には向いているでしょう。
ちなみに、人妻系は同じくソフトサービス系のエステなどに向いています。
どちらにせよ、30代向けの手コキ専門店の求人はきちんと存在する以上は、お店の情報をチェックしていけば条件が合うお店を発見できる可能性は高いでしょう。

まとめ

手コキ専門店にも、30代の女性にも風俗業界において需要が存在しています。
また、手コキ専門店の勤務でも十分に収入を稼ぐことが出来るため、バイトはもとより本職にしても良いでしょう。
30代の風俗嬢にとっては負担が軽い手コキ専門店はオススメの業種の一つとなります。
殊更に30代女性と手コキ専門店の相性が良いわけではありませんが、きちんと求人を探せば条件の良い求人は必ずあります。

ただし、素人娘をウリにしている風俗店は避けるのが無難でしょう。
風俗店のHPのチェックは怠らないようにして下さい。

風俗バイトで稼ぐ方法

スカウト型求人サイトがおすすめです!
無料登録すれば、希望条件のお店からスカウトメールが届くよ!

高収入バイトを探すならこちら!

Qプリ

ミミロケ

スカウトメールを待とう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする