オナクラのバイトで借金返済した女性いますか?デリと迷ってます

風俗業界の中でも、最もソフトなサービスを提供しているということでも有名なオナクラ店。
そのサービス内容はかなりニッチなもので、「男性のお客様が自慰行為を行い、その様子をオナクラ嬢がただじっと見つめる」という内容になっています。

女性 目そうしたサービスに需要があるのかと疑ってしまうかもしれませんが、実はこうした「誰かに見られながら自慰行為をする」ということに性的な興奮を覚えるという男性も少なくはなく、ニッチながらもそうしたユーザーには非常に愛用されているのです。
また、こうしたオナクラ店のようなソフトサービス店には、そのハードルの低さゆえに風俗業界未経験の女性であってもチャレンジしやすいという理由から若くて容姿のいい女性が働いていることが多く、そうしたオナクラ嬢たちにフェラチオなどのオプションを追加して、ヘルス同然の遊び方をされている男性も中にはいるのです。
そうした風俗業界で働いている方達の働く理由は様々で、生活費のためや学費のために働いているという理由もあれば、欲しいものがあるからや、叶えたい夢があるからという理由で働いている方もいます。
その中でも多くなっているのが「借金返済のため」であり、風俗業界で働く人の中には、大きな金額の借金を背負っているような方もかなりおり、そうした返済のために日々、男性に抱かれているという方もよく見かけられます。

もし借金を返済するために働く場合、オナクラ店で返済することはできるのでしょうか。
またそんな女性たちは、どんな理由で借金をするのでしょうか。
今回は、借金返済のためにオナクラ店で働くことを検討している女性に対し、オナクラ店での返済のあれこれについてご紹介します。

おすすめの風俗求人サイト

イチオシはQプリです!
Qプリ保証を使って体験入店すれば祝い金(1万円)・面接交通費(2千円)が確実にもらえる!

無料で簡単に登録ができて、プロフィールに働きたい条件を設定すればお店の方から勝手にオファーが届きます。
ちなみQプリはスカウト型高収入求人サイトでは、ナンバー1です!

Qプリを詳しく知りたい方はこちら

風俗嬢が借金をする経緯や理由って、どんなものがあるの?

前述した通り、風俗業界で働いている風俗嬢の働く理由は様々ですが、その中でも多くなってきているのが「借金返済のため」になります。
普通の生活をしていれば、特に借金をしないといけないということはあまりないように思えますが、中には数百万、数千万円単位の借金を抱えているような方もいるほどなのです。
それでは一体、そんな理由で働く風俗嬢たちは、どういった経緯や理由で借金をして、風俗店で働くことになったのでしょうか。
まず1番多いのは、パチンコなどのギャンブルにはまってしまった、自業自得なパターンです。

ギャンブル依存症という言葉があるほど、ギャンブルにハマってしまう方は少なくはありません。
ギャンブル特にパチンコなどであれば、投資したお金を回収しようとさらに投資を重ね、それでも回収できずに流れてしまった場合は、「あともう少しすれば絶対に当たりを引くことができる」という考えを持ってしまい、消費者金融やヤミ金などに走ってしまうパターンが多くあります。
そこからの利息を払うことができなくなってしまったり、利息ばかりを支払って借金した金額が一切減っていないという状況を認識した時には誰にも相談することができず、結局風俗店で働くことになったという方も少なくはありません。
また特に最近のパチンコ店ではキャッシング機が設置されているようなところもあり、簡単な操作ですぐにお金を引き出すことができるようにもなっているので、利用者はお金を使っている感覚を忘れながら、借金を重ねてしまうということもよくあるそうです。

また、不運なことに会社の倒産などに巻き込まれ、ローンを支払えなくなったり、転職が決まるまでに貯金を食いつぶしてしまい、借金をしてしまったというパターンもよくあるそうです。
さらに、親族や家族の連帯保証人になってしまったということで、急に大きな借金を背負うというケースもよくあり、自分が何かのヘマを打って作ったわけでもない、他人が作った借金を肩代わりさせられるという不運な理由で、風俗店で働くことを決意した方もいます。

オナクラのお給料相場はどれくらい?借金返済はできる?

パチンコなどのギャンブル、急な会社の倒産、親族や知り合いなどが原因で肩代わりさせられる連帯保証人制度など、借金を抱えることになった女性の理由は様々です。
そうした中で、借金返済のためにオナクラ店勤務を選ばれる方も多いかもしれませんが、果たしてオナクラ店勤務でどれくらいのお給料をもらうことができるのでしょうか。
また、借金を返済することはできるのでしょうか。
まずオナクラ店のお給料についてですが、だいたいがお客様を相手にした「回数×3,000円〜5,000円」程度が相場となっております。

まずそもそも、オナクラ店というのはソフトサービスを提供しているお店なので、ソープランドやヘルスのように、お客様がお支払いする金額が高いということはなく、むしろかなり低くなっております。
オナクラ店のお客様の支払い単価の平均は、おおよそ5,000円〜8,000円程度になっておりますので、オナクラ嬢はそこから利益をいただくという内容になっており、そのため基本サービスのみの利用であれば、3,000円〜5,000円程度のお給料しかいただくことができないのです。
ただし、例えば服を脱ぐ、指名をするなどのオプションが追加されれば、その分のインセンティブとして、別途手当を受け取ることができます。
例えばオプションの中でも、手コキのハンドサービスであったり、フェラチオのようなハードサービスのようなオプションに対応することができれば、その分指名される可能性は高くなりますので、利用料金+指名料+フェラチオなどで利用をされれば、1人で1万円以上の稼ぎを得ることも可能です。

しかし、オナクラ店で借金を返済できるかということに関しては、その借金の金額によります。
例えば数十万円程度の借金であれば、頑張れば返済することができるかもしれませんが、それが何百万・何千万と大きな金額になっていくにつれて、オナクラ店での勤務では返済できなくなっていくというところが本音です。
というのも、オナクラ店で働くということは、あくまで「学生やOLの副業アルバイト」感覚であることがほとんどで、このお仕事1本で生活をするということは、単価の低さから言って難しいというのはいうまでもありません。
また、そのお給料でも長く働くことで返済できるのではと考えるかもしれませんが、オナクラ店には容姿のいい若い女性がどんどん集まってきますので、数年スパンで返済しようと思っても、先にオナクラ店での需要がなくなってしまう可能性もあります。

そのため実際に、オナクラ店で大きな借金の返済に成功したという人は、ほとんどいないのです。

もっと早く借金を返済するには、どうしたらいい?

借金を早く返すためのポイントは、2つあります。
1つ目は、やはり単価の高いファッションヘルスやソープランドで働くことです。

バスルームオナクラ店の客単価は5,000円〜8,000円程度とお伝えしましたが、ファッションヘルスやソープランドでは10,000円〜25,000円程度と、一気にグッと上がります。
もちろん、客単価が大きくなればなるほど、お茶嬢になるような日も増えてくるかもしれませんが、それでもそれはニッチなお客様層を相手にしているオナクラであっても同じです。
それであれば、プレイは少しハードになってしまうかもしれませんが、それでもこうしたハードサービス店に切り替えることを検討するのも、いいかもしれません。
また、日々の生活の節約は必須になるでしょう。

食事はもちろん、電気や水道といったライフライン周りが1番節約に影響されますので、自炊をしたり、水を出しっ放し・電気をつけっぱなしにすることがないようにしておきましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか。
オナクラ店で借金を返すことは、非常に難しいと言えます。

オナクラ店はソフトサービス店になるので、その分かなり稼ぎが少なくなり、生活費を含めると、そこまでカバーすることができないからです。
もし多額の借金を背負っているのであれば、ファッションヘルスやソープランドなど、単価の高い風俗店で働くことをおすすめします。

風俗求人サイトランキング

当サイトがおすすめできる風俗求人サイトをランキングで紹介します。
短期間で高収入で稼ぎたい!でも、たくさん求人サイトがあってどこを使っていいか、わからない。そんなあなたは、是非、参考にして下さい。

第1位 Qプリ

第1位に輝いた風俗求人サイトは「Qプリ」です!

Qプリは女性会員に祝い金1万円面接交通費2,000円を支給してくれる「Qプリ保証」というシステムがあるので、絶対的にお得です!

スカウトオファー機能があるので、無料会員登録をして簡単なプロフィールや希望条件を設定すれば、お店の方からスカウトメールが届きます。
気軽に登録できて、待っているだけでOK!

総合評価 求人掲載数 保証
約2500店 Qプリ保証

Qプリを詳しく知りたい方はこちら

第2位 ミミロケ

SNS感覚で操作がラクラク「ミミロケ」が第2位!

お店とのメッセージがLINE風で操作が簡単です!会員登録も簡単でライトに高収入求人を探したいなら、ミミロケがおすすめ!スカウト機能もあるので、待っているだけでも希望条件にあったお店からオファーが届きます。

総合評価 求人掲載数 保証
約550店

ミミロケを詳しく知りたい方はこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする