個室待機のピンサロは少ないけど回転率が高いから気にならない?

風俗業界では、業種によって集団待機が多かったり、個室待機が多かったりします。
ピンサロで働く場合は、面接や体験入店の段階から、ほとんどのお店で集団待機をさせられます。
中には、「個室待機じゃないと嫌」という人もいます。

集団待機をしている際に他の風俗嬢とトラブルになったり、揉め事が起こるのを避けたいという理由からでしょう。
でも、ピンサロは回転率が高いので、集団待機でもさほど気にならないかもしれません。
今回は、個室待機や集団待機のメリットやデメリットを含めて、ピンサロの魅力をお伝えしていければと思います。
集団待機が嫌、という理由だけでピンサロで働くことをあきらめるのはもったいないかもしれません。

気に留めていただけるようであれば、是非、こちらの記事にお目通しくださってから、改めてピンサロで働くことを検討されてみてはいかがでしょうか。

どうしてみんな集団待機を嫌がるの? 集団待機のデメリットとデメリット

女性 待合風俗の集団待機では、風俗嬢同士での口論や揉め事が起こりやすくなります。

例えば、人気のある風俗嬢と人気のない風俗嬢では、指名の声がかかるペースが全然違います。
片や、何度もスタッフさんからプレイ準備をするように声をかけられるのに、もう一方はひたすら待機をしているという状況も珍しくはありません。
集団待機は、他の風俗嬢の指名の入り具合が丸見えになるのです。
そうなると、「何でアイツばっかり!」とか「スタッフがフリーのお客さんをまわしてくれない!」などといった不満の声があがりやすくなります。

それによってさらなる悪循環を招き、待機室の空気はかなり険悪なものになってしまうのです。
仮に、その状態で不人気嬢に指名の声がかかったとしても、苛ついた表情や不機嫌な表情は接客中にもついつい出てしまいます。
それだけでなく、自分の中に抱え込んだストレスを、指名してくれたお客さんに向けてしまう嬢もいます。
そんな風俗嬢の最悪の接客にお客さんは引いてしまい、二度と自分を指名してくれなくなったという例も珍しくないのです。

また、集団待機をしていると「盗難」が起こりやすいのも事実です。
ちょっと席を立ってトイレから戻ってきたら、サイフがなくなっている、というのも日常茶飯事だそうです。
こうした金銭的なトラブルも、盗難に遭った側からすれば大きな精神的ダメージやストレスにつながります。
上記に書いたようなトラブルを回避したくて、集団待機を嫌う風俗嬢たちは少なくないようです。

その一方で、集団待機をすることのメリットもあります。
それは、他の風俗嬢たちと仲良くなるチャンスが生まれやすいという点です。
風俗で働いているということを、知人や家族には内緒にしている女の子が大多数です。
その為、何か嫌なことがあったとしても、誰にも言えないという悩みを抱えている子は少なくありません。

その中で、風俗の悩みを共有するには、同じお店に在籍している女の子が最も身近な存在です。
いったん、仲良くなってしまえば、出勤した際にも心強いですし、色んな話が出来るので待機中の時間も苦痛じゃなくなることもあります。

個室待機のメリットとデメリットは?

個室待機のメリットと言えば、何より「人目を気にしないで済む」というのが一番大きな点でしょう。

集団待機のように、人目が気になって席の譲り合いなどをしながらやり過ごすストレスを感じずに、自分だけの空間で伸び伸びと待機出来るのは嬉しいですよね。
人がごった返している待機所に疲れてしまい、いつもどおりの接客が出来なかった、と悔やむ女の子もいるくらいなので、そういった子には個室待機は理想的な待機方法のように思います。
個室待機の部屋は、インターネットカフェのようにパソコン1台とコンセント、作業机とリクライニングソファーが付いていることが多いようです。
その為、待機時間が長引いても、悠々自適に勉強をしたり、調べものをすることが出来ます。

ノート大学生の子なんかは、大学の課題や論文を待機時間を使って仕上げることもあるそうですよ。
珍しいところでは、個室待機中にエアロビクスをやってリフレッシュしている子もいるという体験談がありました。
お客さんに「待機中なにしてるの?」と訊かれた際のネタにもなるそうです。

個室待機のデメリットは、やはり盗難が少なからず起きるという点です。
個室待機とはいえ、鍵付きの個室を用意している風俗店は少ないのです。
多くが、簡単な衝立てや仕切りで空間を分けて、そこに先ほど記述したような設備が整っているイメージです。

なので、個室だと思い、気を抜いて荷物を放置したままトイレから戻ると、サイフがなかったというトラブルが起こることもあります。
手荷物や貴重品は肌身離さず持ち歩いたり、スタッフさんに預けるなどして徹底管理することをおすすめします。

ピンサロなら、個室待機でも集団待機でも関係ない?

ピンサロは、風俗業界の中でもかなり回転率の高い業種として知られています。

店舗型を採用している風俗店のほとんどが、この集団待機であることが多いですが、ピンサロのようにすぐにお仕事が入る業種であれば集団待機でもさほど気にならないでしょう。
ピンサロの待遇面からみても、嫉妬や派閥は生まれにくいお仕事だと思います。
というのも、ピンサロは時給制のお仕事です。
待機中にも時給は発生しています。

時計時間をやり過ごしている間にもお給料が入っているということです。
なので、一般的なヘルス店やデリヘルのお店と比べて、女の子たちのなかに「お茶を引いたらどうしよう。
今日は、収入ゼロで帰されるかも」という不安がないのです。
なので、集団待機室でもギスギスした空気間はほとんどありませんし、女の子同士でのトラブルというのも他の業種に比べて圧倒的に少ないです。

こうした面からみても、ピンサロでの待機方法は個室待機でも集団待機でもどちらでも良いように思います。
それでも、盗難トラブルに遭うのがいやだ、とどうしても心配なようでしたら、個室待機が出来るお店に入ることをおすすめします。
反対に、和気あいあいと頑張りたいという人は、集団待機型のお店でも全く問題ないでしょう。
いずれにしても、手荷物や貴重品からは目を離さないようにするのが一番良いと思いますよ。

まとめ

いかがでしたでしょうか。
今回は、「個室待機のピンサロは少ないけど回転率が高いから気にならない?」というテーマをもとにまとめてみました。
ピンサロ以外の風俗業種では、待機方法にこだわる理由もわかります。
出勤したかと思えば、女の子たちで待機所が溢れかえっていて、座るところがないという集団待機ならではの悩みがあります。
女の子同士の嫉妬や揉め事に巻き込まれる可能性もあるので、それを回避する為に個室待機を申し出るというのは無理もないでしょう。

しかし、ピンサロの場合は、待機方法にこだわる必要はあまりないでしょう。
ピンサロは、長時間の待機というのがあまりない、回転率のよい業種です。
その為、集団待機であってもすぐに声がかかり、数十分待機したら仕事に入るというのもザラにあります。
また、時給保証がされているので、その日を収入ゼロで終えることもありません。

待遇面でも、女の子たちが精神的に不安定になる要素がほとんどないのがピンサロです。
よほど、個室待機を所望している子以外は、集団待機でもさして変わらないかと思います。

風俗バイトで稼ぐ方法

スカウト型求人サイトがおすすめです!
無料登録すれば、希望条件のお店からスカウトメールが届くよ!

高収入バイトを探すならこちら!

Qプリ

ミミロケ

スカウトメールを待とう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする