オナクラで稼げる年収はいくら?目標金額500万です

何と言っても昼の仕事よりも高い給料を一晩で稼ぐことができるのが、風俗業の魅力です。
オナクラで働く理由は人それぞれですが、オナクラバイトで年収500万円は可能なのでしょうか?

またオナクラで働く理由、風俗バイトを経験した大学生が有利になるという噂についても紹介していきます。

[toc]

おすすめの風俗求人サイト

イチオシはQプリです!
Qプリ保証を使って体験入店すれば祝い金(1万円)・面接交通費(2千円)が確実にもらえる!

無料で簡単に登録ができて、プロフィールに働きたい条件を設定すればお店の方から勝手にオファーが届きます。
ちなみQプリはスカウト型高収入求人サイトでは、ナンバー1です!

Qプリを詳しく知りたい方はこちら

オナクラで年収500万円を目指すことは可能か!?

風俗業は高収入が魅力!

お金男性はなぜか風俗嬢を見ると「エッチなことが好きでたまらないんでしょう?」
といった考えを持っています。
もちろんそういった女性もいるかもしれませんが、それはごく少数派。
リップサービスで「エッチが好きだから」と答える女性はいますが、ほとんどの女性は金銭的な理由から風俗の仕事をしています。

その分差し出すものも大きいのですが(性病のリスクや人に言えない仕事など)、それを補ってもあまりある魅力から、風俗のバイトを始める女性はどんどん増加しているのだそうです。

オナクラで努力すれば年収500万円は可能?

オナクラのバイトで年収500万円を達成することは可能でしょうか。
年収500万円と言えば、月収が約41万円。

出勤日数を20日と考えると、1日辺りの日給は2万円少々といったところでしょうか。
もちろん日によって客入りの増減はあるもので、出勤すれば必ず2万円稼げるという保証はありません。
オナクラの平均的な給料が日給2〜3万5,000円程ですので、頑張れば年収500万円も無理な話ではありません。
お金が必要な理由は個人によって違うでしょうが、決して無謀な夢ではありませんので、計画的にお金を貯めるようにして下さいね。

皆さんがオナクラで働く理由は?

自分がほしいものを買うため

オナクラで働く理由のほとんどはお金ですが、そのお金をどのようなことに遣っているのか、もう少し突っ込んで調べてみました。
オナクラで働く理由として多いのが、「自分の欲しいものを買うため」といった意見でした。

  • 高価なブランドもの
  • 洋服
  • アクセサリー
  • バッグ
  • 家電製品
  • パソコン

などなど、女性は欲しいものや必要なものがたくさんあります。
そういったものを買うためには昼の仕事やアルバイトではとうてい追いつかない、という理由から、オナクラバイトをしているのだそうです。
ただ、注意したいのは金銭感覚の麻痺です。
高収入バイトをしているからと言って散財していては、お金で困る生活しかできません。

学費の捻出

現在の大学生の50%は奨学金によって勉強をしているという話もあります。
進学をしたいけれど家が貧困のため学費が足りず、仕方なく自分でバイトをして学費に充てているという人は多いそうです。
通常のバイトでは勉強との両立が難しいため、短時間で高収入を得られるオナクラバイトに目をつける人も増えていると言われています。

生活費を補うため

一月10万円以下の給料で生活する、いわゆる貧困層は2,000万人を超えると言われています。
平成も29年になるというのに、男女の給料格差は縮まることなく、女性一人が生活していくのは非常に難しいと言われますね。
そういった貧困にあえぐ女性は、昼職以外でオナクラやピンサロなど、夜の仕事をして生活費の足しにしているのだそうです。

個人的には、自分の欲しいもののためのバイトならいざ知らず、学費や生活費などは国の補助があれば良いのに、と思わざるを得ない現実ですね。

他にも離婚を決意した女性が働いているケースもあります。
シングルマザーになるのは簡単ですが、その後の生活を考えた時に風俗の高収入バイトは貯金をするのメリットが多いと言えます。

将来のため

結婚例えば将来はお店を開きたいので開業資金が必要、結婚をしたいのでその費用を貯めたい、といった将来の具体的な目的のためにオナクラバイトをする人もいます。
こういった人たちは大抵、コツコツ堅実にお金を貯めていくので、目標とする金額を達成するとあっさりと風俗から足を洗い、出戻りする人もほとんどいないそうです。

家族を養うため

実家が貧困で困っている、または夫や子供を食べさせるためにオナクラのバイトをしている女性もいます。
何でも女性は男性に比べると、粘り強くて覚悟を決めるとテコでも動かない性格の人が多く、「家族を食べさせなければ」と追いつめられたような状況に陥ると、四の五の言わずに黙々と働く人が多いのだとか。
確かに「女は強い」と言われますが、大切な人たちを食べさせるためならば風俗の仕事でも何でも飛び込んでしまえるのが、強さなのかもしれませんね。

彼を喜ばせるため

結婚していないけれど、彼を養っているという女性もいます。
風俗嬢の恋人はホストや風俗店の男性スタッフなど、やはり同じ業種の人が多いもので、中には「色恋営業」なのに女性が本気になって…という気の毒な人も少なからずいます。
彼が本当に求めているものが、女性なのかお金なのかは分かりませんが、女性は恋人を喜ばせるためせっせとオナクラのバイトを続けているのです。

風俗バイトを経験した大学生は有利になるって本当?

大学生の風俗嬢が増加中

最近は大学生の風俗業が急増しているそうです。
彼女らはどのような理由で風俗の世界に飛び込んでいるのでしょうか。

上記でも紹介したように、奨学金や生活費を補うためにオナクラのバイトをする女性も多いのですが、中には「特に生活には困っていないけれど」「楽して高収入がもらえるから」といった理由で風俗デビューする人もいるのだそうです。

バイト生活で出席日数とにらめっこ…そんな生活からの脱却も?

何でも「風俗バイトを経験した方が、大学生活は有利になる」という噂が彼女たちの間で流れているのだそうです。
確かに生活費を自分で捻出するため、バイトに明け暮れて肝心の勉強をする時間が取れないのであれば本末転倒。

オナクラのバイトならば一晩で昼職数日分のバイト代が稼げますので、確かに時間や金銭面からは自由になれますね。

奨学金返済のためバイトをする女性も

お金大学を卒業して就職しても、奨学金の返済に給料を圧迫される人も少なくありません。
希望の業種に就いて、それなりの給料を頂けるのであれば問題はありませんが、毎日の生活を続けてさらに奨学金の返済をするので、暮らしはかなり厳しいと言えます。

その点風俗のバイトをしていて、ある程度まとまったお金を貯められた人は余裕を持って返済に充てることができますね。
安易に風俗を勧める訳ではありませんが、学生時代に苦労をしたことで後々の生活に余裕が生まれる可能性があるのは、風俗業のメリットと言えそうです。

風俗バイトは社会人経験を積む機会も

風俗業を本職にしていた人が昼職に復帰する時、一番多い業種は看護・介護関係なのだそうです。

確かに究極の接客業とも言われる風俗の仕事ができるのであれば、多少キツい仕事でも難なくこなしていけそうです。
風俗の仕事はまだまだ大っぴらに言える仕事ではありませんが、それでも昔に比べるとずいぶん敷居が低くなりました。
一生風俗業で生きていく事はできませんが、社会人経験を積む上で一度は体験してみることも、良い経験としてその人に残るかもしれませんね。
ただし、仕事は厳しくつらいことも多いですので、安易な気持ちで「ちょっとオナクラのバイトをしに来ました」といった気持ちでは続けられません。

どんな仕事でもそうですが、「本当に自分にできるのか」をよく考えてから入店するようにして下さい。

まとめ

オナクラのバイトで稼げる年収について、年収500万円を稼ぐことは可能か、またオナクラのバイトを始めた動機や大学生の間で流れている、風俗を経験した方が有利になるという噂について紹介しました。
皆さんオナクラのバイトを始める理由としては「お金のため」が第一でしょう。

早く目標に達成できるよう、真面目に仕事をこなしてコツコツと貯金するようにして下さい。
早く目標とする金額を達成できると良いですね。

風俗求人サイトランキング

当サイトがおすすめできる風俗求人サイトをランキングで紹介します。
短期間で高収入で稼ぎたい!でも、たくさん求人サイトがあってどこを使っていいか、わからない。そんなあなたは、是非、参考にして下さい。

第1位 Qプリ

第1位に輝いた風俗求人サイトは「Qプリ」です!

Qプリは女性会員に祝い金1万円面接交通費2,000円を支給してくれる「Qプリ保証」というシステムがあるので、絶対的にお得です!

スカウトオファー機能があるので、無料会員登録をして簡単なプロフィールや希望条件を設定すれば、お店の方からスカウトメールが届きます。
気軽に登録できて、待っているだけでOK!

総合評価 求人掲載数 保証
約2500店 Qプリ保証

Qプリを詳しく知りたい方はこちら

第2位 ミミロケ

SNS感覚で操作がラクラク「ミミロケ」が第2位!

お店とのメッセージがLINE風で操作が簡単です!会員登録も簡単でライトに高収入求人を探したいなら、ミミロケがおすすめ!スカウト機能もあるので、待っているだけでも希望条件にあったお店からオファーが届きます。

総合評価 求人掲載数 保証
約550店

ミミロケを詳しく知りたい方はこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする