何歳以上で人妻専門の風俗店に面接に行く?年齢で不採用はない?

風俗業界は年齢が上がるほど選べるお店の種類が少なくなり稼げる金額も少なくなっていく傾向があります。
そんな中でも比較的年齢が高めの女性でも働けるのか人妻専門店と呼ばれるお店です。
この記事では何歳以上で人妻専門の風俗店の面接に行くのが良いのか、面接で不採用にならないためのポイントをご紹介します。

人妻専門店の風俗は何歳以上で行くべき?

人妻専門店と言うのは風俗店の種類の一個です。
風俗業界で働いている女性であれば既にご存知だと思いますが、人妻専門店だからといって本当に結婚している女性が働いているわけではありません。
風俗業界での「人妻専門店」とは、年齢が高めの女性が在籍しているという意味です。
では具体的に何章になれば人妻専門店の風俗に行くのが良いのでしょうか。

何歳以上で人妻専門の風俗店に面接に行く?年齢で不採用はない?人妻専門店では求人ページの採用基準に「30歳~」と書いているお店が多いので、ひとつの目安としては30歳を超えたら人妻専門店で働くことを検討するのが良いでしょう。
しかし風俗業界は実際の年齢お客さんに確かめられることはほとんどなく、重要なのはお客さんから何歳に見られるかという見た目年齢の方です。
だから30歳だからといって必ずしも人妻専門店に行く必要はなく、普通の風俗で働いていると言う女性もたくさんいます。
基本的に人妻専門店というのは普通の風俗店よりもお給料が低くなってしまいがちなので、もし普通の風俗店で働き続けることが可能であるならばわざわざ人妻専門店に行く必要はありません。

すでに風俗店で働いている女性であれば、「30歳になったから」などの年齢による判断ではなく、「お客さんからの指名が取れなくなってきたから」というような理由で人妻専門店に移籍するのがよいでしょう。
人妻専門店で働くにあたって覚えておいた方が良いこととして、お客さんは必ずしも年齢が高めな女性が好きな人ばかりではないということです。
テレビなどで熟女芸人などが話題になっていますが、実際には年齢が高めの女性を好む男性と言うのはそれほど多くはいません。
人妻専門店に来る男性の中には、20代前半ぐらいの女性だとあまりにも話が合わないから人妻専門店に行くと言う男性もいれば、単純に普通の風俗よりも数千円安いからという理由で人妻専門店を選ぶ男性もいるのです。

つまり人妻専門店であっても結局一番人気を取りやすいのは、若い女性です。
普通のお店では年齢が上の方になってしまっていて指名が取れないと言う女性でも、人妻専門店と言うのは働いている女性の平均年齢が高いため、人気を得る可能性があります。
その効果を狙ってまだ普通の風俗でもそれなりに稼げていると言う女性が、あえて人妻専門店に移籍をしてナンバー入りをするということもあります。
このように何歳以上から人妻専門店で働き始めるのかということについては人それぞれの考え方によって異なります。

まずは今のお店で年齢が高めになって人気がなくなってしまったのでと言うわけで選ぶのがベターでしょう。
また、見た目が30歳以下に見えないようであれば、普通のお店で採用されることが難しくなりますので人妻専門店に面接に行くのがよいでしょう。
なお年齢の上限はお店によって異なります。
最も多いのは30代から40代前半までの女性が働いている人妻専門店です。

だいたい40代中盤を過ぎると採用してもらえるお店はさらに減りますが、それでも採用してくれるお店はあるので諦めずに探しましょう。
都内や大阪、中洲など、風俗店が盛んな地域だと40代中盤を過ぎると採用される可能性はかなり下がってしまいますが、地方に行けば50代60代でも採用してくれるお店はあります。

人妻専門店で採用されるためのポイントは?

30ここでは人妻専門店に応募して、面接に行った時に採用されるためのポイントをご紹介します。

人妻専門店に求められるのは若さや可愛さよりも、年齢を重ねた分しっかりと社会常識がありお客さんに対するサービスを頑張れるかどうかという点です。

年齢

基本的に人妻専門店でも年齢が高くなればなるほど不採用の確率が高まります。
とはいえ応募して面接にまでたどり着けたのであれば年齢だけで不採用になることはありません。

逆に年齢が低すぎる場合他のお店お勧められることもありますので、そのような場合には普通の風俗店で働くようにしましょう。

面接の遅刻は厳禁

まずはお店の面接に行く時絶対に遅刻はしないようにしましょう。
人妻専門店では、若さは求められませんが社会常識は求められます。

遅刻をするとそれだけで面接官に悪印象を与えてしまい、不採用になってしまう可能性が高まります。
風俗業界は時間にルーズなことが多く若い頃は面接も遅刻していたと言う女性もいると思いますが、人妻専門店の面接に行く時には時間を守っていくことが鉄則です。

見た目

見た目は年相応の落ち着いた雰囲気を出すようにしましょう。

風俗店の面接だからといって無理して若作りをしたり、年齢に合わないような若者向けの服を着ていくのは避けましょう。
人妻専門店である以上面接する女性に対して、過度な若さなどを求めているお店はありません。
それよりも重要なことはしっかりと自分のことをわきまえて他人からどう見れるのかということを意識できているのかということです。

礼儀正しさ

人妻専門店に来るお客さんは、若い女の子のノリや無礼な態度が嫌だと言う方もたくさんいます。
風俗嬢もある程度年齢が高いわけですから、礼儀正しくお客さんと接することが出来なくてはいけません。
とはいっても何か特別なスキルが必要なわけではなく、面接官に対してしっかり挨拶をして受け答えをできれば問題ありません。
なお面接の時に店長や面接官に対してタメ口を使うのは絶対にNGです。

風歴について

人妻専門店に面接に行った場合風俗店で勤務してきた履歴を聞かれます。
これについては一切嘘をつく必要がなく未経験であれば素直に未経験だと言いましょう。
また10年以上風俗店で働いていたとしてもマイナスになるようなことではないので、それも素直に言いましょう。

出勤スケジュールについて

チェックリスト普通の風俗店と同じように沢山出勤できるほど採用される確率は高まります。
しかし人妻専門店で働こうと考えている女性の中には、家庭の事情や昼職との掛け持ちなどで出勤スケジュールに制限があるという方も多いと思います。
そのような場合には正直にそのことをお店に話してスケジュールを調整してもらいましょう。

年齢が高くなるほど風俗一本で生活をしていると言う女性は少なくなるため、掛け持ちをしていたり家庭があるからと言ってそれだけで不採用になることはありません。

講習について

風俗店の中にはお仕事に入る前に講習があるお店もたくさんあります。
講習とはお店のスタッフ屋店長などが、どのようなサービスをすればいいのかということを実際に風俗嬢とプレイすることによって教えることです。

優良な風俗店であれば講習員は女性と言うお店もありますが、残念ながら人妻風俗店の場合講習はほとんど男性が行います。
そして、人妻専門店の講習はどのようなプレイをするのか口頭やフリで教えるだけではなく、実際に性的なことをするいわゆるセクハラ講習も存在します。
仕事以外でそのようなことをすることに対して抵抗があると言う女性の場合には、お店の求人ページなどを見て「女性講習員あり」などと書いてあるお店を選びましょう。

まとめ

何歳以上で人妻専門の風俗店の面接に行くのが良いのか、面接で不採用にならないためのポイントをご紹介しました。
人妻風俗店の面接に行く年齢のひとつの目安は30歳以上です。
ただし、重要なのは実年齢よりも見た目年齢なので、若く見えると言う女性は人妻風俗店ではなく普通の風俗店に行きましょう。
面接では若さよりも、しっかりと常識があって働くことができるのかということが重視されますので、しっかりと礼儀正しく面接官に対応するようにしましょう。

風俗バイトで稼ぐ方法

スカウト型求人サイトがおすすめです!
無料登録すれば、希望条件のお店からスカウトメールが届くよ!

高収入バイトを探すならこちら!

Qプリ

ミミロケ

スカウトメールを待とう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする