ピンサロはボーイの監視があるから他の風俗に比べて安全

ピンサロは、よく危険な職業だといわれます。
それは風俗嬢にとってもお客さんにとっても同じことで、なぜかといえばそれは性病による感染のリスクがあるからです。
ピンサロは生でフェラチオをする上に1日のお客さんの数も多いため、性病に感染するリスクが高いという一般論があります。
それは場所によっては残念ながら真です。

もちろんピンサロ店の中にもしっかりとした衛生管理をしているお店もありますが、多くのお店でしっかりとした衛生管理がされていない点は1つの真実になっています。
では、ピンサロはほかの風俗よりもあらゆる状況で危険なのでしょうか。
それは否です。
ある種、ピンサロはほかの風俗よりも安全だといえます。

それはどういうことなのでしょうか。
以下に、ピンサロが安全だという理由についてまとめていきたいと思います。

ピンサロが安全なのはなぜ? どういう意味で安全なの?

質問ピンサロが安全なのは、ボーイの監視があるからです。
つまるところ、ピンサロでは事件が起こったり、本番を強要される可能性が非常に低くなっています。
また、お客さんが怒鳴ったり、傍若無人な態度を取ったりする可能性がとても低くなります。
なので、お客さんとの諍いで精神的にきつくなることは、普通の風俗店よりもずっと少なくなるでしょう。

それもこれも、ピンサロではボーイが見回っているからです。
ピンサロでアルバイトをしたことがない人はどういうことかわからないかもしれません。
そういった人たちのために説明すると、ピンサロはほとんどのお店で仕切りがないのです。
状況はというと、ソファーなどに座ったお客さんに対して、女の子がフェラチオをしているという状況になっています。

かなり暗いので実際ははっきりとは見えませんが、フェラチオをする女性とそのサービスを受ける男性が一列に並んでいるという状況がピンサロの日常です。
ですから、ほかのお客さんやほかの風俗嬢にもフェラをしているところが丸見えになっています。
それが監視の目になり、お客さんが何かしらルール違反をすることは難しいのです。
本番強要もそうですし、サービス外のことやお触り禁止のお店でお触りをすることも当てはまります。

もちろん、監視の目になっているのはほかのお客さんだけではありません。
店内では、アルバイトや雇われたボーイが飲み物を運ぶ傍ら監視の目を光らせています。
万が一お客さんがルール違反を起こした場合は、すぐさま追い出して出入り禁止にできるようにするためです。
責任者も店内にいるため、営業している限りは何かあった場合、すぐに対応できる状況が整っています。

そのため、ピンサロで何かしらトラブルが起きたという話はほとんど聞きません。
もちろん、「ほとんど」ですから、多少はあるものの、個室やお客さんの部屋、ホテルなどで接客するほかの業種に比べれば、ずっとトラブルの件数は少ないでしょう。
デリヘルでは最悪殺人事件、暴行事件にまで発展しているケースがある一方、ピンサロでそんなことはほぼないのです。
つまり、ピンサロで命に関わることがおきる可能性はほぼゼロに近いといっていいでしょう。

そういう意味で、ピンサロは非常に安全なのです。
これは店舗型の風俗店にもいえることですが、ピンサロは前述した通り仕切りがないお店も多いため、そういう点の安全性でいえば、一番高いといえるでしょう。
では、ピンサロが危険だといわれる性病の件ですが、これは果たして本当に危険性が高いのでしょうか。
以下に、ピンサロの危険性についてまとめてみたいと思います。

ピンサロでの危険性について。本当に性病にかかりやすいの?

病気ピンサロに勤める際の「危険性」とは、すなわち性病に関することだということはすでに述べました。
その理由はピンサロの回転率と衛生管理にあり、これは一見、どうしようもないように見えます。

しかしながら、実のところ、ピンサロで性病に感染するというのは俗説でしかないのです。
なぜでしょうか。
それは、ピンサロが行うサービスが基本的にフェラだけだからです。
確かに、喉とペニスで粘膜の接触を行いますが、実際に性器同士をくっつけるデリヘルと比べれば、その感染率はぐっと下がります。

というのも、喉からペニス、あるいはその逆のルートで伝染する性病はそう多くないからです。
逆に、性器から性器に伝染する性病の数は非常に多く、さらにコンドームではなかなか防げない性病も存在します。
では、なぜ実際には感染確率がそれほど高くないにも関わらず、ピンサロ=性病が蔓延しているという俗説が流布されてしまったのでしょうか。
その理由は、ピンサロの衛生管理にあります。

ピンサロはシャワーを設置できないため、ほとんどの場合、オシボリで性器を拭くだけです。
風俗嬢のほうも、「フェラだけだから」と考えてわざわざ消毒をしたり、1回ごとにうがいをしたりはしません。
さらにピンサロは法律的には飲食店として営業しているため、性病に関する届け出を行うことはありません。
そのため、本来は低いはずの感染率がぐんと上昇してしまい、結果としてピンサロ店に性病が蔓延しているという状況になってしまっているのです。

しかしながら、これはお店を変えたり風俗嬢自身の意識を変えることで覆すことが出来ます。
まず、ピンサロ店に勤めるときは衛生管理に気を使っている優良店を選びましょう。
それだけでもだいぶ安全性をぐんとあげることが出来ますが、自分自身が性病に関心を持つことも重要です。
具体的には、フェラチオをしたあとはきちんとうがいをしたり、お客さんのペニスを触るときはきちんと拭いたりすることが重要になります。

そうすればピンサロであっても安全に勤めることが出来ますし、長く稼ぐことができるでしょう。

リスクはあるけれど安全! ピンサロの安全性についてのまとめ

Ok, Goodピンサロは安全です。
それは、風俗嬢の身体的な安全であり、まず命に関わるような事件が起こらないという意味で、です。

風俗の仕事は色々なお客さんが来ますし、客層の悪いお店では暴力を振るわれそうになったという話も少なからず存在します。
しかしながら、ピンサロではそんなことはありません。
なぜなら、常にボーイがしっかりと見張っており、女性の安全とプレイ外の行為に関しては目を光らせているからです。
一方、ピンサロはよく危険だとも言われています。

その理由は性病です。
ピンサロは回転力が高く、主たるプレイが生フェラであるため、性病が蔓延しやすい環境になってしまっています。
実際にピンサロで性病に感染したという声は多く、そのせいでピンサロ=性病という俗説が流布されており、それを信じている人も多いようです。
しかしながら、実際のところ、性病のリスクはお店選びによって大きく軽減することが出来ます。

加えて、女性が口内洗浄や消毒を徹底すれば、さらに危険性を減らすことが出来るのです。
それは女性側にとっても、男性側にとっても同じです。
ピンサロの優良店ではそのあたりを徹底しているので、ピンサロ=性病というのは全くの誤解といってもいいでしょう。
そのため、ピンサロで働くことは、命の危険に晒されないという意味でも、安全なのです。

しかしながら、いくら徹底していても性病に感染してしまうことはあるでしょう。
そんなときは、症状がではじめたら仕事を休むのが重要です。
女性が1人欠けてしまうと営業できないようなピンサロ店は、どちらにしろ辞めたほうが無難でしょう。
お店を選ぶ際も、業界を選ぶ際も、危険性を理解し、安全性を重視して選択していきたいところですね。

風俗求人サイトランキング

当サイトがおすすめできる風俗求人サイトをランキングで紹介します。
短期間で高収入で稼ぎたい!でも、たくさん求人サイトがあってどこを使っていいか、わからない。そんなあなたは、是非、参考にして下さい。

第1位 Qプリ

第1位に輝いた風俗求人サイトは「Qプリ」です!

Qプリは女性会員に祝い金1万円面接交通費2,000円を支給してくれる「Qプリ保証」というシステムがあるので、絶対的にお得です!

スカウトオファー機能があるので、無料会員登録をして簡単なプロフィールや希望条件を設定すれば、お店の方からスカウトメールが届きます。
気軽に登録できて、待っているだけでOK!

総合評価 求人掲載数 保証
約2500店 Qプリ保証

Qプリを詳しく知りたい方はこちら

第2位 ミミロケ

SNS感覚で操作がラクラク「ミミロケ」が第2位!

お店とのメッセージがLINE風で操作が簡単です!会員登録も簡単でライトに高収入求人を探したいなら、ミミロケがおすすめ!スカウト機能もあるので、待っているだけでも希望条件にあったお店からオファーが届きます。

総合評価 求人掲載数 保証
約550店

ミミロケを詳しく知りたい方はこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする