風俗は本当に稼げる仕事?今の時代で年収1,000万円稼げる?

短時間で大金を稼げる風俗ですが、今と昔では事情が少し変わってきました。
昔は女性であれば誰でも風俗で稼げ、今では特定の風俗嬢しか稼げなくなったのです。

風俗で1番稼げるソープに勤めている風俗嬢同士でも年収に差が出てきています。
なぜ差が出来たのでしょうか。

風俗で年収1,000万円以上稼げる?

風俗は本当に稼げる仕事?今の時代で年収1,000万円稼げる?風俗嬢で年収1,000万円以上を稼いでいる人はかなり少なく、ほんの一握りだけです。

風俗嬢になったからといって誰しもが大金を稼げるわけではありません。
ほいほいと簡単に稼げるのであれば、もっと大勢の女性が風俗嬢になるでしょう。
では、年収1,000万円以上を稼ぐための条件とは何なのでしょうか。

レベルの高い容姿

見た目が良い女性であることは絶対条件の1つで、美人や可愛い風俗嬢でなければまず稼げません。
そもそも年収1,000万円以上を達成するためには、超高級か高級のソープに入らなければならず、採用されるにはルックスが良くないと駄目なのです。
仮に運良く入店出来たとしても、お客さんからの指名を貰わなければ稼げません。
フリー客があまり訪れない高級以上のソープでは本指名客が命であり、お客さんがリピーターになるほど気に入ってくれる容姿でないと意味がないのです。

ルックスが良くないと女性は、風俗嬢で年収1,000万円以上は諦めて下さい。

性的サービスの質

性的サービスの質も稼ぐためには必須となる項目で、お客さんを満足させられる技術がないと年収1,000万円はクリア出来ないでしょう。
お客さんが求めている性的サービスとは、恋人とするようなねっとりとした深いディープキスや、舌使いがしっかりとしているフェラなどです。

全身リップも含まれます。
これらは適当になる場合が多く、風俗嬢からしたらなるべくやりたくないサービスなのです。
手を抜きがちとなるので、一生懸命に行うだけでお客さんからの印象は良くなると思われます。
どこを責めたら男性は気持ち良くなるのか、どのような喘ぎ声が受けるのかも研究して下さい。

接客スキル

きちんとした接客スキルを身に付けることも客入りをよくするためには大切なことになります。
最初は必ず元気よく挨拶をし、はきはきとした声で自己紹介をするなど、当たり前のことを身に付けましょう。
明るい挨拶はとても大事で、お客さんだけではなく店員や同僚に対しても行なって下さい。

場を盛り上げたり、ムードを作るための会話スキルも合わせて習得しなければなりません。
稼げる風俗店というのは、キャバ嬢と同じような会話スキルも必要なのです。
会話が苦手な人には難しいと思いますが、それを乗り越えなければ年収1,000万円は稼げないでしょう。

貧困層のための風俗嬢

年収1,000万円を稼ぐという野望を持ち風俗嬢になる女性もいれば、最近は貧困層を受け止める仕事が風俗嬢となっているようです。

大学生やシングルマザーのための風俗

女性大生やシングルマザーが貧困という理由から風俗嬢として働くケースが多く、それに対応するために環境を良くしている風俗店もあります。
シングルマザーが風俗嬢を選ぶ理由は、女性で大金を稼ごうとなると風俗しかないからです。

金女性で大金を稼ごうとなると学歴や資格がなければ良い仕事には就けません。
ましや、子どもがいると選択肢はとても少ないでしょう。
幼稚園や保育園に入園可能であれば問題ありませんが、通園にかかるお金の問題があります。
また、希望人数が多いため落ちてしまう可能性もあるのです。

その点、風俗店はよく考えており、お店で託児所を設けているところがあります。
シングルマザーからしたら有難いですよね。
お金はあまりかからず、無料で開いているお店とあります。
託児所に預けながら、一般的なパートより多く稼げるため風俗嬢を選ぶのでしょう。

女子大生が風俗嬢を選ぶ理由は、シングルマザーと同じくお金ためとなります。
足りない学費や生活費を賄うために風俗嬢として働き稼いでいるのです。
入店祝い金として入店した時に2,3万円くれるお店や、日給保証があるお店もあり、大学生からしたら稼げるアルバイトという認識なのでしょう。
現に、月に何十万円と稼げる風俗嬢に魅力を感じ、大学を辞めて風俗嬢1本で働く女性がいるほど。

あくまでも大学生のうちだけのアルバイトとして捉えた方が身のためです。

稼げるのは20代だけ

シングルマザーも女子大生も稼げるから風俗嬢として働くのです。
どちらも年齢が若いため笑えるくらいに稼げますが、30代になった途端に一気に稼げなくなります。

今の時代、次から次へと風俗嬢が生まれており、需要に対して供給が上回っています。
「稼げるから」という軽い気持ちで身体を売る女性も多く、貧困ではないのに適当な気待ちで風俗で働く人が多いのです。
大半は思っていたよりも稼げずに30代を迎え、更に稼げなくなるという悪循環に陥るでしょう。
どんなに出勤日数を増やしたところで、新たに風俗嬢になった若い女性には勝てません。

地方は稼げない

年収1,000万円以上を稼ぐためにまずは都内に出てきて下さい。
地方だと絶対に稼げません。
地方は土地代や物価の安さからバック自体が低く、デリヘルで月収25万円ほどです。

ピンサロだと月収22万円となり、昼職の手取りより5万円ほど多いくらいとなります。
身体を売る風俗という仕事に就いているにも関わらず、20万円ちょっとしか稼げないのです。
これで年収1,000万円を目指すのは無謀すぎます。
地方での風俗勤めは諦めて下さい。

あまりお客さんがいないのも地方では稼げない理由の1つで、そもそも若者自体あまり地方にいません。
東京や大阪などの大きな都市に出てきており、人の少なさから本指名客もそこまで着かないでしょう。
どうしても地方に住みたい、地方がいいという人には、出稼ぎがおすすめです。
都市にあるお店によっては、忙しい時期に出稼ぎ嬢を募集している可能性があります。

寮や交通費を用意してくれる風俗店ばかりなので働きやすいでしょう。
集中して出稼ぎで稼ぎ、ある程度貯金が貯まったら地方に帰ればいいのです。
自分に合う働き方をして下さい。

年収1,000万円以上を目指すなら都内の高級ソープ

お金本気で年収1,000万円を目指すなら、都内の高級ソープで働くしかありません。
都内の風俗店のバックは全国で1番高いため、風俗嬢として稼ぎたいのであれば都内以外はあり得ません。
高級ソープを選ぶ理由は、風俗の中で最もバックが高く設定されているからです。
120分で4万円以上という破格の待遇で、そこにオプションバックや指名バックが加算されます。

1日で2,3人の相手をするだけで日収10万円以上となり、週に3日以上出勤するだけで年収1,000万円以上は稼げるでしょう。
可能であれば、超高級ソープで働くのもおすすめです。
超高級は高級より更にバックが高く、120分5万円以上という額になります。
かなり高いため、風俗嬢に求められる容姿やサービスのレベルも非常に高いです。

並みの風俗嬢ではまず採用されません。
芸能人と同じレベルのルックスと、かなりレベルの高いサービスと接客スキルが求められるでしょう。
風俗嬢で年収1,000万円以上を稼ぐためには、恵まれた美貌と質の高いサービスがなければ出来ません。
努力をすれば年収1,000万円以上とはいかずとも、年収500万円ほどはいくはずです。

これはOLに比べると遥かに高い額で、女性の年収としては上の方になります。
あまり高望みせず、自分が稼げる範囲で稼げばいいのです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする