メンズエステ店の待機室は個室・集団どっちがいいの?

メンズエステで働く場合、仕事内容やバックもとても大切ですが、待機室が個室待機なのか集団待機なのかもとても大切な要素です。
仕事するためにメンズエステに出勤しているのであって、待機するために出勤するわけではないものの、それなりの時間、もしかしたらお客さんと接しているよりも長い時間を過ごすことになるかもしれない部屋です。

待機室のタイプは個室待機のほうが人気は高いですが、どちらにもメリット・デメリット、向き・不向きがあります。

待機室は大切

メンズエステで働くうえで待機が個室待機なのか集団待機なのかはとても重要な問題です。
メンズエステはソフトサービスのわりにお給料が良いですが、あまり客入りの良い風俗のジャンルとは言い難い部分があります。
とくに、高級店ならばなおさらです。

指名や予約がたくさん取れる風俗嬢であっても予約と予約の間の隙間時間などは待機室で過ごすことになります。
それなりの時間を過ごすことになる待機室はできれば気分良く過ごせる空間であって欲しいものです。

個室待機と集団待機

ソファメンズエステの待機のタイプは個室待機と集団待機が主流です。

個室待機

個室待機は文字通り1人1人個室で待機をすることですが、所謂ワンルームではありません。

イメージとしては広い部屋をパーテンションなどで区切ってあるような部屋です。
ネットカフェに似ています。
周りからの視線を遮ることができますが、音やニオイは筒抜けですし、狭苦しい空間です。

集団待機

集団待機は大部屋に出勤している風俗嬢みんなが集まって過ごします。

出勤している風俗嬢が少なければ広々と過ごすことができますが、逆の場合は少し窮屈な思いをするでしょう。
また、周囲に気を使って過ごさなければなりません。

個室待機のメリット・デメリット

個室待機のほうが集団待機よりも人気がありますがメリット・デメリット、そして向き不向きがあります。

人間関係に悩まない

個室待機最大のメリットとも言える部分です。

同僚の風俗嬢同士の接触はほぼないので、人間関係に悩む必要はありません。
出勤中に接する人間はスタッフとお客さんだけです。

孤独になりやすい

人間関係が希薄になる分、孤独を感じやすい人もいます。

気楽に過ごせる

視線が気にならないので、寝てもいいですし、化粧や着替えもできます。

コンセントが使える

個室待機の場合はコンセントが1人1つ確保できるところが多いです。

集団待機のメリット・デメリット

個室待機に比べると人気が低い集団待機ですが、メリットもあります。
また向いている人にとっては問題なく過ごせるでしょう。

人間関係がある

良くも悪くも集団待機には風俗嬢同士の人間関係が発生します。

心許せる友達を作ることができるかもしれませんが、逆にストレスになることもあります。

雰囲気の悪さが伝染しやすい

集団待機だと1人機嫌の悪い人がいるだけでそれが周囲にも伝染します。
イライラしたりピリピリしたりする雰囲気は待機室全体の雰囲気になってしまいます。

周りに気を使う

集団待機だからといって、待機室にいる風俗嬢全員と仲良くする必要は全くありませんが、それでも周囲に気を使うことは必要です。

話し掛けられたらある程度相手をするべきですし、あまりスペースを使うようなことや見苦しいことなどはできません。

妬み、僻みが発生しやすい

集団待機だと誰に指名や予約が入ったかを隠すことはできません。
人気嬢は妬まれたり僻まれたりしやすいですし、お茶の風俗嬢は周りからバカにされたり軽蔑されたりすることもあるかもしれません。
このようなことは個室待機ならば知らずに済みます。

コンセントが使えないことも

コンセント集団待機の意外な争いの元となるのがコンセントに扱いです。
コンセントの数が充分になく、スマホを充電できるのはお局の風俗嬢のみだったり、知らずに充電してイジメや思わぬトラブルの原因になったりすることがあります。

盗難に注意

個室待機なら安心できるというわけではありませんが、集団待機ではとくに盗難に注意をする必要があります。
風俗嬢の中には手癖の悪い人もいます。

貴重品は持ち歩かない、肌身離さない、目を離さないことを徹底しましょう。

面接や見学の際に確認を

メンズエステの待機室の状態を知るためには面接や見学の際に直接質問をしたり、自分の目で確認したりするようにしましょう。
とくに個室待機にこだわりがある場合は注意が必要です。

風俗求人だけでは分からない

風俗求人でアピールポイントに「個室待機あり」と書いていないお店はほぼ集団待機であると見て間違いありません。

また、「個室待機あり」と書いてあったとしても「あなたが個室待機できる」という保証があるわけではありません。

直接確認を

風俗求人に個室待機があると表記されていても、実際に自分で確認をしましょう。
店舗型のメンズエステだと、人気嬢だけ施術室で待機し、そのほかの風俗嬢は集団待機であることがあります。
また、悪質なお店だと「以前はあったけれど、改装して今はない」「これから改装して個室待機にする予定」などと言われることもあります。

こだわりがなくても確認を

とくに待機室にこだわりがない、興味がないという人であっても待機室は必ず確認をしましょう。
待機室に居心地を求めすぎることはできませんが、あまりにも居心地が悪いと出勤が苦痛になってしまいます。
集団待機ならば雰囲気を必ず確認しましょう。
和気あいあいとした女子会の雰囲気ではなくても、それぞれが相手の迷惑にならない範囲でリラックスして過ごしているような待機室を選びましょう。

メンズエステだとあまりないかもしれませんが、あまりにもタバコのにおいがきついような待機室はお客さんに嫌がられやすいです。

自宅待機という裏ワザ

ワンルームメンズエステの中でも無店舗型で高級店の中には自宅待機が認められているものもあります。
予約や指名が入るまで、自宅で待機ができます。
自宅なので好きに過ごすことができます。

そして、予約や指名があるとドライバーが自宅まで迎えに来てくれるので出勤の手間もかかりません。

自宅待機までは無理でも自由待機ができることも

自宅待機が認められるには店舗と自宅までの距離の兼ね合いもあるので、難しい場合もあります。
しかし、無店舗型のメンズエステの中には自由待機がある程度認められていることが多いです。
お店近くのネットカフェや飲食店など好きな場所で好きなように過ごします。

ただし、自由待機はフリー客を回してもらいにくくなってしまうので、ある程度本指名のお客さんが安定して付くようになってからにしましょう。

メンズエステの待機はどちらにもメリット・デメリットが

メンズエステでは待機室で過ごす時間が長いです。
待機室は大きく分けて個室待機と集団待機があります。

個室待機のほうがプライバシーを守ることができ、人間関係のストレスがないので、人気が高いです。
しかし、音は筒抜けで狭く、防犯上の期待もし過ぎないようにしましょう。
一方の集団待機は良くも悪くも人間関係が発生します。
良好な人間関係を築くに越したことはありませんが、友達を作ることに固執し過ぎないようにしましょう。

程よい距離感で接するのが居心地よく過ごすコツです。
待機室については風俗求人の情報だけを鵜呑みにせずに、自分でしっかりと確認しましょう。
個室待機をアピールしているお店であっても事実上の集団待機なメンズエステもあります。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする