メンズエステにアトピー肌のお客が来店された時の対応

メンズエステにはさまざまなお客さんが訪れます。
対応に困るお客さんの1つにアトピー肌があります。
酷いアトピー肌はガサガサですし、出血していることもあります。

このようなアトピー肌のお客さんにはどう対応するのが正しいのでしょうか?

おすすめの風俗求人サイト

イチオシはQプリです!
Qプリ保証を使って体験入店すれば祝い金(1万円)・面接交通費(2千円)が確実にもらえる!

無料で簡単に登録ができて、プロフィールに働きたい条件を設定すればお店の方から勝手にオファーが届きます。
ちなみQプリはスカウト型高収入求人サイトでは、ナンバー1です!

Qプリを詳しく知りたい方はこちら

アトピー自体は感染しないけれど

アトピー肌はガサガサであまり接していて気持ちの良いものではありませんが、アトピー自体は触っても、キスをしても移るものではありません。
アトピーのお客さんも好きでアトピーであるわけではなく、コンプレックスに思っていることも多いです。
生活習慣だけでなく、精神的なもので悪化してしまうことも多いです。

あまり嫌ったりするのは良くありません。

出血しているならば要注意

血液アトピー自体は触ったからと言ってうつるわけでありませんが、かきむしって出血しているのならば話はかわります。
血はさまざまな病気を媒介します。
アトピー患者が出血しまま風俗店で遊んでいるのならば他の風俗嬢から病気を貰っている可能性が高いです。

出血しているのならば自分の手が怪我をしているときに触ったり、粘膜での接触は避けたりしましょう。

アトピーではない場合も

お客さんの肌がガサガサしている理由が全てアトピーであるとは限りません。
別の皮膚病だったり、梅毒が原因だったりすることもあります。
アトピーは感染しませんが、皮膚病や梅毒は感染することもあるので、油断し過ぎないようにしましょう。

面接では教えてくれません

メンズエステの面接の場で「アトピーのお客さんも良く来ますが大丈夫ですか?」などと聞かれることはまずないでしょう。
なので、働き始めてからアトピーのお客さんに遭遇して戸惑ってしまうことも少なくありません。

メンズエステの仕事は楽ではないということをあらかじめ知っておきましょう。
逆に、面接の場で「アトピーのお客さんが来たらどのようなサービスをしたらいいですか?」

「出血している肌はNGにすることが認められていますか?」などと質問しましょう。
出血を理由にNGをして良いという言質が取れたのならば働きやすくなります。

アトピーを理由にNGにできる?

メンズエステで働いていて、アトピー肌のお客さんが来た時にアトピーを理由にNGにしていい行為もあります。

洗体を拒むならばサービスは無理

シャワーヘッドメンズエステではサービスの前に必ず洗体があります。
これがしみたり肌が痛んで無理だというお客さんはNG客にしてしまって大丈夫です。
プレイ前の洗体はメンズエステで遊ぶ前の大切なルールです。
お店側も納得してくれます。

とはいえ、軽度のアトピーシャワーの勢いを弱くしたり、温度を高くし過ぎなかったり、低刺激性の石鹸を使うなどの配慮をしてあげると喜ばれるでしょう。

ハンドサービスは問題なし

自分の手に傷が無い状態ならばハンドサービスをするのは特に問題はありません。
オイルが刺激となっていないか時々確認をする心遣いがあるといいでしょう。
肌に優しいアロマやオイルを選んであげるのもおすすめです。

アトピーの治療の一環としてエステやマッサージを期待しているお客さんもいます。

全身リップは要注意

オプションで全身リップを望んで来る場合は要注意です。
出血しているのならば出血を理由に断ることができます。
出血していなくても、アトピーの症状が出ている部分は避けましょう。

指摘されたのならば、肌荒れ部分はダメですよーと軽く流しましょう。

出血している場所は触らない

出血がある場所は極力触らないようにしましょう。
出血が酷いならばサービス自体が無理です。
傷口があるとオイルが使えないと言って断りましょう。

大抵のメンズエステは出血などの皮膚トラブルがある場合は施術ができませんという規約があるはずです。

良心的なお客さんには丁寧に

アトピー肌のお客さんといっても、様々なお客さんがいます。
アトピー肌であっても優しく紳士なお客さんには出来る限り丁寧な接客を心がけましょう。
とても良いお客さんとして長い付き合いができるかもしれません。

アトピー肌を嫌がる風俗店や風俗嬢は多いです。
私生活でも女性受けは悪いでしょう。
そんな中で自分を受け入れてくれる数少ない風俗嬢はとても大切な存在と捉えてくれるでしょう。
肌を労わるようなエステを施したり、肌の変化に目ざとく気が付き「調子が良くなってきましたね」や「疲れているんですか?

今日は気持ちよくなっていってくださいね」や「肌の調子が良くなった××できますね」などと声をかけたりするのがおすすめです。
「妹がアトピー肌で」などと打ち明けると会話の糸口になるかもしれません。

高圧的なお客さんはNGに

アトピー肌だからといって卑屈になる必要はありませんが、妙に高圧的なお客さんというのもいただけません。
たしかにアトピー肌であることはそのお客さんのせいではありませんが、だからといって風俗嬢が我慢しなければならない理由にはなりません。

自分は客だから、お金を払ったのだからと出血までしている肌にも関わらずサービスを求めてきます。
しかし、メンズエステのお給料は出血している肌に触ることや病気の感染リスクにさらされるのを我慢する分は含まれていません。
むしろ、メンズエステで働くメリットは病気感染のリスクが低いことです。
風俗嬢だからといって全てを我慢する必要はありません。

「出血しているお客さんは無理です」の一点張りでNG客にしましょう。
無理してサービスをして気に入られても自分が辛いだけです。

やんわりと地雷接客もアリ

爆弾酷いアトピー客だけれど、すでに服を脱いでしまってサービスを無いわけにはいかない場合は、「肌が荒れているようですが沁みませんか?」

「肌が荒れているようなのでソフトな施術にしますね」などと気遣うそぶりをしながら、やんわりと地雷接客をするのも手段の1つです。
ここでポイントはあくまで気遣うそぶりを見せることです。
もっとしっかりとサービスをしてと言われても「でも痛そうですよ」「ここに傷がありますよ」とのらりくらり交わしましょう。
丁寧に接することでクレームを防げます。

とはいえ、お客さんの満足度は低いので、リピートされる心配もありません。

アトピー肌に嫌悪感があり過ぎるならばメンズエステは無理

アトピー肌は出血があるのならば注意が必要ですが、そうでなければ基本的に普通にサービスをしましょう。
アトピー肌のお客さんは嫌い、見るだけでも嫌悪感があるという場合はハッキリ言ってメンズエステを始め、風俗で働くのに向いていません。
アトピーのお客さんはとても多いです。

それを一々NG客にしていては稼ぐことができません。
ガールズバーやキャバクラなど肌の接触がない仕事か普通の昼職で稼ぐことを検討しましょう。

アトピー肌のお客さんは出来る範囲で出来ることを

メンズエステにはさまざまなお客さんがきます。

アトピー肌も珍しいことではありません。
アトピー自体は感染する類の病気ではありませんが、出血している場合は出来る限り接触をしないようにしましょう。
ハンドサービスだけならばとくに問題はありませんが、全身リップはNGにしたほうが良いでしょう。
お客さんも好きでアトピーになったわけではありませんし、コンプレックスに思っている人もとても多いです。

好感の持てるお客さんならば出来る範囲で出来ることをサービスすることで長く良い関係を作ることができるでしょう。
なんでもかんでも我慢したり受け入れたりする必要はありませんが、アトピー肌に極度の嫌悪感を持つならばメンズエステをはじめ、風俗の仕事に向いているとは言えません。

おすすめ風俗求人サイト

当サイトがおすすめできる風俗求人サイトを紹介します。
短期間で高収入で稼ぎたい!でも、たくさん求人サイトがあってどこを使っていいか、わからない。そんなあなたは、是非、参考にして下さい。

Qプリ

おすすめ№1に輝いた風俗求人サイトは「Qプリ」です!

Qプリは女性会員に祝い金1万円面接交通費2,000円を支給してくれる「Qプリ保証」というシステムがあるので、絶対的にお得です!

スカウトオファー機能があるので、無料会員登録をして簡単なプロフィールや希望条件を設定すれば、お店の方からスカウトメールが届きます。
気軽に登録できて、待っているだけでOK!

総合評価 求人掲載数 保証
約2500店 Qプリ保証

Qプリを詳しく知りたい方はこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする