風俗嬢の業種別月給ランキング!今一番稼げる業種は?

風俗は職種別に分けると様々な種類があり、職種により月収はだいぶ変わってきます。
OLのとは比べ物にならない給料になる仕事もあれば、2倍くらいの額になる仕事まで色々です。
1番稼げる風俗は何なのでしょうか。

業種別の月収平均

ソープ

風俗の中でも1番稼げる仕事はソープです。
あまり風俗業界を知らない人でもソープという名前だけは聞いたことがあると思います。

ソープが稼げる理由は、風俗の中でも1番ハードな仕事内容だからです。
唯一本番行為が可能な風俗店で、風俗嬢との本番を目当てに訪れるお客さんは多く、高級店や格安などのお店を選んで利用します。

Hans / Pixabay

S着店もあればNSを売りにしているお店も存在するため、性病に感染するリスクが他の風俗と比べて高いです。
だからこそバックが高いのでしょう。

高級ソープがソープで最も稼げるところで、多くの指名さえ貰えれば年収1,000万円は軽く超えます。
そんな高級の月収は180万円とかなり高いです。
ただ、全員が全員それだけ稼げるわけではありません。
出勤をしても1度も指名を貰えずにお茶になる風俗嬢もいます。

お客さんが満足する容姿とサービスを兼ね備えてなければ高級ソープではやっていけないのです。
中級ソープの月収は130万円となり、高級ソープとは差がありますが、それでも他の風俗と比べるとかなり稼げます。
高級に比べると完全ゴム着店の割合が多いため働きやすいでしょう。
また、フリー客もそこそこ訪れるので稼ぎやすいと思います。

大衆ソープになると月収100万円で、高級と中級に比べるとだいぶ差が出てきます。
他2つに比べると1本の単価が下がるので、多くのお客さんを相手にしないと稼げません。
1本の時間が短いので回転率の早さで勝負をしましょう。
フリー客が多いため本指名客に繋げるチャンスが多いです。

ヘルス

ヘルスにはファッションヘルス、デリヘル、ホテヘルの3種類が存在し、ファッションヘルスを1つに、デリヘルとホテヘルを合わせて紹介します。
ファッションヘルスの月収は60万円です。
店舗型の経営となり、営業時間が決められているので売り上げはそこまで伸びません。

決められた時間でどれだけ客入れが出来るかが勝負となります。
デリヘルとホテヘルの月収は80万円と、ファッションヘルスに比べると20万円も高いです。
デリヘルもホテヘルも無店舗型のお店となり、24時間経営が可能なことが理由となります。
いつでもお客さんからの指名を受けられるため給料が高いのです。

イメクラ

イメクラの月収は70万円です。
イメクラはヘルスと仕事内容はあまり変わらないためそこまで給料に差がないのでしょう。

SMクラブ

他の風俗に比べるとかなり特殊な風俗店で、S嬢とM嬢とでは少しバックが違います。
お客さんを責める知識と技術が求められるS嬢の方が2,3千円ほどバックは高く、M嬢はお客さんから責められるだけとなるのでバックが少し低いです。
通常のバックに各種オプションバックがプラスされるので、意外と稼げるでしょう。
月収は95万円となり、ソープに次ぐ高さとなります。

稼ぐためには知識と技術が求められますが、人気S嬢となれば独立して働く選択もあるのでおすすめです。

エステ系

表彰台いわゆる性感エステや回春エステを指し、ソフトサービスだけを売りとしている風俗店になります。
手コキやフェラで抜くだけで、そこにプラスして簡単なマッサージ技術が求められる仕事です。

月収は50万円となります。

ピンサロ

おそらくハードサービスで1番有名な風俗でしょう。
10分から15分という短い時間で抜くだけの仕事で、手コキやフェラさえ出来ればあとは何も必要ありません。

質よりとにかく量が求められる仕事で、1日で多くのお客さんを相手すればするほど稼げます。
月収50万円です。
ピンサロの特徴は、指名バックと時給で稼げることになります。
時給が発生するため待機だとしても給料が貰えるシステムなのです。

出勤さえすれば日給が保証されていると見ていいでしょう。

オナクラ

オナクラは、基本的にお客さんがオナニーをしている姿を見守るだけの仕事なるので、他の風俗に比べるとかなり月収は低いです。
稼ぎは少ない反面、仕事内容はそこまで辛くないため楽でしょう。

お客さんのオナニーを見守るか、裸や胸を見せるくらいです。
お客さんに触られたり舐められたりすることはありません。
月収30万円となります。

セクシーキャバクラ

セクキャバはキャバクラの風俗版のようなお店で、お客さんに胸を見せたり触らせたりする仕事です。
キャバクラに少しお色気要素を足しただけとなるため、風俗の中で最も身体的負担が少ない仕事でしょう。
お店によってキスはありますが、男性器に触るプレイはありません。
月収は45万円になります。

ソフトサービス店について

ソフトサービス店に分類されるエステやオナクラ、ピンサロなセクキャバを見ると月収は低いです。
どの仕事も100万円以下で、30万円から50万円しか貰えません。
風俗嬢1本で稼いでいこうと言う風俗嬢には向いておらず、掛け持ちでお小遣い程度に、という人であれば向いていると思います。

現に、掛け持ちで風俗嬢をしている女性は多く、昼職が終わった後に風俗嬢としても働くような人は多いそうです。
ソフトサービスは給料が少ない反面、お客さんに提供する性的サービスはかなり軽いです。
手コキやフェラで抜いたり、裸を見せる程度で本番に近い行為は絶対にありません。
手軽に出来るので、風俗業界初心者に向いているでしょう。

風俗嬢として働いてみたいけど初めてだから不安、技術や接客を学ぶために経験を積みたいなど、風俗嬢の経験が浅い人はまずソフトサービス店から初めてみて下さい。
セクキャバは他のソフトサービス店とまた違い、セクキャバ独特の特殊さがあります。
あらゆる風俗の中で最もサービスが軽いところがセクキャバで、あまり風俗とは思えない仕事内容です。
露出が多い衣装を着用し、お客さんと1対1でお酒を飲みながら会話をすることが仕事で、胸を見せたり触らせたりします。

男性器には触れないためかなり楽でしょう。
見た目が良い女性であればセクキャバはおすすめです。

ハードサービス店について

ハードサービス店に分類される風俗は、ヘルスやソープになります。

ヘルスは本番に近い行為をしなければならず、素股があるようです。
オプションによってはアナル責めやシックスナインがあります。
ハードなサービスを提供しなければならないため、月収50万円以上は稼げるのです。
ソープは風俗の中で1番ハードなサービスが売りで、必ず本番行為をしなければなりません。

マッサージソープ以外の風俗店は挿入が禁止されていますが、ソープだけは法律に引っかからないため挿入が可能なのです。
そのため、他のどのような風俗と比べて最もバックが高く、月収で100万円以上稼げるのでしょう。
ハードサービス店で働くにあたり言いたいことは、大金を稼げる分仕事が大変だと言うこと。
月収が高いということはそれなりの理由があるのです。

これは昼職でも同じで、給料が高い仕事というのは高度な内容でありながら大量の仕事もしなければなりません。
多くのお金を稼ぐためにハードサービス店で働くのか、それなりの額だけでいいからソフトサービス店で働くのは、よく考えてから決めて下さい。
軽い気持ちで風俗嬢になり後悔しないようにしましょう。
体験入店で色々なお店を試してみてもいいと思います。

風俗求人サイトランキング

当サイトがおすすめできる風俗求人サイトをランキングで紹介します。
短期間で高収入で稼ぎたい!でも、たくさん求人サイトがあってどこを使っていいか、わからない。そんなあなたは、是非、参考にして下さい。

第1位 Qプリ

第1位に輝いた風俗求人サイトは「Qプリ」です!

Qプリは女性会員に祝い金1万円面接交通費2,000円を支給してくれる「Qプリ保証」というシステムがあるので、絶対的にお得です!

スカウトオファー機能があるので、無料会員登録をして簡単なプロフィールや希望条件を設定すれば、お店の方からスカウトメールが届きます。
気軽に登録できて、待っているだけでOK!

総合評価 求人掲載数 保証
約2500店 Qプリ保証

Qプリを詳しく知りたい方はこちら

第2位 ミミロケ

SNS感覚で操作がラクラク「ミミロケ」が第2位!

お店とのメッセージがLINE風で操作が簡単です!会員登録も簡単でライトに高収入求人を探したいなら、ミミロケがおすすめ!スカウト機能もあるので、待っているだけでも希望条件にあったお店からオファーが届きます。

総合評価 求人掲載数 保証
約550店

ミミロケを詳しく知りたい方はこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする