ピンサロの研修ってどんな事する?研修が無いお店もある?

ピンサロに再びブームが訪れていると言われています。
西東京や神奈川を発祥とするフラ系やなナック系と呼ばれる平成系ピンサロは、いまどきの女の子を多く囲い込むことにより、多くの男性客の支持を得るように成って来ました。

他方、働く女の子にもピンサロの仕事は魅力的と成っています。
なぜなら、ピンサロの給料システムは時給制だからです。
このため「風俗の仕事を始めようと思っているけど、お客さんが全然つかなかったらどうしよう…」と迷ったり、不安に思ったりしている女の子が、ピンサロという業種を選ぶ傾向にあります。
しかしピンサロのお仕事とは一体、どういうものでしょうか。

本記事では、入店して初めに直面する研修を中心に考えてみたいと思います。

おすすめの風俗求人サイト

イチオシはQプリです!
Qプリ保証を使って体験入店すれば祝い金(1万円)・面接交通費(2千円)が確実にもらえる!

無料で簡単に登録ができて、プロフィールに働きたい条件を設定すればお店の方から勝手にオファーが届きます。
ちなみQプリはスカウト型高収入求人サイトでは、ナンバー1です!

Qプリを詳しく知りたい方はこちら

ピンサロ店は概して、女の子に優しい。

Pink一般的に言って、風俗店と風俗嬢との関係は雇用関係ではありません。
風俗店が(性のお仕事の)プロとしての風俗嬢に業務を委託する関係に成っています。
このため、風俗店は風俗嬢を社員のようにして育てる義務は無く、風俗嬢もそういったプログラムに参加する義務がありません。

しかしそれは当然、建前(たてまえ)の話です。
風俗嬢の中には、ずぶの素人も居るので、お店のほうがイチから教えなければ話にならない場合も少なくありません。
だから、研修の必要性が認められるのです。
しかし、研修と聞いて怖がらないように先に言ってしまいますが、デリヘルなども含め、ほとんどの風俗店は女の子に対して優しいです。

むしろ男性客に対して厳しいくらいです。
この傾向は、ソープランドでも格安店なんかに成ると顕著に成ります。
風俗で男性客にペコペコするのは、あくまで1時間3万円近くする中級店以上でしょう。
それ以外は、女の子ありきで経営が成り立っているところがあります。

ピンサロなどは典型的な格安風俗なので、女の子に優しいことが多いです。
特に平成系ピンサロのような学園アイドル系のお店では、女の子をお姫様のように扱ってもおかしくないのです。

研修。

でも、お姫様だからと言って甘やかしてばかりでいることはできません。
最低限の接客態度を身につけてもらわなければビジネスに成らないからです。

正にそのために行われるのが研修に当たります。
もちろん、研修で実際の男性客を相手にすることはありません。
ピンサロのような格安風俗の場合、店長や男性スタッフが相手に成ることになります。
ではそこで実際にどのようなことをするのでしょうか。

それを知るためにまず、ピンサロでの接客の流れを見てみましょう。

ピンサロのお仕事。

ピンサロでは、出勤時カウンターで鍵をもらい更衣室に行ってお店のコンセプトにあった服に着替え、多くの場合集団待機室で男性スタッフから声が掛かるのを待つことに成ります。
「〇×さん。3番ブースへお願いします!」などとコールされたらお仕事の始まりです。

接客時間は短い。

砂時計これは格安風俗としてのピンサロの特徴でもあるのですが、接客時間は非常に短く30分が普通です。
ただ、ソープランドやデリヘルと違って男性客がシャワーを浴びるような時間は無いので、初めから終わりまでお客さんにつきっきり成ります。

初めは挨拶から。

男性客のブースで面会を果たしたら、軽い会話をします。
これは長すぎてもいけませんし、全く無いのも機械的で嫌われます。

ピンサロは表向き水商売なのでドリンクのオーダーなど尋ねても良いかも知れません。

プレイ開始。

ダラダラした会話は禁物ですし「時間稼ぎ」みたいな印象を男性客に与えたら最悪です。
お互いの少しでも打ち解けたなら、すぐにプレイに入るのが筋でしょう。
ピンサロでのプレイは基本的に男性客任せでオーケーです。

ピンサロ嬢としては、男性客の膝にまたがり、キスをしたあと、後は男性客のしたいように自分のカラダを触らせてあげれば良いと言えます。
男性客に許されているのは、キス、ディープキス、おっぱいタッチ、お尻タッチ、乳首舐め、手マン、指入れ、クンニリングスなどだと言われています。
この辺の境界線は、お店によってかなり違ってくるので、面接時などに店長さんに確認しておくのが賢明でしょう。

フェラチオでフィニッシュ。

しかし、フィニッシュだけはピンサロ嬢主導で行わなければなりません。

男性客はこれを目的に来ていると言っても過言ではないので、ここで失敗は許されません。
ただ、精液を飲み込む、いわゆる「ごっくん」をする必要は無いのでティッシュなりおしぼりなりに吐き出して結構です。

何を研修するのか?

以上のピンサロ嬢のお仕事のうち何を研修で学ぶのでしょうか。
ひとつは、お店の運営に沿って行動できるように、ピンサロ店のシステムを学習しておく必要があります。

例えば、出勤時はカウンターで鍵をもらうだとか、待機室でも自分のコールには直ぐに反応できるように用意しておくだとか、そういったことです。
システムを分かってもらわなければ戦力と成らないので、これをまず研修で新人ピンサロ嬢さんに学んでもらう必要があります。
大きなグループ会社に成ると、この一点目の研修、要はシステムの理解に関してはDVDを使った座学で済ませているとこともあるようです。
そうなると気に成るのは二点目です。

特に上に述べたピンサロ嬢のお仕事の流れでは、男性客に対する接客、会話、フェラチオを含めた性的サービスは実演によってしか学ぶことができません。
男性スタッフや店長が出て来て実演講習の様相を呈して来るのは、この段階からです。
その講習の内容としては、一種のロールプレイが行われると考えれば良いでしょう。
つまり実際にブースに男性スタッフを座らせ、新人ピンサロ嬢さんに接客をシミレーションしてもらう、ということです。

「え!フェラまでするの!?」というのが、ここでの女の子側の反応でしょう。
特に風俗経験者でない場合、その可能性は大いにあります。
他方、処女でもなければ実践に任せて男性客の反応を見るという手段もあります。

実演講習の程度。

果たして男性スタッフあるいは店長と、新人風俗嬢の間で行われる実演講習はどの程度まで行くのでしょうか。
結論から述べれば、それは相手役の男性スタッフや店長をヌク(射精させる)ところまでは行きません。
あくまで行為としてのフェラチオを実演するだけです。
二、三点確認しておきましょう。

ヌクのを要求するのはセクハラである。

フェラチオはあくまで業務の一環ですし、正直に言ってしまえば届け出上水商売であるピンサロにはあってはならない部分でもあります。
なので、フェラの実技をしろと言われたら、あくまでカタチだけだということをよく覚えておいてください。
もしヌクのを要求されたら、それはセクハラ講習に成ります。
本番講習に至っては問題外です。

コンドームの着用を求めるのも正当なこと。

コンドーム男性スタッフのペニスを生でくわえるなんて無理だという場合、講習でコンドームの着用を求めるのも正当だと言えます。
なぜ客にできてスタッフにできないのかと言えば、それはやはり出勤のたびに顔を合わせる内部の人間だからと答えれば良いでしょう。

まとめ。

いかがだったでしょうか。
「ピンサロの研修ってどんな事する?研修が無いお店もある?」というお題で記事を書かせて頂きました。
悪い予感というか、要は実演講習なるものは、ピンサロの研修でも避けられないでしょう。
しかし、だからと言って、何から何まで実技で示さなければならないというわけではありません。

セクハラに該当する行為は毅然(きぜん)として断ることにしてください。

風俗求人サイトランキング

当サイトがおすすめできる風俗求人サイトをランキングで紹介します。
短期間で高収入で稼ぎたい!でも、たくさん求人サイトがあってどこを使っていいか、わからない。そんなあなたは、是非、参考にして下さい。

第1位 Qプリ

第1位に輝いた風俗求人サイトは「Qプリ」です!

Qプリは女性会員に祝い金1万円面接交通費2,000円を支給してくれる「Qプリ保証」というシステムがあるので、絶対的にお得です!

スカウトオファー機能があるので、無料会員登録をして簡単なプロフィールや希望条件を設定すれば、お店の方からスカウトメールが届きます。
気軽に登録できて、待っているだけでOK!

総合評価 求人掲載数 保証
約2500店 Qプリ保証

Qプリを詳しく知りたい方はこちら

第2位 ミミロケ

SNS感覚で操作がラクラク「ミミロケ」が第2位!

お店とのメッセージがLINE風で操作が簡単です!会員登録も簡単でライトに高収入求人を探したいなら、ミミロケがおすすめ!スカウト機能もあるので、待っているだけでも希望条件にあったお店からオファーが届きます。

総合評価 求人掲載数 保証
約550店

ミミロケを詳しく知りたい方はこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする