ピンサロの体験入店の際に本入店するか見極めるポイントはある?

薄暗い中でランジェリー姿の年増の女性が性的サービスをする…。
かつての「昭和の風俗」ピンサロのイメージは今、一新されようとしています。
フラ系、ナック系と呼ばれる「平成ピンサロ」の登場は、風俗求人を新たに掘り起こすきっかけと成りました。

本記事では、そんな今注目を集めつつあるピンサロのお仕事を、体験入店から本入店への移行を中心に考えてみたいと思います。

体験入店(体入)とは。

質問 男性ピンサロのお仕事に応募すると大抵「お店に面接に来て欲しい」と言われます。
本人確認をするためなのですが、その際採用なら「体験入店をして行きませんか?」と続けて勧められることが大半です。

お店の雰囲気をつかんで行って欲しいという店長の配慮であるとともに、どこまでできるか見てみたいという最終試験みたいな要素もあります。
キャバクラなど水商売などの体験入店が後者(どこまでできるか見てみたいという最終試験)の意味合いが強く、不合格だった場合、次回の予定を聞かれずに日払いの給料だけ払ってお役御免と成ることが多いようです。

体験入店の前には講習をするのが普通。

体験入店とは言っても、ど素人のまま突然男性客の前に出されるはずもなく、大抵「講習」なるものを経てデビューと成ります。
ピンサロの場合、お仕事の流れの説明やプレイ内容の確認がその内容と成りますが、場合によっては実技講習と称して男性スタッフにフェラをしなければならないかも知れません。

注意しなければならないのは、この講習で男性スタッフのヌキまでする必要は無いということです。
もしそれを強制されたらセクハラに成ります。

本入店前に確認すべきこと。

面接→講習→体入→本入店と成るわけですが、働く女性側としては、求人広告で給与保証などが述べられていたなら、このプロセスのどこかで確認したいところです。
また逆に、お店側からも確認されることもあります。

それは、いわゆる「ミテコ」ではないかということです。

給与保証について。

お金「日給保証○×万円」という文言が求人広告に目立つように成って久しいですが、多くの業界関係者が「これは盛り広告だ」ということを認めています。
しかしピンサロの求人広告でも給与保証の文言は見かけます。
あれはウソなのでしょうか。

半分そうであり、半分そうでないと言えます。
というのは実際、ピンサロ嬢は1日数時間出勤したら○×万円稼げるという保証が確かにあるからです。
この意味で、ピンサロ店の求人広告における給与保証は本当です。
しかしその反面、1日数時間出勤したら○×万円稼げるというのは単純に時給換算で言い換えただけの話です。

つまり「1日2万円保証!」という求人広告が、例えばあったとしたら、それは「1日4時間出勤して下さい。
時給5,000円なので2万円はお支払いします」という意味です。
ピンサロは、ソープランドやデリヘルといった他の出来高制の風俗とは違い時給制で給料が発生します。
求人広告で良く見かける「給与保証」の文言は、ただ単に「時給制」を言い換えただけなのです。

ミテコについて。

お店側として新規の女性に対して確認したいのは、写真付の身分証です。
「そんなもの見せたら何に使われるか分からない…」と不安に思う風俗初心者さんも居られるでしょうが、これは風営法上「18歳未満の者に客の接待をさせること」は禁止されているため、年齢確認をしなければならないからなのです(風営法第22条第2項※)。
こういった年齢確認をされていない女の子は、「身分証明が提出出来ない子」という意味で「ミテコ」と呼ばれています。
(※ピンサロは、キャバクラと同じく「風俗営業」の条文に従います。)

体入で終わらせるか、それとも本入店まで行くか。

では、最後にもっと実践的なお話として、体験入店したピンサロで本入店まで進むべきかどうかの見極るためのいくつかのポイントを押さえておきたいと思います。

客層、お店の雰囲気。

短時間の体験入店では把握しにくいかも知れませんが、一番のポイントは「自分が働き続けられるお店であるかどうか」の確認でしょう。
ピンサロは店内が薄暗く大音量で音楽が掛かっているところがほとんどですが、それでも「何か薄気味悪い」店内と「何かイイ感じ」な店内とは雲泥の差があります。

働いてみて、その辺の感覚をつかんでください。
こういったことはもちろん、客層にも影響されます。
さっぱりした営業マンか、泥酔した中年サラリーマンか、いわゆる「キモ客」と呼ばれるモロのオタクか…。
こういったことは、店舗のある地理的条件から予測のつくことでもありますが、体験入店してみないと分からないことでもあります。

給与システムの確認。

もしかしたら体験入店が終わった後、本入店するかどうかは即答しないほうが良いかも知れません。
その日にもらった給料を、まずは家に帰ってよく計算してみることをおススメします。
そして、求人広告で言っていた給与システムに本当に適ったものなのか、自分で確認してください。
風俗に限らず、多くのお店や会社では求人広告の給与とは違った支払いをする所があります。

場合によっては、雇用契約書に明記してあるにもかかわらず、それとは食い違った支払いをする所があります。
こういったトラブルを事前に防ぐために、給与の支払いがちゃんと求人広告で見たものと同じかどうか、自分で計算して確かめ、疑いの湧いたところはちゃんと店長さんなどに確認しましょう。
「そんなことする勇気ない…」なんて楽観的な態度していると、後でストレスを感じるのは自分自身に成ってしまいますよ…(笑)。

プレイ内容の確認。

チェックプレイ内容の確認も体験入店で実践的に確認しなければ成りません。

例えば、ピンサロではフェラは男性客のフィニッシュのために欠かせないものですが、イマラチオ(※1)やごっくん(※2)を女の子はやる必要がありません。
これを店長に「やれ」と言われたら本入店は止めた方が良いでしょう。
また本番強要など以ての外(もってのほか)です。
そんなことをしたらピンサロ店自体、管理売春で摘発されてしまいます。

(※1女性が自分で頭を動かすのではなく、男性が女性の頭をつかんで動かさせるというSMのM女に対してよく行われるプレイです。)
(※2男性の射精した精液を飲み込むことです。)

待機部屋の雰囲気。

あとすこしマイナーですけれども重要なこととして、待機部屋の雰囲気もしっかり見ておくべきでしょう。
変に親分肌のピンサロ嬢は居ないか。
話の輪に入りやすいか。
また、話の輪から抜け出しやすいか。

待機の時間は、ピンサロでは立派な時給換算の時間帯です。
この時間でもお金を稼いでいることに成ります。
このため、待機部屋は或る意味「職場」でもあります。
職場の雰囲気が自分の肌にあったものであるかどうか確認しておくことは、プロの風俗嬢として働くために欠かせないことだと言えるでしょう。

もっとも初対面では化けの皮が剥がれないというのが、人間づきあいの難しいところでもあるのですが…。

まとめ。

いかがだったでしょうか。
「ピンサロの体験入店の際に本入店するか見極めるポイントはある?」という題名で記事を書かせて頂きました。

実際、体験入店から本入店に移る前に慎重に確認しておかなければならないポイントはいくつかあります。
それは、ここまでに述べたとおりです。
しかし、多くの女の子が新しいお仕事ということで浮かれてしまって、そういったポイントを見逃しがちに成ってしまいます。
あえてそこは慎重に成って、最後のチェックを怠らないでください。

風俗求人サイトランキング

当サイトがおすすめできる風俗求人サイトをランキングで紹介します。
短期間で高収入で稼ぎたい!でも、たくさん求人サイトがあってどこを使っていいか、わからない。そんなあなたは、是非、参考にして下さい。

第1位 Qプリ

第1位に輝いた風俗求人サイトは「Qプリ」です!

Qプリは女性会員に祝い金1万円面接交通費2,000円を支給してくれる「Qプリ保証」というシステムがあるので、絶対的にお得です!

スカウトオファー機能があるので、無料会員登録をして簡単なプロフィールや希望条件を設定すれば、お店の方からスカウトメールが届きます。
気軽に登録できて、待っているだけでOK!

総合評価 求人掲載数 保証
約2500店 Qプリ保証

Qプリを詳しく知りたい方はこちら

第2位 ミミロケ

SNS感覚で操作がラクラク「ミミロケ」が第2位!

お店とのメッセージがLINE風で操作が簡単です!会員登録も簡単でライトに高収入求人を探したいなら、ミミロケがおすすめ!スカウト機能もあるので、待っているだけでも希望条件にあったお店からオファーが届きます。

総合評価 求人掲載数 保証
約550店

ミミロケを詳しく知りたい方はこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする