イメクラではゴム着が多いので包茎客がきても安心です

風俗嬢にとって包茎客は悩みの種でしょう。
臭うだけではなく、フェラもやりにくいからです。
ただ、イメクラでは衛生面の配慮からゴムフェラが多いので、真正包茎のペニスでも安心してサービスができます。

チンカスの雑菌を気にせずプレイ可能です。

おすすめの風俗求人サイト

イチオシはQプリです!
Qプリ保証を使って体験入店すれば祝い金(1万円)・面接交通費(2千円)が確実にもらえる!

無料で簡単に登録ができて、プロフィールに働きたい条件を設定すればお店の方から勝手にオファーが届きます。
ちなみQプリはスカウト型高収入求人サイトでは、ナンバー1です!

Qプリを詳しく知りたい方はこちら

包茎客は困る

風俗嬢にしとって包茎客の扱いは困りものです。
洗おうとしても皮が邪魔をして洗えませんし、チンカスの臭いがひどいとプレイもしっかりできません。
チンカスには雑菌がいっぱいなので性病感染も怖いです。

特に真正包茎のお客さんはペニスの皮をむくことができず、しっかり洗うことができません。
一番不潔で風俗嬢にとっては地雷を踏むような思いでプレイをすることになります。
しかも、過激な刺激は相手の男性が痛がるので素股をする場合も気を使います。
包茎のお客さんは避けたいなと思っている風俗嬢は多いはずです。

風俗嬢の本音

吹き出し風俗嬢をしている以上、男性のペニスを舐めることに抵抗感を持つわけにいきません。
ただ、それはシャワーを使って自分でしっかりとお客さんのペニスを洗うことができるからです。
イメクラで男性客が自分で洗ったペニスはきれいになっているかどうかわかりません。
しかも、包茎客だったらなおさらでしょう。

真正包茎のペニスはいつも臭いが漂います。
きれいに洗うことができないため、チンカスが大量に残り、皮の中で雑菌が繁殖しているためです。
いくら風俗嬢でもこんなペニスを舐めることには抵抗があります。
包茎客は避けたいのが風俗嬢の本音でしょう。

真正包茎は最悪

特に真正包茎の男性は最悪です。
亀頭をマッサージしようにも肝心な亀頭部分が露出しないので性感を感じて放出するまで時間がかかります。
その間にも異常な臭いは漂い続け、チンカスの雑菌は風俗嬢の恐怖を増幅させるでしょう。
当然のことですが、風俗嬢も女性です。

異臭が漂う真正包茎のペニスをマッサージしたくはないでしょう。
しかも、性病感染の可能性が高いのであれば一種の地雷です。
包茎客であっても、シャワーで皮を剥ければきれいにできます。
自分できれいにする習慣があるでしょうから、チンカスが残っていることはまずありません。

しかし真正包茎のお客だけはどうしようもないのです。

手術してほしい

風俗嬢の本音として、真正包茎の男性にはきちんと手術をしてきれいにできるようになってもらいたいと考えています。
風俗店で遊ぶだけではなく、自分の日常生活にも影響が及んでいるはずです。
真正包茎の男性が近づくと、どこからともなく異臭がします。

臭いの原因は皮をかぶり続けるペニスです。
本人も気にしているでしょうから、何とかしてほしいかと思うのが風俗嬢の本音と言っていいでしょう。
包茎の手術は美容整形でしています。
真正包茎の場合、程度によっては保険適用が効くこともあるようです。

言いにくいかもしれませんが、真正包茎のお客さんにはきちんと指導してあげるのも風俗嬢の役目かもしれません。

ゴム着のイメクラは安心

Ok, Goodしかし、真正包茎のお客さんもゴム着のプレイなら臭いもチンカスも気になりません。
シャワーでどれだけペニスを洗ってくれたかわからない男性客もいるでしょうが、ゴム着なら自分のリスクは最低限です。
ゴム着のフェラは嫌な味がしますから、風俗嬢としては遠慮したいのも事実でしょう。

しかし、性病感染や気兼ねなくプレイするためにはゴム着は欠かせません。
何かとリスクが多いイメクラのプレイですが、ゴム着なら安心です。
最近はフェラ用のコンドームもあります。
コンドームのゴム臭が少ないので抵抗なくプレイができます。

ゴム着なら問題なし

ゴム着のフェラなら性病感染も悪臭もありません。
包茎客も受け入れることができますし、夜這いプレイなどのお客でペニスをしっかり洗っていないお客さんでも問題は少なくなります。
イメクラは稼げる風俗店だと言われています。
しかし、その反面としてリスクも否定できません。

何しろお客さんが自分でシャワーを浴びますから、どこまでペニスをきれいにしているかわからないためです。
性病感染の危険性が高いのもイメクラの特徴だと言われています。
ゴム着ならそんな心配から逃れることができます。

亀頭も優しくマッサージ

ゴム着のプレイであれば、包茎客の亀頭も優しくマッサージすることができます。

もともと性感を感じるスピードが遅いのが包茎客、特に真正包茎の男性に言える傾向です。
それならば、思いっきり焦らして大量に精液を放出させるのも一つのテクニックではないでしょうか。
チンカスの臭いは気になりませんから、通常の包茎客に対してはできないようなプレイも可能になります。
口に包み込んで文字通りオーラルセックスの快感を与えることもできるでしょう。

亀頭部分を集中的に刺激することも抵抗ないはずです。

衛生面からも安心

ゴム着のフェラは男性客からは不評かもしれません。
しかし、お店によってはゴム着が男性客の安全にも役立っていることを説明しています。
女性にとって性病感染の危険性がないということは、同時に男性客にも感染の危険が少ないことを意味するのです。

お互いに衛生面で安心できますから、気兼ねなくプレイをしたり受けたりすることができます。
安心できるのは風俗嬢だけではないのです。

これで問題解決

ゴム着にすれば問題が多いと言われるイメクラ店でも安心して風俗嬢を続けることができます。
風俗店で感染する可能性がある性病は、クラジミア・淋病・梅毒・ヘルペス・エイズと数多くあります。

感染を防止するためには、お客さんの性器などと自分を隔離することが一番効果的です。
イメクラで風俗嬢をすると決意した以上、自分の目標金額までは稼ぎたいと思うでしょう。
しかし、病気に感染すると稼げなくなってしまいます。
ゴム着にすることで有効な対策とすることができます。

包茎男性も大切なお客さん

風俗嬢からは嫌われがちな包茎男性も、大切なお客さんであることは間違いありません。
どの風俗店でも多かれ少なかれ邪険に扱われているでしょうから、ちょっと親切にしてあげればリピーターになってくれる可能性があります。
先ほど述べている通り、包茎男性もゴム着のプレイとすることで自分のリスクを回避することができます。
ゴム着にすることで新しいお客さんを迎え擦れるチャンスができたと言えるのではないでしょうか。

リピーターになってくれれば大歓迎

回転 矢印こうして新しいお客さんがリピーターとなってくれれば自分の稼ぎも増えます。
扱いが難しいのは当然ですが、稼げるお客さんが一人でも増えれば安定した収入を手にすることができる事を忘れてはいけません。
風俗嬢の仕事は収入が多いと言われます。
しかし、それは保証されたものではなく、日によってはお客さんの数が少なくて全然稼げないと言う事もあるでしょう。

このような収入の激変を防ぐためには、自分を指名してくれるお客さんを一人でも増やすことが大切です。

きちんとお礼日記を書きましょう

包茎男性の相手をすると疲れます。
特に真正包茎のお客さんであれば臭いもきつく「ひどい目に合った」と感じることも少なくないでしょう。
しかし、それは自分の感情に留め、次の来店を期待することを忘れてはいけません。

来店客一人一人にお礼日記を書くことは次回以降の指名客を増やすコツです。
当然自分にとって厄介な真正包茎のお客さんでも同じです。
きちんとお礼日記を書くことで次回以降の指名が期待できます。
ランカー嬢のように指名客が多い風俗嬢はきっとしている習慣のはずです。

まとめ

イメクラは包茎客だけではなく、夜這いプレイや痴漢プレイでペニスをしっかり洗わないお客さんもいます。
そんなお客さんも嫌とは言えないのが風俗嬢の辛いところです。
しかし、ゴム着のイメクラならそんな心配はいりません。

うまく感情移入できるように誘導すれば、次回の指名は確実です。
性病感染のリスクを抑えてしっかり稼ぎましょう。

風俗求人サイトランキング

当サイトがおすすめできる風俗求人サイトをランキングで紹介します。
短期間で高収入で稼ぎたい!でも、たくさん求人サイトがあってどこを使っていいか、わからない。そんなあなたは、是非、参考にして下さい。

第1位 Qプリ

第1位に輝いた風俗求人サイトは「Qプリ」です!

Qプリは女性会員に祝い金1万円面接交通費2,000円を支給してくれる「Qプリ保証」というシステムがあるので、絶対的にお得です!

スカウトオファー機能があるので、無料会員登録をして簡単なプロフィールや希望条件を設定すれば、お店の方からスカウトメールが届きます。
気軽に登録できて、待っているだけでOK!

総合評価 求人掲載数 保証
約2500店 Qプリ保証

Qプリを詳しく知りたい方はこちら

第2位 ミミロケ

SNS感覚で操作がラクラク「ミミロケ」が第2位!

お店とのメッセージがLINE風で操作が簡単です!会員登録も簡単でライトに高収入求人を探したいなら、ミミロケがおすすめ!スカウト機能もあるので、待っているだけでも希望条件にあったお店からオファーが届きます。

総合評価 求人掲載数 保証
約550店

ミミロケを詳しく知りたい方はこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする