風俗で稼ぐにはバック率が高いお店を選ぶべき?雑費で比べる?

風俗で働くという決断をする女性は一定数います。
そこにはさまざまな事情や状況があるものですが、やはりほとんどの女性に共通する目的としては「お金を稼ぐこと」にあるでしょう。

つまり、せっかく風俗で働くことになったとしても、お金が稼げなければ本末転倒となってしまうわけです。
そこで、風俗店で働く場合には少しでも条件がよく、効率よく稼げるお店を探すことになるわけなのですが、この場合の「条件がよい」というのは、どのようなことを指すのでしょうか。
一般的なアルバイトであれば、時給制度を採用しているところがほとんどですので、単に時給(お給料)が良い=条件がよい職場ということになるのですが、風俗店の場合にはこういった一般的なアルバイトとは若干報酬の考え方が異なります
そこで、どのように条件のよいお店を探すとよいのかについて、この記事で解説をしていこうと思います。

これから風俗店でアルバイトをしようと考えている方は、参考にしてみてくださいね。

風俗でもらうお給料はどのような性質のもの?

風俗で稼ぐにはバック率が高いお店を選ぶべき?雑費で比べる?先程も述べましたが、一般的なアルバイトの場合にはまず時給が定められており、その時給×実際に労働した時間でその日一日のお給料の金額が決定されます
普通は月締めの翌月払いという支払いペースが一般的ですので、この場合には、こうして出された一日分のお給料に対してさらに出勤した日数分を掛けて1ヶ月分のお給料と考えます。

風俗店の場合でも、職種によってはこの時給制が採用されているところがないわけではありません
ピンサロなどの場合には時給制をとっているところもあります
しかし、デリヘルやソープランドなど、風俗店の中でも採用が多いところでは、このような時給制ではなく、「バック」と呼ばれる考え方でお給料の計算が行われます。
これは、たとえば一人のお客さんに対して1万円のお仕事をしたら、そのうち風俗嬢がもらえるお金の部分が5000円から6000円程度となるのがおおむねの相場なのですが、このような場合はバック率5~6割ということになります。

つまり、あくまで働いた時間ではなく、お客さん一人あたり支払ったお金に対してバック率をかけてそのお客さん分の戻りを受け取る、という方法となるのです。
これが風俗嬢にとってのメインの収入ということになるわけです。
バック率については、お店の募集条件に明示されている場合が多く、応募する段階でよく検討しておくことが望ましいといえるでしょう
また、バック率は自分がどれだけ本指名を受けたかによっても変わってくる場合があります。

基本となるバック以外の収入、そして出費は?

上に述べたような「バック」が基本給あるいは日給と考えると、それ以外にも様々な収入があります。
たとえば、「有料オプション」を設けているようなお店の場合には、これも収入となることがあります。
代表的な有料オプションの種類としては、ローターやバイブなどのおもちゃを使ったプレイが挙げられるほか、アナル、ごっくん、顔面発射などの特殊プレイなどが有料オプションとして設定されています。

基本的に有料オプションについては、風俗嬢側が全額支給されるケースがほとんどなのですが、中にはお店と折半、という条件のお店もあります
これも、応募時や面接時にお店側によく確認しておくことが望ましいといえるでしょう。
また、ボーナスと呼ばれる制度があります。
これは、サラリーマンなどがもらうように夏1回とか、冬1回などといった類のものではなく、たとえばお客さんから指名がついたとき(本指名のとき)に、指名料としてのバックとは別に、指名ボーナスが発生するなどといったケースが代表的です。

ボーナスは、どのような働き方をしているか、ということによって受け取れるケースと受け取れないケースがありますが、基本的にお店の利益になっているからこそ、そこで働いている女性に対して還元される類のものと考えられますので、こまめにボーナス対象となるようなサービスをしておくことが風俗嬢側としても望ましいことといえるでしょう。
次に、支出について見てみましょう。
まず、風俗嬢がお給料から引かれるお金の代表的なものとして「雑費」があります。
この雑費は、様々な名目で引かれます。

お金コンドーム代やお茶代、部屋などのレンタル代といったものが多いようです。
実際のところ、名目どおりの費用というよりは、在籍しているお店への還元分と考えて割り切ったほうがよいでしょう。
雑費が引かれないお店というのはほとんどありません
また、雑費と一緒になっていたり、あるいは分けられていたりするのが「月ボーナス」と呼ばれるものです。

これは、スタッフ・ボーイ・ドライバーへのボーナスとして引かれるものです。
一人のお客さんに対しての接客ごと、月ごとなど引かれるタイミングはお店によってまちまちとなっています。
金額は職種とお店のグレードによって変わってくる場合が多く、デリヘルですと1000円程度、ソープランドの場合ですと、高いランクの店では4~5000程度引かれる場合もあるようです。
接客ごとの雑費であれば心配はありませんが、月ごとに決まった雑費が引かれるケースですと、マイナスとなってしまうこともありえるでしょう。

このあたりの扱いがどうなるかは、お店によく確認しておくのがよいでしょう
また、最近では雑費を取らないかわりにバックを低く設定しているお店もあります。

バック率で選ぶ?
雑費で選ぶ?

では、実際に風俗店で働くときに、そのお店で働くかどうかをどのように選ぶかというところを考えなければなりません。
少しでもお金を多く稼ぎたい場合に、バック率が高いお店を選ぶのか、雑費などの出費が少ないお店を選ぶのかということは、非常に悩ましい問題です。
出稼ぎなどの目的で風俗での勤務を考えている場合には、やはり月あたりの収入を伸ばしたいという目的があるわけです。
まずは、雑費がどのようなタイミングで引かれるのかを考えるというのも手です。

1回の接客ごとに雑費が引かれるというタイプのお店であれば、接客がなければマイナスには絶対にならないでしょう
一方で、たとえば一日ごとに決まった金額が課せられるような場合には、どうしても月での出勤日数を確保する必要が出てきます。
また、雑費とは別に、「税金」と呼ばれる制度があるお店もあります。
これはいわゆる市民税とか所得税などの公的な意味での税金ではなく、単にお店に「納める」お金です。

この使いみちや根拠は不明なのですが、風俗というお仕事の種類を考えると、あまり深く考えず必要はなさそうです
コンドームまた、「罰金」というものがあるかについても木にしておいて損はないでしょう。
罰金制度があるかどうか、あるとすればどのようなときに罰金が発生するかなどをあらかじめ知っておく必要があるでしょう。
次に考えるべきは、お店のお客さんの回転率や客層、客入りなども考えに入れておくとよいでしょう

時間あたり、あるいは一日あたりどの程度の人数が接客できれば、トータルでプラスにすることができるかなどの視点が必要です。
これらのことを総合して考えると、雑費や税金、罰金などの持ち出し出費がない場合にはバック率で選び、勤務日数が少なかったり、客入りが少ないようなところでは雑費が少ないところを選ぶなどの判断をするのもよいでしょう。

まとめ

お店によって、雑費やバック率の制度は異なります。

そのため、一概に「これで選ぶとよい!」という一定の基準があるわけではありません。
しかし、お店のお客さんの入りと客層、そして雑費の引かれるタイミングとその金額から、ある程度どの程度の収入が打ち出せるかは計算ができるものでしょう。
しっかりと計画的に勤務することで、目標金額を稼ぐためのステップとすることができます
お店選びはこれらのことを考えて選び、今のところよりも条件がよいと感じるお店があれば、そちらへ籍を移したりしながら勤めるのもかしこい稼ぎ方といえるでしょう。

風俗求人サイトランキング

当サイトがおすすめできる風俗求人サイトをランキングで紹介します。
短期間で高収入で稼ぎたい!でも、たくさん求人サイトがあってどこを使っていいか、わからない。そんなあなたは、是非、参考にして下さい。

第1位 Qプリ

第1位に輝いた風俗求人サイトは「Qプリ」です!

Qプリは女性会員に祝い金1万円面接交通費2,000円を支給してくれる「Qプリ保証」というシステムがあるので、絶対的にお得です!

スカウトオファー機能があるので、無料会員登録をして簡単なプロフィールや希望条件を設定すれば、お店の方からスカウトメールが届きます。
気軽に登録できて、待っているだけでOK!

総合評価 求人掲載数 保証
約2500店 Qプリ保証

Qプリを詳しく知りたい方はこちら

第2位 ミミロケ

SNS感覚で操作がラクラク「ミミロケ」が第2位!

お店とのメッセージがLINE風で操作が簡単です!会員登録も簡単でライトに高収入求人を探したいなら、ミミロケがおすすめ!スカウト機能もあるので、待っているだけでも希望条件にあったお店からオファーが届きます。

総合評価 求人掲載数 保証
約550店

ミミロケを詳しく知りたい方はこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする