貧乳や体型に関してSMクラブの女王様は関係ない?

通常の風俗では、胸の大きさや体型によって稼ぎに差がでるものです。
体型がスリムで巨乳の女性は人気が出やすく稼ぎやすい業界です。
ですが、特殊な風俗であるSMクラブではどうなんでしょうか?

SMクラブには特殊な性癖を持ったお客さんが多く、特に女王様に関してはお客さんに対して胸を使った性的サービスを行うことはほとんどありません。
あくまでもメインはSMプレイ。
そこで今回は、貧乳や体型に悩みを感じている女性の女王様事情を紹介したいと思います。

女王様の胸が小さいと・・・

A, アルファベットSMクラブの女王様にとって胸の大きさは見栄えに関係してきます。
女王様は、ボンテージやセクシーな衣装を着用しなければいけません。
この時、貧乳や微乳だと胸の谷間ができず貧相な胸元になってしまいます。
ボンテージは胸が強調されるデザインになっているので、胸が大きいほど見栄えは良くなります。

着ている本人にしても、強調するほど胸が大きくないとボンテージを着るのに抵抗があったりします。
中にはボンテージの胸の部分にパッドを入れて大きさをかさ増ししていることも。
女王様にとって胸の大きさは、ボンテージなどを来た時の見栄えに関係してきます。

女王様に胸の大きさはそれほど重要じゃない?

SMクラブというのは、通常の風俗とは事情が違います。
通常の風俗でのサービスは体を使った性的サービスとして、フェラチオ、手コキ、パイズリ、素股、ソープではSEXをすることができます。
ですが、SMクラブでは性的サービスよりもSMプレイがメインコンテンツです。
通常の風俗では胸を使ったパイズリやお客さんが風俗嬢の胸を触ったりして楽しむことができますが、SMクラブの女王様はそうした性的サービスをする機会があまりありません。

お客さんの多くはSMプレイを楽しみに来ているので、胸の大きさよりもSMのテクニックのほうが重要です。
もちろんお客さんの中には巨乳好きの男性もいて、巨乳の女王様に責められたいと思っている人もいます。

ソフトSMでは容姿が重要になってくる

SMクラブにはソフトSM、ハードSMの2種類あります。

ソフトSMでは、SMプレイ+性的サービスをする風俗店になっています。
ソフトというだけあって、取り扱うSMプレイも初心者向けの比較的軽いものばかりです。
ソフトSMでは通常の風俗に飽きた人や、ちょっと変わった風俗を経験してみたい層に人気があります。
ソフトSMは通常の風俗に少しSM要素が加わった内容なので、胸の大きさ、体型などは非常に重要になってきます。

お客さんのほとんどはSMのテクニックよりも、容姿を重視します。
ぽっちゃり気味やぺちゃぱいの女性は何か強みがない限り、ソフトSMで人気を出すことは難しいでしょう。

胸の大きさよりもテクニックが重要

ハードなSMができるお店ではテクニックが重要になってきます。

もちろん容姿や体型も関係ありますが、ハードSMにやってくるお客さんは性的サービスよりも熟練されたSMのテクニックを重要視しています。
ハードSMでは、鞭、縄、拘束具などを使ったハードなプレイが売りです。
SMプレイは個人によって趣向が違うため、その人に合わせ柔軟に対応しなければいけません。
素人女王様はどうしてもプレイが型にはまりがちで、照れや、お客さんを気遣って本気でプレイをすることができなかったりします。

ハードSMが売りのSMクラブでは、胸の大きさやよりもSMプレイに望む姿勢やテクニックが重要です。
貧乳だからという理由はSMクラブではそれほど重要でなかったりします。

貧乳や微乳の女王様が人気なことも

Ok, Good貧乳や微乳好きの男性は巨乳の女王様より胸の小さい女王様を指名します。

SMクラブにはSM好きのお客さんがやってきますが、その人によって性癖やフェチが違います。
男性の中には巨乳よりも貧乳や微乳を好む人がいて、胸のカップサイズで言うと、AカップからCカップまでがこれに当てはまります。
SMプレイに関してもM側のお客さんが女王様の胸を直接触ったりすることはほとんどなく、女王様側も胸を使ったプレイをすることはありません。
巨乳だと視覚的に楽しむことができますが、女王様からの責めを求めている人にとっては重要な要素ではないです。

胸が小さいからと言って、人気がない訳ではないので安心してください。

貧乳が気になるなら

貧乳のせいでボンテージ衣装が似合わないことにコンプレックスを感じている女性は多いと思います。
貧乳が原因でボンテージが似合わないと感じている女性は、ボンテージのチョイスが間違っている可能性があります。

ボンテージは自分のサイズに合ったものをショップから購入したり、セミオーダーして作成することになりますが、ボンテージのタイプによって似合うもの、似合わないものがあります。
胸の大きい女性ならほとんどのボンテージを着ても様になりますが、貧乳女性の場合にはボンテージのタイプは慎重に選びましょう。
選ぶ時の基準としては、他のSMクラブに在籍している貧乳女王様の衣装を参考にすると分かりやすいです。
オンラインショップなどでは、実際にモデルが着用している画像がありますが、そのほとんどが胸の大きな女性がモデルとなっており、あまり参考になりません。

自分と似たような体型をした女王様を参考にするのがおすすめです。

貧乳女性はM嬢に向いていない。

ちなみにですが、貧乳の女性はM嬢に適していません。
その理由は、縄で縛った時のビジュアルです。

縄で縛ることの醍醐味に胸を強調させる目的もあり、貧乳だとそれができません。
楽しみ方はそれだけではありませんが、SMプレイにおける大事な要素が欠如しているのでM嬢としてはあまり人気がないと言われています。

ぽっちゃり女王様は人気がない?

貧乳でも女王様としてやっていくことはできますが、体型がぽっちゃり気味やデブの女性は女王様としての人気が出にくいです。

SMの経験が長く、熟練されたテクニックを持っているなら話は変わってきますが、そうした強みがないぽっちゃり女性は女王様として働いても人気が出づらく、待機する時間のほうが長くなったりします。

ぽっちゃり女性は女王様よりM嬢が適している

手錠 女性SMでは容姿や体型よりもテクニックが重視される傾向がありますが、その両方を備えている女性のほうが人気が出やすく稼ぎやすくなっています。
新人のぽっちゃり女王様だと、いくらテクニックがあったとしても体型が原因で指名される機会が少ないです。

コツコツと実績を重ねていくことで女王様としての評価も上がっていきますが、かなり時間が掛かってしまい、早く稼ぎたい女性には向いていません。
ぽっちゃり気味の女性は女王様として働くよりもM嬢として働くほうが需要が高いです。
M嬢の役割はSなお客さんからの責めを受ける側になります。
特にハードSMではぽっちゃり女性の需要が高く、S気質の男性から責めがいがあると評判です。

ぽっちゃり女性は縄で縛った時の肉の質感や拘束具を装着した時のビジュアルが美しくSMの世界では必要な素材となっています。
ぽっちゃり女性は女王様として働くよりもM嬢として働くほうが人気が出やすく、効率良く稼ぐことができます。

まとめ

SMクラブでは、胸の大きさや体型は通常の風俗に比べるとそれほど重要でなかったりします。

しかし、ソフトSMクラブのようなSMプレイ+性的サービスがメインのお店だと容姿が重要になってくるので貧乳やぽっちゃり女性は稼ぐことが難しいこともあります。
ハードSMクラブになってくると、容姿よりテクニックの方が重要になってくる場合もあるので、貧乳やぽっちゃり体型はさほど気にしなくても大丈夫です。

風俗バイトで稼ぐ方法

スカウト型求人サイトがおすすめです!
無料登録すれば、希望条件のお店からスカウトメールが届くよ!

高収入バイトを探すならこちら!

Qプリ

ミミロケ

スカウトメールを待とう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする