本番禁止の風俗店に来る本強客の特徴と対処法まとめ

日本ではソープランド以外に本番(挿入)オッケーの風俗はありません。
しかし、本来本番が禁止のはずのデリヘルやホテヘルなどでも本番をしようとしてくるお客さんは大量に存在します。
そのため、たとえ本番禁止の風俗店で働いているとしてもこのようなお客さんに対する対処法を覚えておくことは必須のスキルと言っても過言ではありません。
この記事では本番禁止の風俗店に来る本強客の特徴と対処法をご紹介します。

本強客ってそんなにたくさんいるの?

本番禁止の風俗店に来る本強客の特徴と対処法まとめ風俗店と言っても挿入がオッケーになっているのはソープランドだけです。
それ以外の風俗店であれば表向きは本番は絶対にダメだということになっています。
しかしたとえ本番禁止のお店であっても本番をしようとして来るお客さんは大量に存在します。
もしこれから風俗で働こうと考えている女性で、「一部の悪質なお客さんだけが本強してくる」というような考え方をしている方は、実際に働き始めてから痛い目を見ることになるので気をつけましょう。

残念ながら本番禁止であることを了解してお店に入ってきたとしても、エッチなプレイをしているうちに最終的に挿入したくなってしまうのが男という生き物です。
デリヘルなどで働いていれば10人程度お客さんの相手をすれば、まず間違いなく本番をしようとしてくるお客さんに当たると考えておきましょう
また本来デリヘルなどソープランド以外の風俗店であれば本番は絶対に禁止されているはずですが、お店が本番行為を黙認している場合もあります。
特にそういった傾向が強いのは地方のデリヘルです

そのようなデリヘルは通称本デリと呼ばれます。
有名な地域だと茨城県の水戸近辺は「水戸式」などと言う呼び方まで定着しているほど、デリヘルであっても当然本番ができるという認識が一般的に広まっています。
残念ながらこのように本番を当然の様に行っている地域と言うのは大量にありますので、これからデリヘルで働こうと考えている女性は「地域名本デリ」などで検索してみてあらかじめ調べておきましょう

本強客はなぜ迷惑なのか

本番強要をしてくるお客さんと言うのは非常に迷惑な存在です。

当然ですがサービスの範囲に含まれていないはずの挿入をされてしまうことによって肉体的にも精神的にも傷ついてしまう女性がたくさんいます。
またあまりにも本強客が多く、それらを断り続けることに病むと言う女性もたくさんいます
当然ですが挿入をすると性病のリスクが高まります
日常的に挿入をサービスとして行なっているソープランドの場合、まともなお店であれば最低でも月に2回は性病検査を実施しているなど、風俗嬢の体を守ることにしっかり力を入れています。

しかしデリヘルなどではソープランドと比べて風俗嬢の体を守るという意識が低いことも多く、結果的に性病になってしまったとしてもそれは全て自己責任ということになってしまいます
また本番をするということはたとえ中出しをしなかったとしても妊娠のリスクが高まります。
特にデリヘルなので本強してくるお客さんの中には、風俗嬢と合意を取らずレイプのように挿入をしてくることもあります
妊娠は射精によってだけではなく、射精する前に出ている男性の我慢汁でも妊娠する可能性はあります。

質問ソープランドで働いている風俗嬢の場合避妊のリスクを最大に避けるためピルを飲んでいる方がほとんどですが、デリヘルなどの場合はピルを飲んでいないという風俗嬢も多いため本強されてしまった結果妊娠してしまうという風俗嬢もいるのです。
本番強要されてしまった場合本来はお店が風俗嬢を守ってくれるはずですが、残念ながら悪質のお店の場合自分の身を守るのは自己責任ということで一切助けてくれないこともあります。
特に本番が黙認されている地域の場合、全く無視という可能性すらあります
また、本番強要をするお客さんが多い地域と言うのは、言い換えれば強要することによって本番することができた経験を持つお客さんが多いということです。

特にデリヘルなどの場合店舗内ではなくお客さんと2人きりの密室でいる状態になっているため、断り切ることができず仕方なく本番をしてしまうと言う女性もいます
さらに断ることがめんどくさくなったり気まずくなることが嫌で仕方なく本番をするという風俗嬢もいます。
そういった経験がある男性は脅したりお願いすれば本番ができると考えてしまっているのです。
中には積極的に本番をすることによって指名を稼いでいる風俗嬢もいます

その経験がある男性にとっては同じ金額を払うのであれば本番できる風俗嬢の方が指名したいと考えてしまうものです。
その結果、本番をしっかり断っている風俗嬢は全く指名を取ることができず稼げなくなってしまいます
つまり同じお店や地域内に本番をしてしまう風俗嬢がいると、本来は本番をしたくないと考えている風俗嬢であっても本番をしないと指名を取れなくなってしまうのです。
そしてどんどん本番へのハードルが下がっていくとその地域全体のお客さんの質も悪くなります

本番強要してくるお客さんの数に、地域によってかなり差があるのはこういった理由からです。

本強客の手法と対処法

本強客と言うのは要するに無理やり挿入をして来ようとする客ですが、その手法と断る対策は以下のようなものがあります。

穏やかに交渉してくる

サービスをしている最中に「入れちゃダメ?」などと聞いてくるタイプです。

このようなタイプに対しては「お店のルールで禁止されてるから」などと自分の気持ちや考え方ではなく、お店のルールとしてできないと言いましょう。
「やりたくない」のように自分の気持ち次第でやる可能性もあるというような言い方をしてしまうとその後の交渉がしつこくなります。
基本的にどんなにしつこい交渉されたとしても、本番をする可能性を少しも見せることはなくきっぱりと断り続けることが重要です。

指名をちらつかせる

本番をすることによって「指名してあげるから」などと交渉してくるタイプです。

「他の子はやらせてくれたのに」などもウザイ本強客からよく聞くセリフですが、これも指名をチラつかせて本番をさせてくれなければ指名をしないと脅しているというわけです。
どうしても指名を取らなくてはいけない場面などだとこういった交渉に心が揺らいでしまうこともあると思いますが、基本的に男性は一度本番できてしまうとそれ以降も毎回本番を当然の様にしてくると認識しておきましょう。
さらにそういったお客さんは本番禁止のはずのお店で本番をすること自体に興奮していることがあるため、一度本番をするとそれで風俗嬢に対する興味を失い結局指名をしないということもよくあります。
他の子は本番してても私はお店のルールはちゃんと守りたいから」などときっぱりと断るようにしましょう。

お金を払ってくる

薬「〇万払うから」などと言って本番を求めてくるタイプもいます。
もしこの交渉に乗ってしまうと、お店を通さずに直接お客さんからお金を受け取る裏引きになってしまうため、お店にバレた場合はクビになる覚悟をしましょう。

強引にしてくる

交渉なども何もせず力で風俗嬢を押さえつけたり、何も言わずいきなり挿入してくるようなお客さんもいます
これはレイプと同じですので、とにかく厳しく厳正に対処する必要があります。
ホテヘルなどの場合はすぐに店員を呼び退店させましょう。
デリヘルなど周囲に助けてくれる人がいない場合には、挿入をされたと感じた瞬間に手や足を使って男性を押し返し、すぐにお店に連絡をしてサービスを終了しましょう。

まとめ

本番禁止の風俗店に来る本強客の特徴と対処法をご紹介しました。
風俗で働く以上たとえソープランドではないとしても、本強客は必ず存在すると認識しておきましょう
そして、本強客お断りたい場合には、とにかく強い意志を持って一切本番を受け入れる気がないということを伝えることが重要なテクニックです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする