SMクラブの女王様は下着姿やボンテージを着るのに抵抗はある?

SMクラブの女王様といえば、刺激的で派手な衣装のボンテージに身を包み、鞭や縄を使っての過激なSMプレイがイメージされやすいです。
実際にその通りなのですが、これから初めてSMクラブで働く女性にとっては、過激なSMプレイよりも、その独特な衣装であるボンテージが気になるようです。
ボンテージと言えばSM!というくらいに有名なSMコスチューム。

普段では絶対に着ることのない衣装に対抗があり、SMクラブで働くのを迷っている女性は多いようです。
そこで今回は、SMクラブで女王様として働いている女性のボンテージと下着姿への事情をまとめてみました。

おすすめの風俗求人サイト

イチオシはQプリです!
Qプリ保証を使って体験入店すれば祝い金(1万円)・面接交通費(2千円)が確実にもらえる!

無料で簡単に登録ができて、プロフィールに働きたい条件を設定すればお店の方から勝手にオファーが届きます。
ちなみQプリはスカウト型高収入求人サイトでは、ナンバー1です!

Qプリを詳しく知りたい方はこちら

最初の頃は誰でも恥ずかしい気持ちはある

下着やはり何事もそうですが、最初のうちはなんでも恥ずかしいものです。

今までの自分とは違う姿を人前に晒す訳ですから、よほど肝の座った女性でない限り恥ずかしさは残ります。
さらに、ボンテージは体のラインが丸見えだったり、強調されるのでほとんどの女性は着ることに抵抗があるようです。
元々SMが好きだった女性だと話は別で、ボンテージを着用すると恥ずかしさと少し誇らしげな気分になる女性もいます。
少し話は変わりますが、病院のナースなども同じ気持ちだそうです。

ナースになる女性は、それまでに必死で勉強して努力の結果、ナース服を着る権利を得ます。
初めてナース服に袖を通す時は、誇らしい気持ちと、少し照れくさい気持ちがあったりします。
SMが好きな女性も、常日頃SMの女王様になった自分を想像しているので、実際にボンテージを着る時に同じような気分になったりします。
どんなにその仕事が好きでも、最初の頃は恥ずかしさが残るのはしょうがないです。

いつ頃から慣れてくる?

これは個人差がありますが、合計で20時間以上ボンテージを着ていると慣れてくると言われています。
この合計というのは、数日から数週間に分けての合計時間です。
ある研究者の考えによると、人は初めて挑戦することに対して、合計で20時間以上費やすと、その仕事のコツや勉強の方法、そこにいる自分に慣れることができるようです。

新たなことに挑戦したとしたら、最初のうちは要領を得ず、非効率的だったり、どうすればいいのか分からない状況が続きます。
ですが次第にコツがつかめてきて、自分の中で対処方が出来上がってきます。
これをSMクラブのボンテージ衣装に例えてみましょう。
最初は見慣れない自分に恥ずかしさを感じてしまいます。

鏡を見るのも嫌だったり、その姿で人前に出るのはとても抵抗がありますが、ボンテージを着続けることで次第に慣れています。
1日に2時間、新しい自分と向き合えば約10日程度で慣れてくるということです。

いつまで経ってもボンテージが慣れない女性

先程の説明では、合計20時間ボンテージを着ていたら慣れるという話をしましたが、中には一向に慣れない女性もいます。

その慣れない理由については女性によって様々です。
たとえば、体験がぽっちゃり気味だとか、胸が小さいなどの身体的コンプレックスです。
ボンテージが似合う女性というのは、スリムでまさにモデル体型のような女性です。
身体にコンプレックスのある女性は、ボンテージを着用すると、そのコンプレックスをさらけ出している状態になるので自分が妥協しない限り恥ずかしさは残り続けます。

ぽっちゃり体型がコンプレックスの女性は、ダイエットをして自分の納得できる体型になる必要があります。
もしも、その努力が嫌なのであれば、我慢するかSMクラブで女王様として働くことは諦めましょう。

専用のボンテージ衣装を用意する

ボンテージボンテージは自分の体型に合わせて特注することがあります。

レンタル衣装として提供してくれるお店もありますが、デザインの都合上、自分にしっくりこないことが多いです。
SMクラブで女王様として働くときには、セミオーダーで注文してくれまが、こだわりがある場合には自前で用意することもできます。
お店によってはSM道具を取り扱う業者と契約していることはあり、自分で好みのボンテージを選べなかったりします。
(選べるのが少ない)

自分で好みのボンテージをネットなどから簡単に注文することができるので、気に入ったデザインがあれば自分で用意してみましょう。

仕事とプライベートは別

恥ずかしいボンテージ姿を自分に納得させて着させる方法があります。
それは単純なことですが、仕事だと割り切ってしまうことです。

言葉にすると簡単ですが、実際には自分の気持ちの切り替え次第です。
SMクラブで恥ずかしいボンテージを着て仕事をすると、お店の従業員とお客さんには絶対に自分の姿を見られることになります。
ですが、逆に考えるとお店に居る人にしか自分のボンテージ姿は見られない訳で、プライベートでの知り合いに、その姿が見られる心配はありません。
気持ちの切り替え次第で恥ずかしかったボンテージも抵抗なく着用できるようになったりします。

下着姿はすぐに慣れる?

次は下着姿についてです。
SMクラブで女王様として働く時には、ボンテージが基本コスチュームになりますが、オプションやお店によっては下着姿でのプレイをする場合があります。
ブラとパンティだけの組み合わせや、ランジェリー衣装もあります。

下着は自前で用意するのが基本なので、仕事用に購入するか、普段から着慣れている物を選ぶといいでしょう。
下着はほとんどの女性が常時着用していて、その姿を見慣れています。
そのためか、ボンテージよりも恥ずかしさは少なく、人前に出ても恥ずかしくないと感じる女性は多いです。
もちろん最初の頃は恥ずかしさは残りますが、ボンテージに比べるとすぐに慣れてしまいます。

下着はブランドにこだったほうがいいのか?

下着お客さんに見せる下着なので、ダサいおばちゃんが着用するような下着はやめておいた方がいいでしょう。
やはりお客さんにウケがいいのはセクシーな下着です。
特に黒を基調とした下着はSMの女王様にピッタリなので、黒の下着を好む女性が多いです。

下着はブランドの物の方がデザインや質感が良かったりして、仕事用でもブランド物を購入する女性がいます。
下着に関心のあるお客さんは喜びますが、男性は下着に関して無知であることが多いのと、せっかく高い値段で購入したブランド下着が、プレイの際に汚れてしまうので、もったいないです。
お金に余裕があるのであれば高級なブランドでもいいですが、コスパ的におすすめなのは安くて丈夫な下着です。
通常時は過激なボンテージで、脱いだら清楚な感じの下着をつけていた、というのも中々ギャップがあって面白いかもしれません。

高級SMクラブの衣装

SMクラブの高級店になってくると、衣装の幅も広くなったりします。
お店によってはボンテージ以外にも、オプションでコスプレ(ナース・セーラー服・水着・ビスチェ・OLスーツ)などの衣装でプレイすることもあります。

まとめ

SMの女王様としての衣装であるボンテージは、最初の頃はほとんどの女性が恥ずかしく思うものです。
抵抗なく着れるようになるのは時間がかかりますが、日数が経つにつれて次第に抵抗なく着れるようになってくるでしょう。
下着姿に関しては、常に身につけているだけあってボンテージよりも抵抗は少なめです。
自分の気に入ったデザインの下着を着用すると、恥ずかしさも軽減されると思います。

風俗求人サイトランキング

当サイトがおすすめできる風俗求人サイトをランキングで紹介します。
短期間で高収入で稼ぎたい!でも、たくさん求人サイトがあってどこを使っていいか、わからない。そんなあなたは、是非、参考にして下さい。

第1位 Qプリ

第1位に輝いた風俗求人サイトは「Qプリ」です!

Qプリは女性会員に祝い金1万円面接交通費2,000円を支給してくれる「Qプリ保証」というシステムがあるので、絶対的にお得です!

スカウトオファー機能があるので、無料会員登録をして簡単なプロフィールや希望条件を設定すれば、お店の方からスカウトメールが届きます。
気軽に登録できて、待っているだけでOK!

総合評価 求人掲載数 保証
約2500店 Qプリ保証

Qプリを詳しく知りたい方はこちら

第2位 ミミロケ

SNS感覚で操作がラクラク「ミミロケ」が第2位!

お店とのメッセージがLINE風で操作が簡単です!会員登録も簡単でライトに高収入求人を探したいなら、ミミロケがおすすめ!スカウト機能もあるので、待っているだけでも希望条件にあったお店からオファーが届きます。

総合評価 求人掲載数 保証
約550店

ミミロケを詳しく知りたい方はこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする