イメクラでかかりやすい病気ってなんですか?デリヘルと変わらない?

イメクラも性的サービスを提供しているため性病感染のリスクはあります。

検査の結果、クラジミアが発見された話も珍しくありません。
このような症状が発見されたら、すぐに病院での治療が必要です。
男性女性を問わず発症するため、二次感染にも要注意です。

おすすめの風俗求人サイト

イチオシはQプリです!
Qプリ保証を使って体験入店すれば祝い金(1万円)・面接交通費(2千円)が確実にもらえる!

無料で簡単に登録ができて、プロフィールに働きたい条件を設定すればお店の方から勝手にオファーが届きます。
ちなみQプリはスカウト型高収入求人サイトでは、ナンバー1です!

Qプリを詳しく知りたい方はこちら

クラジミアが増えている

一時期沈静化していると言われていたクラジミアが再度流行の兆しを見せているようです。

風俗店が多くなり、昔のように高嶺の花ではなくなったことや、高校生の性交渉が増加してきたことも原因ではないでしょうか。
イメクラも当然この流れから逃れることはできません。
特に夜這いプレイや痴漢プレイのようにプレイ前に一人ずつでシャワーを浴びる場合は、男性がしっかりペニスを洗っていないこともあるため要注意です。
また、性病はクラジミアだけではありません。

梅毒・ヘルペス・淋病・エイズといろいろです。
男性客が日頃からどんな「生活」をしているかわかりません。
イメクラの風俗嬢は日夜リスクと向き合っているのです。

職業病では片づけられない

クラジミアなどの性病は単に職業病と片づけられるものではありません。

結婚前で、将来子供を産むことも考えなければいけない風俗嬢にとって、子宮にダメージを与えかねないクラジミアは厄介な存在です。
ただ、フェラをすることで口から感染することもあり、クンニをされることで性器から感染することもあります。
男性客は結構クラジミアに対して鈍感ですが、女性は結構気にすることが多いようです。
クラジミアなどの性病検査キットは、コンビニ受取ができる事もあり、親に内緒で検査をしている女子高校生もいます。

望むことではありませんが「身近」になってしまったクラジミアから身を守る意識が必要になってきたのです。

単独シャワーは要注意

シャワーヘッド夜這いプレイや痴漢プレイは相手の顔がわかると「リアリティ」に欠けるという理由で風俗嬢は男性客の体を洗うことはありません。
デリヘル店ではこのような事はなく、イメクラ店だけの問題点です。
店舗型ヘルス店の中にはイベントとして夜這いプレイを実施していることがあります。

この際、性病感染を予防するためシャワーを浴びてから、再度服を着てプレイを開始することがあります。
プレイする側としては、興ざめするのですが、お店としては風俗嬢に病気を感染させるリスクの方が心配なのです。
プロが心配するほどですから、感染可能性が高いことは容易に想像できるでしょう。

性器も喉も感染源

イメクラの風俗嬢は、フェラもするし素股もします。

素股では性病は感染しないと思われていますが、女性の性器近くに男性のペニスを這わせるため感染可能性がゼロとは言えません。
オーラルセックスではないので、喉への感染が防止できるだけです。
クラジミアの菌は喉でも繁殖します。
気が付かないので厄介です。

女性の膣に入ると子宮口まで登りますから、そこで知らないうちに繁殖します。
これも外部からわかりませんし、自覚症状もないので気が付いた時には深刻な事態になっていることがあります。
だからこそ、定期的な検査が欠かせません。

デリヘルも同じ

もちろんクラジミアのリスクはデリヘルも同じです。

風俗嬢だけではなく、男性客も同様に感染のリスクがあります。
もっとも、プレイ前にペニスをしっかり洗いますから、感染リスクはかなり低くなるでしょう。
ただ、感染確率がゼロではありません。
イメクラよりかなり安全だと言われますが、安心しすぎるのも問題です。

オーラルセックスで感染します

口 女性クラジミアの菌はオーラルセックスでも感染します。
ちなみに感染するのはクラジミアだけではなく、淋病・ヘルペス・梅毒も感染の可能性があります。
専門家はオーラルセックスでもコンドームを付けないと危険だと主張しているようです。
イメクラの中にはシャワーを単独でするリスクを回避するため、コンドームを付けたゴム尺のプレイにしていることがあります。

デリヘルでも本当はコンドームを付けたプレイが好ましいのでしょうが、お客さんに本番OKと誤解される可能性も否定できません。
感染リスクを理解した上でプレイに臨むことが大切でしょう。

クラジミアの菌はどこでも生きています

クラジミアの菌は簡単に死にません。
感染した際には抗生物質を飲んで菌を死滅させますが、これも感染直後の話であり、感染から時間が経つと簡単には死滅しません。

抗生物質の投与で最終的には菌は死滅しますが、時間がかかります。
また、抗生物質を飲み続けることによる副作用も無視できません。
強力な薬効がある抗生物質を最低でも3日間飲み続けないと死滅しないクラジミアの菌は非常に強力なのです。
感染すると厄介なことになることがお分かりいただけたでしょうか。

お客さんに感染させないために

風俗嬢がクラジミアなどの性感染症に感染すると、二次感染として次のお客さんに感染される危険性があります。
定期的な検査をしているとはいえ、2か月に1度程度です。
感染直後のお客さんは「運が悪かった」という事になるのでしょうが、できれば避けたいものです。
イメクラのようにコンドームを付けたプレイが一番望ましいのですが、デリヘルで同じことをするのは非常に難しいと言えそうです。

他人事ではありません

性感染症はどんな人にとっても他人事ではありません。
風俗店の種類が増えており、ご存知の通り「熟女系」の風俗店も大人気です。
このような風俗店に来店するのは年金生活者である60代以上の男性でしょう。
このような風俗店の風俗嬢は「経験者」であることが多いため、性病の予防はしっかりしています。

しかし、万が一の二次感染はお客さんである「老年期」の男性に大きなダメージを与えます。
クラジミアは抗生物質で死滅させるのが通常のパターンですが、老年期男性の中には持病の関係で抗生物質を使えないこともあります。
また、病気への抵抗力が弱いため、そのまま別の病気を併発して大病を引き起こしたり、死亡したりすることもあります。
風俗店の性病感染は「利用者」全員にとって大きなリスクであり、その年齢層も非常にワイドになっています。

女子高校生の1割以上・・・

10 割合日本性教育協会(JASE)が女子高校生を検査したところ、13%程度の感染者が確認できたようです。
性交渉の経験がなくても、オーラルセックスで感染しますから、油断はできないという事でしょう。
知識のない女子高校生だからという結果でしょうが、感染の広がりを改めて意識する結果と言えるのではないでしょうか。

本番は危険

風俗店で本番をしたがる男性が多いです。

ただ、ソープランドのように対策を打っているお店でも性病感染はあります。
ましてイメクラやデリヘルのように本番を前提としていない風俗店では女性も男性も無防備です。
コンドームを付けて本番をするならともかく、生でペニスを挿入させるのは危険です。
指名などの確保のために本番もやむなしと考えている風俗嬢もいらっしゃるようですが、リスクは非常に高いことは知っておくべきでしょう。

早めの治療が早期完治

性病に感染したら早期治療が最良の手段です。
検査は面倒かもしれませんが、イメクラ店の指定する周期で受けることが絶対必要です。
早めの治療が被害を最低限に食い止めます。

そして、陽性が出たらすぐに勤務をストップし、抗生物質を飲むことで病原菌を死滅させることが大切です。

まとめ

性的サービスをしている以上、クラジミアなどの性病は避けられません。
可能性は低いものの、梅毒・ヘルペス・淋病も感染の可能性があり、症状はひどいです。
ただ、感染してしまったら仕方ありません。

早めにお医者さんへ行き、治療の必要があります。
なお、風俗店は検査結果の報告を義務付けています。
検査結果が陽性だったら、病院を紹介してもらってすぐに治療をスタートしましょう。

風俗求人サイトランキング

当サイトがおすすめできる風俗求人サイトをランキングで紹介します。
短期間で高収入で稼ぎたい!でも、たくさん求人サイトがあってどこを使っていいか、わからない。そんなあなたは、是非、参考にして下さい。

第1位 Qプリ

第1位に輝いた風俗求人サイトは「Qプリ」です!

Qプリは女性会員に祝い金1万円面接交通費2,000円を支給してくれる「Qプリ保証」というシステムがあるので、絶対的にお得です!

スカウトオファー機能があるので、無料会員登録をして簡単なプロフィールや希望条件を設定すれば、お店の方からスカウトメールが届きます。
気軽に登録できて、待っているだけでOK!

総合評価 求人掲載数 保証
約2500店 Qプリ保証

Qプリを詳しく知りたい方はこちら

第2位 ミミロケ

SNS感覚で操作がラクラク「ミミロケ」が第2位!

お店とのメッセージがLINE風で操作が簡単です!会員登録も簡単でライトに高収入求人を探したいなら、ミミロケがおすすめ!スカウト機能もあるので、待っているだけでも希望条件にあったお店からオファーが届きます。

総合評価 求人掲載数 保証
約550店

ミミロケを詳しく知りたい方はこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする