シングルマザーにも働けるおすすめのピンサロはありますか?

旦那との反り(そり)が合わなくて離婚し、結果シングルマザーに成ったという女性にとって深刻な悩みなのは「思ったより母子家庭は厳しい」ということでしょう。
厳しいとは、経済的事情が厳しいということです。
子育てをしながら働くには時間が限られているし、子供が小学校に入ったら保護者としての責任や出費も増えてきます。

気づけば、あっという間に貧困状態に陥っているという話は、掲示板でのコメントなどでよく見かけるものです。
理由はどうあれ、母子家庭と成ってしまった母親にとって困った先の最後の切り札と成るのは風俗嬢のお仕事ではないでしょうか。
しかし「もう結構歳が行ってしまっている…」という不安を抱える女性も居ることでしょう。
そこで本記事は、最近再びブームが訪れていると言われるピンサロにスポットライトを当ててみたいと思います。

ブームの渦中にありながら、そこにはシングルマザーさんでも働けるチャンスが転がっています。
それを本記事で、すこし説明してみようと思います。

熟女デリヘルという選択肢もあるけれども…。

Choiceシングルマザーというと普通、30代以上の女性が大半でしょう。
ソープランドだとまだまだサバが読まれて20代後半の女性として紹介されるでしょうけれども、キャバクラなどでは最早通用しない年齢というのが実際のところです。

水商売ならランクを落としてスナックやパブというところでしょうが、いかんせん稼ぎに成りません。
そこで初めに選択肢として浮かび上がるのがデリヘルです。
デリヘルは無店舗型のため開業資金が少なく、経営者のアイデアが反映されやすい業種です。
このためマイナー路線でも儲けを出すことが可能で、男性の嗜好に合わせた店舗運営をすることができます。

その最たるものが熟女デリヘルでしょう。
世の熟女デリヘル愛好家の需要を取り込んだ結果、熟女デリヘルはそれなりに利益をあげており、30代以上の風俗嬢の雇用を生み出しているということは疑いえません。
そこでシングルマザーが初めに風俗嬢として向かう先は、熟女デリヘルと言うことに成るはずです。
しかし、それはそれで良いのですが、デリヘルの難点は何と言っても出来高制ということです。

出来高制とは男性客がつかなければ―いわゆる「お茶引き」の状態ならば、その日の稼ぎはゼロに成ってしまうということです。
これでは、その日の稼ぎを当てにするシングルマザーさんにとって踏んだり蹴ったりとしか言いようがありません。

時給制のピンサロがベスト。

こう考えると出来高制の風俗は、その日の稼ぎが是が非でも必要なシングルマザーさんにはやはり、すこし不都合だと言えるでしょう。
だから目が行くのは当然、時給制のお仕事。

しかしキャバクラは卒業、スナックなパブでは稼ぎが足りない…というわけで、最後にクローズアップされて来るのがピンサロなのです。
「ピンサロって…あの薄暗いボックス席で中年酔いどれサラリーマンにフェラする、あれ…(汗)?」と思うシングルマザーさんも居られるかも知れません。
総じて、昭和の風俗としてのピンサロのイメージは悪いです。

とくに2000年代初頭に流行った本サロは、ピンサロ業界全体をアングラ(アンダーグラウンド=地下)風俗の印象で黒く塗り固めてしまいました。

平成系ピンサロは違う!

ピンクしかし悪い印象で塗り固められた昭和系ピンサロは、近年になって登場した「平成系ピンサロ」によってイメージを一新されたと言われています。
そしてそれが現在の風俗業界のトレンドなのです。
では、平成系ピンサロとは一体、どんな風俗なのでしょうか。

システム自体、昔ながらの昭和系ピンサロとほぼ変わりはないようです。
・前金を払って指名もして男性客入店、→オープンスペースでブース席にお通し、→指名嬢にコール、→接客(薄暗い音楽ガンガンの店内で)、→フェラチオでフィニッシュ。
しかし同じシステムでありながら、ノリが「学園アイドル系」。
これが平成系ピンサロの特徴です。

「明るくエッチに」が平成系ピンサロのモットーなのです。
こういった系統のピンサロを生み出したのは、「フラ系」「レモン系」「ナック系」と呼ばれる神奈川から西東京にかけてのピンサロのグループ会社のようです。
詳しい説明は別の記事に譲ることにしましょう。

熟女でも大丈夫?

新たに登場した平成系ピンサロは、それまでの昭和系ピンサロの暗いイメージを一新しました。

ならばここにこそ、風俗のお仕事を探しているシングルマザーの憩いの場があると言えるのではないでしょうか。
しかし「ちょっと待って」というのがお母さんたちの本音でしょう。
平成系ピンサロは良いと言っても、需要があるのは若い女の子たちだけのように見えるのです。
確かにそれは当たっています。

「フラ系」や「レモン系」と呼ばれるピンサロで働いているのは、もっぱら20代前半の女の子ばかりです。
実際、彼女たちが原動力と成って一時期廃れたピンサロがここまで復活して来たとも言えます。
しかし、そこは考えようです。
もう一度、ピンサロの業態を考えてみてください。

店内は薄暗い。

店 暗ピンサロの店内は薄暗いということをよく考えてみてください。
音楽も大音量で鳴っていて、(多くの場合)酔っぱらって入店する男性客は相手のピンサロ嬢の容姿など最早、正確にチェックできる状態じゃありません。
声だけ若ぶって、すぐにプレイに入れば少々の老いは簡単に隠せるはずです。
指名用の写真なんかも、修正(いわゆるパネマジ)を施してもらえば問題ないでしょう。

フェラだけ。

肝心のプレイはフェラだけなので、特に年がどうのだの風俗経験が長いだのといったことは関係ありません。
しっかりときめ細やかな接客を心がければ30代くらいの女性であってもピンサロなら十分、男性客に気に入ってもらえる可能性があるのです。

アップワードグループ。

以上のように平成系ピンサロでもシングルマザーが活躍できる可能性は十分にあります。
ここで最後にピンサロのグループ会社でおススメしたいのが、アップワードグループです。

アップワードグループ(Up ward Group)は東京都品川区五反田エリアを中心にピンサロ店舗を展開しているグループです。
その代表は「ハイパーエボリューション(Hyper Evolution)」で、これは非常に大きな店舗として有名です。
他に、次の店舗があります。
・アップワードグループ店舗:ハイパーエボリューション、ガールズパーク、ブルースカイ、マリンサプライズ、百花繚乱、アニマルパラダイス、スプラッ(SPLASH)、キャンディーポップ。

店舗はプルースカイが高円寺にあることを除き、みな五反田にあります。
在籍女性のラインナップも、べたなフラ系、レモン系というより落ち着いた感じの女性を受け入れる余地があることが見受けられます。
実際、待遇面でも「託児所完備」などを公言し、働くシングルマザーを受け入れる体制が整っているようです。
ぜひ、このグループを中心に求人を探してみてはいかがでしょうか。

まとめ。

いかがだったでしょうか。
いま話題沸騰のピンサロ業界でシングルマザーが働ける可能性について考えてみました。
結論としては「十分可能」だと言えます。
グループ会社としては、アップワードグループがシングルマザーの受け入れ体制が一番しっかりしているようです。

インターネットで求人の条件は確認可能なので、まずはここから求人を探してみてください。

風俗バイトで稼ぐ方法

スカウト型求人サイトがおすすめです!
無料登録すれば、希望条件のお店からスカウトメールが届くよ!

高収入バイトを探すならこちら!

Qプリ

ミミロケ

スカウトメールを待とう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする