風俗求人にある「保証」には条件がある!支払われるまでの苦労

風俗の求人には「保証」を設けているものがあります。
しかし、実際に働こうと思ったときには注意しないといけません。
この保証を受けるためのハードルは、風俗嬢にとって結構高いのです。

風俗求人を探している時に、「最低保障」や「日給保証」などの保証制度をよく目にします。
一般的に出来高制や歩合制でお給料が発生する風俗嬢にとって、新人時代のお給料の保証は魅力的でしょう。
実際には保証をもらうための条件が厳しい風俗店が多く、不自由な思いをする可能性もあります。
風俗店が定める条件とは何なのか、保証を受けやすいのはどんなお店なのか、風俗店の保証についての説明を交えながらまとめます。

風俗業界の「保証」の考え方

風俗業界ではお給料は出来高制、あるいは歩合制が一般的です。
簡単に言ってしまえば風俗業界ではお客さんの指名を取れないと、お給料はほぼ発生しないということです。
風俗店の「保証」の制度はこういった背景から設けられました。
普通のアルバイトであれば、出勤さえしていれば時給が保証されます。
しかし、風俗嬢はそうではないのです。
出勤して、さらにお客さんへのお仕事をこなさなければ、お給料はゼロとなります。
風俗業界のお給料は一般的に高額であり、昼職に比べても稼げるのは間違いありません。
風俗求人にある「保証」には条件がある!支払われるまでの苦労しかし、稼げるようになるためには、まずはお客さん相手に成果をあげられるようにならなければいけません。

しかし、このような実情では、新たに風俗嬢として働いてくれる女の子が入ってきません。
そこで、お給料が発生しにくい時期(新人期間)に風俗店では保証を設けているのです。
一般的に「最低保障」や「日給保証」と呼ばれます。
この保証があるので、稼げない時期も風俗嬢がお店から離れて行きにくくなっています。
保証の基本的な考え方は、「出勤しても稼げない日には、その日の分のお給料をお店側から都合します」となります。
多くは新人の間だけの話であり、一人前になるまでの期間は補助によって安心して働ける制度と考えるのが妥当でしょう。

求人の待遇をチェックしていると、「安心!最低保障制度あり」や「最低ウン万円保証」、「絶対◯◯万円以上」などの煽り文句を発見できます。
風俗業界で新人にお客さんがどれくらいつくのかは、お店側にもなかなか予想できません。
高額で求人を出しておきながら、実際にはほとんどお給料が発生しなかったのでは、働く女性が離れていってしまいます。
お店側としては「最低限の稼ぎを保証しています」とアピールすることで、働いてくれる女の子を確保する狙いがあります。

風俗店で働こうと考えているときは、この保証の制度はチェックするべき待遇です。
知らない業界で働くときに、最低限のお給料が保証されるのは安心でしょう。
しかし、この保証制度は少し美味しい話に過ぎる気もします。
保証狙いの悪用もできそうです。
実はこの保証の制度は、きちんとお店で働いていることが最低限の条件になっています。

風俗嬢が保証をもらえる条件

お金保障制度によって、風俗嬢がお給料をもらう場合は条件がつきます。
この条件のハードルは、高く設けられていることが一般的です。
風俗店側としても、保証を理由に風俗嬢に仕事を怠けられては困ります。
きちんと勤務してくれるような条件を出しています。
例えば、出勤した時は待機時間が5時間、あるいは6時間以上とか、1ヶ月のうちに何日以上出勤したかなどです。
さらに、お店によりますが、無遅刻無欠勤が条件であったり、先月の本指名をとった数が条件になってきたりもします。

もちろん新人向けの保証である場合は、働き始めて◯ヶ月目までなどの条件もつくことが多いです。
簡単にまとめると、勤務態度が良く、勤務を長く頑張ってくれている人や、当月は振るわなかったが、先月はきちんと指名をとり、お店に貢献してくれていた人などに保証が与えられます。
さらにスタイル、容姿が良いと優遇されたり、取材やネットへの顔出しOKだと新人以降も保証の待遇を得られたりする時があります。
こちらはお店に、更にお客さんを呼んでくれそうな子への優遇措置に近いかもしれません。

保証する価値のある人材、あるいは価値ある人材に育ちそうな新人に、保障制度からお給料を与えたいと風俗店側も考えているのでしょう。
やや例外ですが、出稼ぎでやってくる女の子への保証も存在します。
こちらは通常の風俗バイトよりも保障の制度がはっきりしていないと、働いてくれる女の子は来ないでしょう。
出稼ぎの場合には、ほぼ保証の待遇があることを約束されています。
ただし、条件もきちんと設定されています。
あくまでも一時的に出稼ぎに来るのですから、厳密に出勤してもらわなければ、お給料を出すわけにはいきません。
勤務態度がより厳しく見られるでしょう。

注意点として、「自由なペースで働くことができる」という風俗業界のメリットの一つがやや犠牲になっていることが挙げられます。
時間の都合が自由につくことは、風俗業界で働く人にとっても働く動機になる時があるくらい重要です。
新人の間やあるいは保証を受ける立場であれば、その自由さも犠牲になることがあります。
風俗店の勤務時間が保証の条件によって、制限を受けるからです。
風俗店側としても、稼いでいない風俗嬢にお給料を保証するのは、それだけリスキーな制度ということでしょう。

保証がもらえる風俗のお仕事

求人でよく保証制度を目にすると書きましたが、その待遇がどのお店にも用意されているわけではありません。
当然ですが、小さなお店よりも経営規模が大きなお店の方が保証も付くことが多いです。
またサービスの内容で考えると、デリヘルなどの無店舗型の営業よりも、ファッションヘルスなどの店舗型の営業をするお店の方が、保証が付いている傾向があります。

先にも書きましたが、出稼ぎバイトには保証の制度がほぼあります。
こちらでは確認しなければいけないのは、保証が期間(トータル保証)なのか、1日ごと(日給保証)なのかでしょう。
いわゆる完全日給保証が一番オトクと言われています。
デリヘルなどの無店舗型の営業には保証が付きにくいと書きました。
では、保証がある場合はどういう扱いになるのでしょうか。
新人などが関係ないケースとして、前の月の成績(指名)に基づいて保証してくれたり、レギュラー出勤(拘束時間が長い)をした場合に保証してくれたりするのが一般的です。
もしも、保証の有無を条件に風俗のお店を探すなら、ファッションヘルスやピンクサロン店が該当するでしょう。

稼げないときにはありがたい「保証」制度

お金最低保証や日給保証などの風俗店の保証制度は、まだそれほど稼げない新人時代などにはありがたい制度です。
求人から働き先を探す時は、保証の有無を一つのチェックポイントとするのもいいでしょう。
保証制度は、「稼ぎが少なかった日の分のお給料は、保証制度からお店側が支払う」制度です。
しかし、お店側が無条件でお金をくれる理由はありません。
保証制度を頼りにお給料をもらうには、勤務態度や実際のお仕事の成果などが条件になってきます。
あるいは、よりお店に貢献してくれる女の子には保証の優遇措置があるでしょう。
どちらにせよ、保証を受けるかわりに、風俗業の自由な勤務ペースを失うことが多いです。

もしも、保証制度がある風俗店を探すのであれば、ファッションヘルスやピンクサロン店が多く該当します。
逆にデリヘルなどの無店舗営業のお店は、保証制度がないところも存在しますので注意が必要です。
実際、保証制度はお客さんから指名を得られない場合には助かる制度です。
しかし、一方で風俗業界は出来高制、歩合制が基本でもあります。
お客さんからの指名を得て大きく稼ぐことの方が、最低限の保証を受けられるように努力するよりも正道かもしれません。
新人時代であっても、保証からお金をもらうことは、稼げないときの非常手段と考えたほうがいいでしょう。

風俗バイトで稼ぐ方法

スカウト型求人サイトがおすすめです!
無料登録すれば、希望条件のお店からスカウトメールが届くよ!

高収入バイトを探すならこちら!

Qプリ

ミミロケ

スカウトメールを待とう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする